R1住宅 (リノベーション協議会) について

『適合R住宅』と『安心R住宅』について

一般社団法人リノベーション協議会サイトより 転載

検査・工事・保証など統一規格に則り
住まいの見えない部分の「安心」を

築年数も工事規模も様々な既存住宅のリノベーションに一定の基準を定め、見えない箇所も確認を行い、給排水管・電気配線など住まいの基本機能(重要インフラ)の安心を提供します。

一般社団法人リノベーション協議会サイトより 転載

既存住宅の購入に
基礎的な品質(耐震性・構造)の「安心」を

専門家の検査(インスペクション)を行い、新耐震基準適合・構造上の不具合・雨漏りが認められない既存住宅にリフォームや修繕計画等について情報提供を加え、総合的な安心を提供します。

『適合R(リノベーション)住宅』とは

一般社団法人リノベーション協議会 パンフレットより 転載

適合リノベーション住宅は、きちんと検査をしたうえで必要な改修工事を施し、その記録を住宅履歴情報として保管します。
住宅履歴情報があれば、点検やメンテナンスがしやすく、将来売却するときにも役に立ちます。
また、万が一の不具合に対してもアフターサービス保証がついてくるので、安心して選べるリノベーション住宅です。

※アフターサービス対象の箇所や保証内容は、住宅のタイプによって異なります。アフターサービス保証書をご参照ください。

重要インフラの検査

給水管・排水管・給湯管・ガス配管・電気配線・分電盤・火報設備・下地組(床・壁・天井)・浴室防水の13項目に関し、検査基準を設定しています。

R1住宅検査ガイドブック

重要インフラの保証

重要インフラ13項目に関し、新規・既存に関わらず、2年以上の保証を付帯(アフターサービス保証書の発行)

住宅履歴図書の保管

以下の書類を住宅履歴に保管することを義務としています。
(1)平面図 (2)仕上げ表 更新した場合:(3)配管図(4)配電図(5)設備位置図消費者は、IDとパスワードで協議会のホームページからいつでも住宅履歴を確認することができます。

『安心R住宅』 『適合R住宅』 安心区分早見表

新耐震基準適合瑕疵保険
(既存住宅売買瑕疵保険)
重要インフラ検査重要インフラ保証住宅履歴図書
安心R住宅
R1住宅(マンション専有部分)
R3住宅(マンション一棟全体)
R5住宅(戸建住宅)

※売買が伴わない場合を除く

「◎」:必ず付帯、「○」:利用できる、「─」:関連なし

住まいの基本機能(重要インフラ)の安心を提供する『適合R住宅』
基礎的な品質(耐震性・構造)の安心を提供する『安心R住宅』両方あると、なお安心です。

設立趣意・ビジョン

一般社団法人リノベーション協議会サイトより 転載

一般社団法人リノベーション協議会サイトより 転載

R1住宅の一覧をチェックする

不動産取引の新しい常識へ
「買主と売主が自由に安心して直接取引できる不動産プラットフォーム」を目指しています。