モロッコ風インテリアの特徴とは?おすすめのアイテムもご紹介!

インテリア
この記事は約6分で読めます。

北アフリカにあるモロッコはアフリカを始め、ヨーロッパやアジアなどさまざまな文化が入り混じっており、異国情緒溢れる雰囲気が楽しめます。デザイン性も高く、自宅でもモロッコの雰囲気を感じたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、今回はモロッコ風のインテリアのコーディネート方法を解説していきます。特徴とあわせて、スタイルの種類やおすすめのアイテムをご紹介していきましょう。モロッコの独特な雰囲気を自宅でも楽しみたい方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1. モロッコ風インテリアの特徴

モロッコ風インテリアは国内でも人気があり、「モロッカンインテリア」などと呼ばれることもあります。先住民であるベルベル文化やアラブ文化、ヨーロッパ文化などが混じり合っており、非常に神秘的な空間がつくれるでしょう。

そんなモロッコ風インテリアには、どのような特徴があるでしょうか。ポイントとなる要素を5つご紹介します。

1-1. カラフルな色使い

まず、モロッコ風インテリアはカラフルな配色が特徴です。パターン柄には原色を用いるなど華やかな雰囲気を演出しています。タイルやカーペットを鮮やかな色にするだけでもモロッコらしさが表現できるでしょう。

特にアラブをイメージするピンクやブルーをよく使用することが多く、それらは地中海を連想させます。

1-2. 豪華な装飾

モロッコ風インテリアは豪華な装飾を取り入れるのもポイントです。ステンドグラスや籐のシェードランプなどこだわりのアイテムを取り入れてみましょう。幻想的な雰囲気が作れるのもモロッコ風インテリアの特徴です。

お部屋に入ったときに際立つようなアイテムを1つ取り入れると、おしゃれな空間に仕上がります。全体のバランスを考えながらコーディネートしてみましょう。

1-3. エキゾチックなラグ

民族要素が強いラグやカーペットを敷くのもモロッコ風インテリアの特徴です。エキゾチックなファブリックがあるだけで、空間に存在感が生まれ、メリハリのある空間に仕上がります。

家具の数が多い場合やカーテンの柄が派手な場合はシンプルなラグを敷くことをおすすめします。室内に物足りなさを感じるようであれば、豪華なデザインのラグを取り入れてみても良いでしょう。

1-4. 幾何学模様

ダマスクス柄やトレリス柄のような幾何学模様が多いのも特徴の一つです。ファブリックや雑貨、食器などあらゆるインテリアに取り入れられており、気軽に購入することができます。

お部屋のテーマに合わせて、お気に入りのデザインを選んでいくと良いでしょう。菱形をモチーフにした「ベニワレン柄」も人気のデザインですよ。

1-5. アイアン素材

ヨーロッパから伝わったとされているアイアン素材のインテリアもモロッコ風インテリアではよく取り入れられています。

テーブルやイス、ドアなどさまざまな場所に取り入れることができるため、あらゆるシーンで活用できます。雑貨などにも取り入れられているため、ワンポイントとして利用することも可能です。

スポンサーリンク

2. モロッコ風インテリアの種類

モロッコ風インテリアはさまざまなスタイルと組み合わせることができます。ここでは、おすすめの組み合わせ方を4つご紹介します。自宅のインテリアを決める際に役立ててみましょう。

2-1. ナチュラルモロッカン

ナチュラルスタイルと合わせたモロッコ風インテリアは、自然な要素を多めに取り入れます。天然素材の家具や観葉植物などを積極的に取り入れてみましょう。

開放感を出すために、カーテンは透け感のあるレースカーテンを設置するのがおすすめです。アクセントは異国情緒を感じるアイテムでまとめてみましょう。

2-2. フレンチモロッカン

フランスの様式とモロッコを掛け合わせたスタイルは装飾が少なく、シンプルなインテリアです。色味も落ち着いたものを選ぶため、民族らしさはあまり感じられません。

モロッコ雑貨を取り入れる際はできるだけシンプルなデザインを選ぶようにしましょう。ラグやクッションを選ぶ際は民族的な柄よりかはベニワレン風のデザインがおすすめです。

2-3. アジアンモロッカン

モロッコはアジアの文化も混じっているため、アジアンスタイルにも馴染みます。アジアンモロッカンを上手につくるためには、家具や雑貨のバランスが重要です。

アジアン家具を取り入れ過ぎないように気を付けましょう。基本はモロッカンスタイルにして、アクセントとしてアジアンスタイルの要素を足していくことをおすすめします。

2-4. BOHOモロッカン

自由奔放という意味を持つBOHOスタイルはボヘミアンとニューヨーク地区のソーホーを組み合わせた造語で、インテリアの分野でも人気のあるスタイルです。そんなBOHOスタイルはモロッコ風インテリアとも合わせることができ、より異国情緒溢れる空間がつくれるでしょう。

取り入れるインテリアは色や柄だけでなく、素材など細かい部分にもこだわってみることをおすすめします。

※ 参考記事: 「BOHOインテリアの魅力とは?コツやおすすめの配色をご紹介!

スポンサーリンク

3. モロッコ風インテリアにおすすめのアイテム

最後にモロッコ風インテリアに合うアイテムをご紹介します。自宅のインテリアを考える際の参考にしてみてください。

3-1. タイル

モロッコといえば華やかなタイルが印象的です。エキゾチックな雰囲気を演出するためにはタイル選びが欠かせません。

最近では、簡単に貼れるタイルシートも売られているため、壁や棚をリメイクすることも可能です。お部屋の雰囲気を変えたい方はぜひタイルシートを購入してみてはどうでしょうか。

3-2. プフ

モロッコインテリアの一つに「プフ」というクッションがあります。実用性も高いため、リビングや寝室などにおすすめのアイテムです。柄や色味にこだわり、モロッコらしさを表現してみましょう。

サイズ展開もさまざまな種類があるため、用途に合わせてお気に入りのものを選べます。

3-3. ベニワレン

モロッコのラグといえば、「ベニワレン」ではないでしょうか。ベニワレンは非常に高価なものですが、最近ではベニワレン風のデザインをあしらったラグなども販売されています。比較的安く購入できるため、入手しやすいインテリアです。

製品によっては、ウォッシャブルタイプのものもあるため、お手入れも簡単にできます。室内も清潔な状態を保てるでしょう。

3-4. モロッコランプ

モロッコランプはモロッコ風インテリアをつくるには欠かせないアイテムです。点灯させると、天井や壁にランプの影が映し出されて幻想的な雰囲気になります。エキゾチックな雰囲気を求めている方にはぴったりのアイテムでしょう。

その他、リゾートやビーチの雰囲気を感じられる間接照明を取り入れるのもおすすめです。照明の色は暖色系でまとめると良いでしょう。

3-5. ラタンのミラー

ラタンのミラーもおしゃれなモロッコ風インテリアをつくるアイテムの一つです。

お部屋のアクセントとして、壁に掛けたり棚の上に飾ったりしてみましょう。大きな家具だけでなく、細かい部分にも配慮していくのがモロッコ風インテリアを上手にコーディネートするポイントです。

スポンサーリンク

4. まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はモロッコ風インテリアについてご紹介しました。モロッコのインテリアは華やかな配色と民族柄が特徴です。モロッコ雑貨を取り入れるだけでも雰囲気がつくれるため、気軽にコーディネートできるでしょう。

ただ、あまりにも物が多かったりバランスを意識していなかったりすると、ごちゃごちゃした印象になってしまいます。統一するところはしっかりとまとめ、空間にメリハリを付けましょう。

民族的な雰囲気のインテリアに興味のある方は、ぜひ以下の記事も併せてご覧ください。
※ 参考記事: 「エスニックインテリアをつくるコツとは?スタイルの特徴を解説!