ダークブラウンの床に合うインテリアは?メリットや注意点もご紹介!

インテリア
この記事は約6分で読めます。

住まい探しをする上で考慮する点はさまざまなものがありますが、そのなかでも床の色は部屋の印象を大きく左右します。床の色が異なるだけで馴染むインテリアも変わってくるため、慎重に選ぶようにしましょう。

そこで今回は、床がダークブラウンだった場合のメリットや注意点・おすすめのインテリアをご紹介していきます。ダークブラウンの床を検討している方や新居探しに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1. 床をダークブラウンにするメリット

ダークブラウンの床にはどのようなメリットがあるでしょうか。向いている方の特徴をご紹介していきます。

住宅探しをする際は条件を整理し、何を優先したいのか把握しておくと良いでしょう。

1-1. ゴミが目立たない

ダークブラウンの床は暗めのトーンが特徴です。そのため、髪の毛などの汚れが目立ちにくく、掃除の頻度も減らせます。

生活感を感じさせないため、清潔な状態を保っておけばおしゃれなインテリアも簡単につくれるでしょう。髪の毛や汚れを目立たせたくないという方は、ダークブラウンの床を検討してみてください。

1-2. カラフルなインテリアと相性が良い

ダークブラウンの床はカラフルなインテリアに馴染みやすい特徴があります。インテリアを明るめのトーンにすれば、メリハリも付いて過ごしやすい空間になるでしょう。

インテリアコーディネートをする際は、全体のバランスを考えながら上手にレイアウトしていくことが重要です。

1-3. 引き締まった印象になる

暗めのトーンが特徴のダークブラウンは重厚感があります。引き締まった空間を演出できるため、落ち着いた雰囲気をつくりたい方におすすめです。

大人っぽいワンランク上のインテリアをつくりたいのであれば、床の色まで工夫してみましょう。ダークブラウンの床を上手に活用すると、オリジナリティ溢れる空間が演出できます。

1-4. 高級感を演出できる

ダークブラウンの床は高級感を演出しやすいところもメリットです。金属やガラスなど高級感を感じさせるアイテムを合わせれば、よりおしゃれな空間に仕上がるでしょう。

※ 参考記事: 「ガラス雑貨をインテリアに取り入れるメリットは?飾り方もご紹介!

他の住宅とはひと味違う空間をつくりたいのであれば、ナチュラルブラウンの床よりダークブラウンの床をおすすめします。

1-5. ホコリがすぐに分かる

床が暗いとホコリがすぐに分かるメリットもあります。髪の毛など黒っぽい汚れが目立ちにくい特徴がありますが、ホコリなどの白っぽい汚れはすぐに確認できるでしょう。

部屋の汚れ具合が瞬時に把握できるため、掃除のタイミングも分かります。室内を常に綺麗にしておきたい方にダークブラウンの床はおすすめです。

スポンサーリンク

2. 床をダークブラウンにする際の注意点

続いて、床がダークブラウンの住宅に住む際の注意点をご紹介していきます。さまざまなメリットがあるダークブラウンの床ですが、注意点を押さえておかないと、入居後に後悔してしまうでしょう。

事前にしっかりと対策しておくことをおすすめします。

2-1. 部屋が狭く見える

床がダークブラウンの場合、家具を置き過ぎると部屋が狭く感じてしまうでしょう。これは、床の色が暗いためです。

圧迫感をなくすためには置く家具を厳選し、空間を広げましょう。家具やインテリアをレイアウトするときは、動線など移動のしやすさも考慮することをおすすめします。

※ 参考記事: 「部屋を広く見せるには?インテリアコーディネートのコツをご紹介!

2-2. こまめに掃除が必要

ダークブラウンの床はホコリが目立つため、こまめな掃除が必要です。髪の毛などの汚れは気になりませんが、ホコリはすぐに目立ってしまうため、掃き掃除などは毎日行うのが良いでしょう。

清潔な状態を保つためにお手入れは欠かせません。ホコリを除去するのが面倒だという方は、お掃除ロボットなどを活用してみるのも良いでしょう。

2-3. 濃い色の家具は避ける

床がダークブラウンの部屋で濃い色の家具を置いてしまうと、部屋がより狭く感じてしまいます。室内に置く家具を選ぶ際は、トーンの違いを意識して明るい家具を導入しましょう。

家具やインテリア選びで迷ったら、空間全体のメリハリを考えてみるとスムーズに選べるはずです。

2-4. 床材にこだわる

ダークブラウンの床とひと口にいっても、デザインの種類はさまざまです。おしゃれな住宅をつくりたいなら、床材にはこだわりを持ちましょう。

より具体的なイメージを膨らませるためにも、資料請求をしたり近所の住宅展示場に足を運んだりしてみることをおすすめします。プロのインテリアコーディネーターに相談すれば、理想の住まいに近づけるでしょう。

スポンサーリンク

3. ダークブラウンの床と相性の良いインテリア

最後に、ダークブラウンの床に合わせたいインテリアを5つご紹介していきます。それぞれの魅力を理解し、つくりたい雰囲気に合わせて取り入れていきましょう。

3-1. ブラウンの木製テーブル

1つ目におすすめしたいのが、ブラウンの木製テーブルです。ダークブラウンの床には少し明るいブラウンの家具がよく馴染みます。

空間にメリハリも付くため、ゾーニングも可能です。リビング・ダイニングで食事スペースと団らんスペースを分けたいときに活用してみると良いでしょう。

3-2. ホワイトのソファ

ダークブラウンの床にメリハリを付けたいなら、ホワイトの家具を導入することをおすすめします。その中でもソファは面積が大きいため、空間の主役にもなるでしょう。

お気に入りのホワイトソファを目立たせたい場合は、ダークブラウンなどトーンが逆の床を選ぶと空間にまとまりが出ます。

3-3. 花柄のラグ

ダークブラウンの床に明るいトーンのラグを敷けば、空間にインパクトを与えることも可能です。特に大きな花柄のラグは空間のアクセントになるため、取り入れてみることをおすすめします。

ラグのデザインを選ぶときはインテリアスタイルを考慮し、それらに適した柄を選びましょう。

3-4. 暖色系の間接照明

ダークブラウンの床は落ち着いた雰囲気がつくれるため、暖色系の間接照明がよく馴染みます。柔らかい温かみのある空間がコーディネートできるため、アジアンスタイルをつくりたい方にもおすすめです。

ファブリックや小物などにもこだわり、お気に入りの空間をつくってみましょう。

3-5. 明るめの観葉植物

モンステラやストロマンテなど葉っぱが明るめの観葉植物もダークブラウンの床に合います。観葉植物を取り入れると、開放的な空間を演出できるため、窮屈さも解消されるでしょう。

リビングや寝室・キッチンなど過ごす時間が長い場所に飾ってみてください。全体の雰囲気を考えながらコーディネートしていくと、失敗することも少なくなります。

※ 参考記事: 「モンステラを飾る魅力とは?インテリアにおすすめの種類もご紹介!

スポンサーリンク

4. まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、床がダークブラウンである住宅のメリットや注意点・取り入れたいインテリアをご紹介していきました。ダークブラウンの床は重厚感があるため落ち着いた雰囲気をつくりやすい特徴があります。

ただ、ホコリは目立ちやすいため、こまめなお手入れが必要です。また、ダークブラウンの床に合わせる家具やインテリアを選ぶ際は、トーンの違いを意識して明るめのものを購入することをおすすめします。

ナチュラルブラウンのテーブルやホワイトのソファなど上手に活用してみましょう。