憧れのルーフバルコニー!メリットだけでなく、デメリットや注意点も知ろう

不動産知識

広々としたルーフバルコニーには、皆さん憧れがありますよね。天気のいい日には外で読書や食事をしたり、より生活を豊かなものにしてくれる空間です。
たくさんの魅力があるルーフバルコニー付きのマンションですが、購入を検討するのであれば知っておきたいデメリットや注意点もあります。

この記事では、ルーフバルコニー付きのマンションのメリットやデメリット、そして使う際の注意点について解説していきます。

スポンサーリンク

1. ルーフバルコニーとは?ベランダ、テラスとの違い

はじめに、ルーフバルコニーの言葉の意味を見ていきましょう。

バルコニーは、二階以上にある建物から外に張り出した平らなスペースのことで、階下の屋根上に設置されているものをルーフバルコニーと言います。

ちなみに、こうした屋外のスペースを指す言葉には、バルコニー、ベランダ、テラスといった様々なものがありますが、それぞれの言葉の違いについても併せて確認しておきましょう。

まず、バルコニー、ベランダ、テラス、それぞれ建物の外に張り出したスペースを指すのは同じです。違う点は、バルコニーとテラスは屋根がないのに対し、ベランダは屋根があるものを指します。

バルコニーとテラスの違いは所在階数の違いとなり、一階部分に設けられたものがテラスで、二階以上にあるものはバルコニーと言います。
設置されている形状や位置で言葉の使い方が違うということがわかりますね。

ルーフバルコニーは、先述したように階下の屋根部分を利用して設置されているものであるため、一般的なベランダやバルコニーよりも広い面積を持ち、開放的で日当たりの良いスペースであるというのが特徴になります。

スポンサーリンク

2. ルーフバルコニーのメリットについて

では、ルーフバルコニーのメリットについて見ていきましょう。

2-1. 広々とした屋外スペースが手に入る

一般的なベランダやバルコニーと比べ、広い屋外スペースが手に入るというのが最大のメリットではないでしょうか。
都内では広い庭を手に入れることは中々難しいですが、それがマンションに住みながら手に入れることができるというのは魅力的ですよね。

また、室内の居住スペースの延長線上にバルコニーのスペースがあると、部屋をより広く感じるというメリットもあります。

2-2. 自分次第で使い方は様々。おうち時間を豊かにできる

テーブルとイスをだして、カフェのような空間にしたり、子供の遊び場として使ったり使用方法は様々。最近人気のキャンプも、家にいながらに気軽に楽しむことができます。

空の下でヨガをしたり、ハンモックを置いてくつろぎのスペースにするのもいいですよね。

おうち時間が長くなった今、プライベートに使える屋外スペースが手に入るのはうれしいですよね。

2-3. 日当たり良く、開放的なスペース

屋根がないため、日当たりが良いのも大きなメリットです。
空が開けた開放的な空間を、日常生活の中に取り入れられることはとても贅沢なことです。

洗濯物だけでなく、布団やシーツなどの大きなものも干すことができるのは便利ですね。
ガーデニングや家庭菜園にもぴったりのスペース。生活をより豊かな生活なものにできますね。

2-4. 外から部屋の中が見えづらい

広いバルコニーは防犯的にちょっと不安と感じる方もいらっしゃると思いますが、部屋の前にバルコニーの距離ができるため、外から部屋の中が見えづらいというのはメリットと言えます。もちろん防犯対策はきちんと行いましょう。

スポンサーリンク

3. デメリットや注意点、気をつけたいポイント

メリットばかりに目が行きがちですが、ルーフバルコニーにはデメリットとなることや注意すべきポイントもあります。

3-1. ルーフバルコニーは共用部。使い方を必ず管理規約で確認

マンションは、住民がみんなで使う共用部分と、個人が使うマンション住戸の専有部分にわかれています。
ルーフバルコニーはお部屋の延長線上にあるため、専有部分として自由に使えると勘違いしやすいのですが、バルコニー部分は共用部分の扱いになります。
そのため、使い方について必ず管理規約を確認し、決められた範囲内で正しく使いましょう。

バルコニーは災害時に避難経路にもなりますから、何かあった際にはすぐに原状回復できるようにしておくことも重要です。

また、周辺の住戸に迷惑になるような騒音や匂いなどがでるような使い方も基本的にはNGです。使い方も管理規約で決まっているマンションもあるため、マナーを守って、楽しく活用しましょう。

また、管理費や修繕積立金とは別に、ルーフバルコニーの使用料が設定されている場合もあるため、こちらも購入前にきちんと確認しておきましょう。

3-2. 強い雨や風には十分に注意が必要

ルーフバルコニーは面積も広いため、天候の影響を受けやすいということはデメリットといえます。
特に、台風のような強い雨風の天候の際は十分に注意が必要です。強風で物が飛んで行ったり、排水溝のつまりで水が溢れるといったことのないよう、日頃から対策をしておきましょう。

スポンサーリンク

4. ルーフバルコニーをより快適に使う工夫も

先述したように、ルーフバルコニーは共用部分になるため、自由に改修をすることはできませんが、簡単なDIYで快適でおしゃれな空間にすることができます。

おすすめなのが床のデッキパネルです。床に敷くだけで、部屋から見た時の景色が変わります。自分で敷いて並べることで簡単に貼ることのできるベランダ用のデッキパネルは、ウッド、磁器、人工芝、カラーも豊富にあり、リーズナブルな価格で手に入ります。

TOTOやセキスイ、リクシルといったメーカーからも出ていますが、IKEAやニトリといった人気のインテリアショップでもいろいろな種類を取り扱っているようです。

見た目のデザインだけでなく、お手入れのしやすさや施工のしやすさといった機能の優れたものも豊富に販売されているため、調べてみるのもおすすめです。

ただし、設置する際には雨風対策や、いざというときにすぐに撤去できるといったことを考慮した上で設置を検討しましょう。

5. まとめ

今回は、ルーフバルコニーについてメリット、デメリットを中心にご説明してきました。
おうち時間が長くなる中、豊かな時間が過ごせるルーフバルコニー付きの物件は魅力的ですね。マンションでのルーフバルコニーの使用には注意点がいくつかあるため、ルールやマナーをきちんと守って、楽しく使いましょう。

多部 フク

音楽と散歩と餃子をこよなく愛する、駆け出しのWebライター。
旺盛な好奇心と食欲を活かし、皆さんに役立つ情報をお届けできるよう、日々精進しています。

多部 フクをフォローする
不動産知識
スポンサーリンク
FLIE magazine