ミニマリストにおすすめのキッチンとは?選び方のポイントを解説!

インテリア
この記事は約6分で読めます。

キッチンは毎日使う場所であり、住宅の中でも欠かせない存在です。より快適なキッチンにしようと、色味や機能にこだわる方も多いのではないでしょうか。しかし、こだわりを詰め込み過ぎてしまうと、費用が掛かるだけでなく物の数も増えてしまいます。

スッキリとしたキッチンを目指している方にはほど遠い印象になってしまうため、注意して選ぶ必要があるでしょう。そこで今回は、アイテムを厳選したミニマリストのキッチンの魅力や選び方のポイントをご紹介していきます。

スポンサーリンク

1. ミニマリストにおすすめしたいキッチンの収納アイデア

スッキリとしたキッチンをつくりたいのであれば、まず収納を見直すことが大切です。少ないアイテムでおしゃれなキッチンをつくるには、以下の収納方法を試してみてください。

1-1. アイテムと場所をリンクさせてしまう

ミニマリストのキッチンはただ単に物が少ないだけではありません。

限りあるアイテムの中でより使いやすく、よりおしゃれにコーディネートしていくのが鉄則です。そのため、シンク周りで使うアイテムはシンク近くの収納スペースに、コンロ周りで使うアイテムはコンロ近くの収納スペースに入れるなど使う場所を意識した収納を心掛けましょう。

1-2. 引き出しの中はゆとりを持たせる

小さめのキッチンの場合は収納が1つしかないケースもありますが、そのようなときでもゆとりを持って収納することが大切です。何となくでしまう場所を決めるのではなく、きちんとルールを設けて収納すると良いでしょう。

引き出しを開けたときに何が入っているか一目で分かるようにしまうと、使い勝手も良いはずです。

1-3. お気に入りのアイテムは敢えて見せる

ミニマリストであっても、アイテムにこだわることもできます。お気に入りの調理器具や食器は収納せずに敢えて出しておくことで、キッチンのインテリア性を高めることも可能です。

色味やトーンにこだわり、おしゃれなキッチンをコーディネートしてみましょう。その際は、全体的なバランスを考慮してレイアウトすることをおすすめします。

1-4. 天板には何も置かないようにする

天板に物があると、ごちゃついた印象を与えてしまうため、できるだけ天板の上には何も置かないようにしましょう。どうしても天板の上に置きたい場合は、キッチンと調和するアイテムにするかボックスにまとめるか工夫してみることが大切です。

スッキリとした印象を保てるように清潔感を意識したコーディネートをしましょう。

1-5. 吊るすことも考える

収納場所が少ない場合は、壁やレンジフードに吊るすのもおすすめです。フライパンや片手鍋など調理器具を引っ掛けておけば、使用する際もスムーズに取り出せるでしょう。

収納スペースがないからといって諦めずに、空間を有効活用して賢くキッチンをコーディネートすることがポイントです。

スポンサーリンク

2. ミニマリストにおすすめしたいキッチンの色合い

ここからは、スッキリとしたキッチンをつくりたい方におすすめの色合いについてご紹介していきます。それぞれの特徴をよく理解して、納得のいく空間をつくってみましょう。

2-1. ホワイト

ホワイトのキッチンは清潔感があり、開放的な印象を与えてくれます。狭いキッチンでも広さを感じられるため、ミニマリストの方にもおすすめです。どんなインテリアとも相性が良く、ナチュラルな雰囲気やモダンな雰囲気などさまざまなスタイルをつくれるでしょう。

コーディネートする際はどんな暮らしがしたいかをしっかり思い描いた上でアイテムを購入するようにすると失敗も少ないはずです。

2-2. 木目調

自然な雰囲気をつくりたい方は木目調のキッチンもおすすめです。植物との相性が良いため、棚やカウンターに飾ってみるのも良いでしょう。調理器具や食器などを揃える際にある程度の規則性を持って選ぶと、より高級感のあるキッチンが演出できます。

アイテムを厳選するミニマリストのキッチンだからこそ、細かい部分にもこだわってみましょう。

2-3. ステンレス

ステンレスのキッチンはクールで高級感のある造りです。ミニマリストの中でも人気があり、さまざまな住宅で取り入れられています。ステンレスは水や熱にも強いため、清潔感のあるキッチンを保ちやすいのも特徴です。

冷蔵庫など家電までスレンレスで統一すると、よりおしゃれな雰囲気になります。

2-4. ベージュ

ミニマリストのキッチンとして、ベージュもおすすめです。ベージュは馴染む色が多いため、あらゆる雰囲気のスタイルに調和してくれるでしょう。リビングをお部屋の主役として考えたいときに、ベージュのキッチンを取り入れるとしっかり馴染んでくれるはずです。

配色バランスを考慮しながらまとまりのある空間コーディネートを目指しましょう。

スポンサーリンク

3. ミニマリストにおすすめしたいキッチン選びのポイント

最後に、ミニマリストのキッチン選びで押さえておきたいポイントについてご紹介していきます。より快適なキッチンにするためにも、以下の注意点を押さえて、キッチンを選んでいくことが大切です。

3-1. 収納は開き扉より引き出しを選ぶ

キッチンの収納は、開き扉より引き出しを選ぶようにしましょう。引き出し式であれば、立てる収納ができるため下の物が取り出しにくいという心配もなくなります。物が雪崩になることもないため、使い勝手の良い収納スペースになるでしょう。

収納を設置できるスペースや物の量に合わせてサイズを検討してみてください。

3-2. 収納スペースが多いキッチンを選ぶ

コンロやシンク周りに収納が多いかどうかはキッチンの使い勝手を左右します。購入前に十分なスペースがあるかしっかりと確認しましょう。

収納が足りない場合は、他の場所で代用できるかも検討する必要があります。それでも収納が足りない場合は、アイテムを減らすように努力してみましょう。

3-3. 全体的に色のトーンを揃える

スッキリとしたキッチンをつくるための工夫として、色のトーンを合わせる方法もあります。冷蔵庫や電子レンジなど家電の他、ゴミ箱などもトーンや色味を合わせるとまとまりのある空間を演出できるでしょう。

色数が少ない方がスッキリとした印象になりますが、物足りなさを感じる場合はワンポイント足すことをおすすめします。

3-4. 存在感が出やすい家電は隠す

電子レンジなど存在感が出やすい家電は布で隠しておくのもおすすめです。また、収納を新たに置く際は、圧迫感が出ないように透明なボックスを用意するなど工夫する必要があります。

狭いキッチンであっても開放感を感じられるように試行錯誤してみましょう。

3-5. 調理料ラックが付いているキッチンもおすすめ

キッチンによっては、コンロと壁の間に調味料ラックが付いているものもあります。キッチンに物を増やしたくない方は、そのような設備の付いた製品を購入するのもおすすめです。

予算と照らし合わせて必要な機能や設備を導入してみましょう。

スポンサーリンク

4. まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ミニマリストにおすすめのキッチンについてご紹介しました。ミニマリストは物を厳選してシンプルに暮らしていきますが、アイテムにこだわることは可能です。

より使い勝手の良いキッチンにするためにも、収納の仕方やキッチンの色味などを工夫していきましょう。