「売主ダイレクト」を使って、欲しい物件の売主を調べてみませんか?(無料)

売主から直接購入できる物件の探し方とは?メリットや注意点も解説

中古マンション

人生の中で最も大きな買い物と言われる不動産購入。物件価格のほかにも様々な費用が掛かりますが、中でも大きい割合を占めるのが仲介手数料です。不動産の売買は一般的に仲介会社を介して行われますが、売主と直接取引することで仲介手数料を掛けずに購入できる方法があることをご存じでしょうか。
この記事では、売主から直接購入する際のメリットと注意点、物件の探し方について解説します。

1. お得に購入できる「売主物件」とは

通常、不動産売買は不動産仲介会社を介して行われます。しかし、新築戸建て、新築マンション、リノベーション済みマンション等は、その事業を行う不動産会社が「売主」となって直接販売することが可能となるため、事業者自らが不動産仲介会社を介さずに、直接お客様に販売する取引形態を行う場合があります。

こうした物件のことを、不動産業界では「売主物件」と呼んでいますが、一般の方にはあまり知られてないのが現状です。では、この「売主物件」について具体的に見ていきましょう。

2. 売主物件を購入するメリット

まずは、売主から直接購入するメリットについて解説していきます。

2-1. 仲介手数料が掛からない

一番のメリットは、なんといっても仲介手数料が掛からないことです。売主から直接物件を購入することになるため、不動産仲介会社に支払う仲介手数料がそもそも必要ありません。

不動産取引の仲介手数料は、宅地建物取引業法によって「物件価格×3%+6万※」と上限が定められています。例えば3,000万円の物件を購入した場合の仲介手数料は約96万円。実際に計算してみると、大きな金額だと実感できると思います。もしこの費用が浮けば、新居の家具・インテリアの購入や引っ越し費用などに充てられますね。

※400万円を超える不動産取引額の場合

2-2. レスポンスが早い

間に不動産仲介会社を介さず売主と直接やりとりができるため、レスポンスが早いこともメリットとしてあげられます。不動産売買にはたくさんの手続きがあるため、確認事項も多く、スピーディな対応が求められます。また、直接分からないことや要望を確認できるため安心感もありますね。

※ 売主と直接取引のメリットは、「不動産は売主から直接取引で購入できる!そのメリットとは?」でも詳しく解説しています。

3. 売主との直接取引におけるデメリットと注意点

メリットが大きい売主物件の購入ですが、反面デメリットもあります。必ず以下の点についてきちんと理解しておきましょう。

3-1. 自分ですべて判断・対応しなければならない

不動産仲介会社を介して購入する場合は、物件の調査、不動産売買契約から金融機関との手続き、その他購入までに必要な様々な事柄について、プロのサポートを受けて進めることができます。それに対する報酬が仲介手数料です。

専門的な知識が必要となる不動産取引では、こうしたプロのサポートがあるとないとでは大きな差があります。物件状況や価格の相場感など、素人では判断が難しいこともあるため、プロのアドバイスがあると安心です。また、万が一トラブルが起こった際にも、仲介会社がいれば対応をお願いできます。

直接取引の場合はこうしたサポートが受けられないため、自分で判断し対応する必要があることを始めに理解しておく必要があります。

3-2. 直接取引に応じてもらえない場合もある

売主物件を見つけて問い合わせたとしても、取引できない場合もあります。それは、物件の専任媒介契約を仲介会社と売主で結んでいる場合です。また、不動産仲介会社との関係性や業界ならではの仕組み等によって、直接取引が難しいことがあることも知っておきましょう。

4. 売主から直接購入できる物件の探し方とは

では、どのように売主物件を探せば良いのでしょうか。具体的な探し方について解説していきます。

4-1. 登記簿謄本を確認する

一つ目は、不動産の登記簿謄本を取得して売主の名前を調べるという方法です。インターネットなどで気になる物件情報を見つけたら、法務局で登記簿を取得し、甲区の所有権の部分を確認します。

こちらの方法は手間が掛かるだけでなく、登記簿謄本の取得費用が600円掛かるため、あまり効率の良い方法とは言えません。また、インターネットに掲載されているマンションの物件情報には部屋番号が記載されていないため、部屋番号を特定する必要がある点は注意が必要です。

4-2. 売主物件のみをまとめた不動産情報サイトを利用する

売主物件は不動産ポータルサイトで探すことも可能ですが、掲載されている不動産情報のほとんどは仲介会社が掲載している物件です。売主物件の掲載もありますが、数は限られており、多くの物件の中から探し出すのは骨が折れるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、売主物件のみの情報をまとめた不動産サイトを利用することです。売り手と買い手で直接物の売買ができるアプリやサイトも多く出てきていますが、不動産業界でもその流れが少しずつ出始めています。

その中でも、人気の高いリノベーション済みマンションを中心とした売主物件を取り扱う「FLIE(フリエ)」は、約1000件以上の物件を掲載する国内最大級規模の不動産直販サイトです。充実した物件情報に加え、見学予約や問い合わせなど売主とのコンタクトもスムーズにできます。

また、こちらのサイトでは専門スタッフが購入までのサポートを行う「FLIEエージェント」というサービスも提供しています。直接取引をしてみたいけど、本当に自分にできるか不安といったお客様のために、不動産知識豊富なスタッフが購入までをサポートするというもの。購入を希望する物件について、第三者的なアドバイスが欲しいという方にも、ぜひ利用していただきたいサービスです。まずはサイトを訪れて、気軽に相談してみてください。

5. まとめ

売主から直接物件を購入するメリットや注意点、効率的な探し方についてご説明してきました。売主物件は情報も限定的ですし、より安心の不動産取引を希望される方には難しい方法かもしれません。大きな買い物となる不動産の購入で後悔しないためにも、こちらの記事を一つの参考にしていただき、お客様ご自身のより良い住まいの実現にお役立てください。