• 新着

小山田桜台2号棟502

  • 5 階3LDK + WIC,システム収納74.02 ㎡
  • 東京都町田市小山田桜台2丁目2
  • 小田急線 町田駅 桜台センター前 バス22分 徒歩 3 分
販売価格
1,799万円
フリエなら仲介手数料:最大
59.97
万円が不要!
電話番号を表示する
お問合わせの際はFLIEを見たというとスムーズです。

当サイトのプライバシポリシーおよび利用規約を確認の上、お問い合わせください。

見学希望日
電話番号を表示する
お問合わせの際はFLIEを見たというとスムーズです。

当サイトのプライバシポリシーおよび利用規約を確認の上、お問い合わせください。

物件紹介

閑静な住宅街( 第一種中高層住居専用地域)
★約1000世帯の大規模団地!
★最上階!陽当り&眺望良好!!
★敷地内駐車場空有

物件詳細

マンション名小山田桜台2号棟502
住所東京都町田市小山田桜台2丁目2
交通
小田急線 町田駅 桜台センター前 バス22分 徒歩 3 分
JR横浜線 淵野辺駅 桜台センター前 バス15分 徒歩 3 分
価格1,799万円
管理費7,260円
修繕積立費1万3,850円
管理方式一部委託
管理人日勤
土地権利所有権
専有面積壁芯74.02㎡
間取り3LDK + WIC,システム収納
所在階5階
建物階数地上5階
現況空室
取引形態売主
バルコニー面積11.21㎡
築年月1985年03月
方角南西
引渡し時期即時
構造鉄筋コンクリート造(RC)
総戸数164 戸
用途地域
第一種中高層住居専用地域
修繕積立金の総額1億8,125万6,934円 (マンション全体)
リフォーム・
リノベーション
リノベーション
2018年10月中旬
内容

フローリング/天井・壁、クロス/洗面所、トイレ、CF/システムキッチン/ユニットバス/洗面化粧台/ウォシュレット/給湯器/建具/網戸/シューズボックス/メタカラー/コスモスイッチ/照明器具/クリーニング、他

駐車場あり(空有) : 3,000円/月
駐輪場あり(空無) : 無償
バイク置き場あり(空無) : 無償
ペット不可
固定資産税、都市計画税約66,800円/年額
その他説明事項

※修繕積立金の内訳:修繕積立金:5,000円、棟別修繕積立金:8,850円

備考

★「家具・照明・エアコン」付
(リノベーション完成済の場合)
生活のイメージをしやすいように
「家具・照明・エアコン」を設置しています。

★購入後も安心のアフターサービス保証書付!
お客様に安心して永くお住まいいただける家を提供するために、私たちは「ローコスト&グッドクオリティ」を合い言葉に、品質管理の追求と徹底を行っております。

住宅ローンシミュレータ

物件価格
1,799万円
頭金
100
万円
金利(年)
0.725
%
返済年数
35
月々の支払金額
(支払総額 円)
※このシミュレーションは、諸費用は含みません。あくまでも目安の数値となり、お借り入れを保証するものではありませんので、実際の購入・借り入れにあたっては、金融機関でご確認いただくか、「お問い合わせ」よりご相談ください。

設備・特徴

  • WICあり
  • 全居室収納あり
  • 2面バルコニー
  • 全居室フローリング
  • 浄水器
  • システムキッチン
  • 浴室乾燥機
  • 追い焚き
  • 温水便座洗浄機
  • R1住宅適合物件
  • フラット35S適用
  • 最上階
  • 三面鏡
  • シャワー付洗面台
  • リノベーション済

地図・周辺環境

情報提供日:2018年11月08日 / 次回更新日:2018年11月22日

売主プロフィール

  • 売主
    株式会社ジャパンプライムムーバ
  • 住所
    〒108-0014 東京都 東京都港区芝4-13-2 田町フロントビル9F
  • 電話番号
    0120-641-651
  • 免許番号
    東京都知事(1)第97471号

「リノベーションという新しい住まいの形を提供し、日本人のライフスタイルを変える」
これは私たちの経営理念の一つです。
人口の減少と反比例して、年々積み上がる住宅ストック。
デフレ経済下で長引く低所得化。
立ちはだかる建て替え問題の難しさ。
これらの解決の鍵を握るのが、新築でもなく、中古でもない、第三の選択肢「リノベーション」です。

外観こそ古いけれど、室内は新築にひけをとらない設備、仕様、間取り。
徹底した厳しい検査を実施し、電気・ガス・水道といったインフラエラーが発生せずに安心して住める住宅。
そして、無理なく買えるプライス。
これが、当社が定義するリノベーション住宅です。

このリノベーション住宅を広く社会に提供することで、日本人の生涯賃金に対する住宅費の比率を抑えることができるようにする。
その結果、デフレ社会の中でも、余裕を持って暮らせる新しい日本人のライフスタイルを創造し、社会的資産の有効活用といった側面からも、広く大きく貢献していく。

まさに、これが私たちに課せられた社会的使命であり、存在価値そのものだと考えています。
私たちが、これからの日本を元気にしていく。
そんな大きな志を胸に、私たちはこの事業に取り組んでいます。