売主とやりとりできる 仲介手数料不要の新しい不動産情報サイト「FLIE(フリエ)」

インテリアスタイルの最新トレンドとは?在宅時間が増えたからこそ、こだわりを!

インテリア
この記事は約6分で読めます。

おうちで過ごす時間が圧倒的に増えた2020年。
室内で過ごす時間が増えれば増えるほどほど「おしゃれで快適にすごしたい!」そう思うのは自然なこと。

だけど実際に模様替えをしようとすると、「なんだかうまく行かない…」「なかなかおしゃれにならない!」そうお悩みの方はいらっしゃいませんか?お部屋のコーディネートって、ちょっとしたポイントでオシャレに見えたり、残念に見えたりと難しいですよね。

そこで今回は2020年の流行インテリアを、お部屋のポイントごとにご紹介いたします!快適、かつハイセンスなスタイルに仕上げるコツがたくさん詰まっているため、ぜひご参考にしてくださいね!

1. 2020年流行の空間コーディネート

2020年流行の空間コーディネートのポイントは、ズバリ「広々ゆったり空間」!

新型コロナウイルスで室内にいる時間が増えたからこそ、おうちの中でも開放的に、明るく過ごしたいと思う方が増えています。
お部屋自体の広さがあまりなくても、工夫ひとつで「広く魅せる」ことがポイントです。

1-1. リビング

リビングを広く、開放感があるように魅せるポイントは、どこにいても家族が見渡せる配置にすること。
遮るものや、陰になるものは取り除き、家族みんながコミュニケーションを取りやすい空間を作ることで、おうちの中が一気に明るくなりますよ!

1-1-1. キッチンからの見通しをよく

キッチンとリビングは別々の空間と捉えられがちですが、「同じ1つの空間」としてコーディネートすることで、家族みんながいつでもコミュニケーションの取れる開放感のあるスペースに。

オープンキッチンの場合、モノを置きがちになるキッチン前のスペースを一掃して無駄なものを取り除き、リビングが見渡せるようにしてみてください。また、リビングのソファの向きも、キッチンから家族の横顔が見える位置に配置すると◎

キッチンとリビングが扉で仕切られている場合は、思いきって扉をなくしてしまうというのも1つのアイディア。キッチンとリビングを一直線でつなぐことで、空間を広く魅せることが可能になります!

1-1-2. ローテーブルって必要?

部屋を狭く見せてしまう一因として、テレビ前にあるローテーブルが挙げられます。
よくよく考えてみると「ローテーブルって、そんなに活用していない…」という方はいらっしゃるのではないでしょうか?

リモコンや箱ティッシュ、飲み物を置くだけという方は、小さなサイドテーブルに変更するのがオススメ。
驚くほどリビングがスッキリ広々とすること間違いなしです!

1-2. お仕事・お勉強スペース

在宅でのお仕事時間が増えた現在、お仕事やお勉強のスペースを見直してみるのはいかがですか?
お仕事スペースがスッキリすることで、タスクの効率化も図ることが可能です。

1-2-1. スタンディングデスク

近年注目を浴びているのが、このスタンディングデスク。
椅子を置かずに立った状態で仕事ができる、位置が高めのデスクのことで、パソコンを使った仕事をする方に人気です。
長時間おうちで作業する方で、「座りっぱなしでお尻や腰が痛くなる!」という方はいらっしゃいませんか?実は座りっぱなしは健康にも悪く、寿命が縮まってしまうというデータもあります。

一方で、立ってお仕事をすると、座って仕事をするよりも病気のリスクを抑えられるだけでなく、集中力も高まり仕事の効率が良くなると言われているのです。椅子を置かないためスペースも広々としますし、うれしいことだらけ!

1-2-2. リビングにお勉強スペース

子どもの教育に良いとされているのが、リビングでのお勉強。静かな部屋の中で1人で勉強するよりも、適度な生活音のある中で勉強をした方が逆に集中力が高まると言われています。キッチンから見える場所に、小さなお勉強デスクを取り入れてみるのはいかがですか?

リビングでお子さんがお勉強をしていると、常に目の届くところで気にかけてあげられますし、ちょっとした質問に積極的に家族が答えてあげることで、教育コミュニケーションも取れますよ!

ただし、ゲームの音やテレビの音は集中力を阻害してしまう可能性が高いため、お子さんがお勉強している間だけは消すなどして、集中させてあげられる環境を作ることが大切です。

参考記事: コロナ禍の今こそ。リビングのインテリアを見直しておうち時間を快適に

2. おしゃれでハイセンス!インテリアはテイストを統一させよう

インテリアのコーディネートは、何か1つテーマを決めてからアイテム揃えると、統一感が生まれてオシャレでハイセンスなお部屋が仕上がります。インテリアを新しく買い替える際のポイントは、大きいものは薄めの色や単色で揃え、小物で味を出すこと。

そうすれば、またいつか「模様替えをしたい!」と思ったときに、大きくて価格の高いインテリアを買い替えずに、小物だけで雰囲気を変えられますよ!

2-1. アウトドアスタイル

今年注目されているのがアウトドアテイストのお部屋!
室内キャンプをしたり、ベランダでキャンプをしたりする方が増えたことにより、ウッディな家具やインテリアがひそかに流行っています。

※ ベランダキャンプの魅力については、「アウトドア気分を楽しもう!流行りのおうちキャンプの魅力とは?」で詳しく解説しています。

室内でも、どこか自然の中にいるような空気感や、ほっこりするような気分が味わえるため、癒し効果がバツグン。
ロッキングチェアや木の小物、ブラウンカラーのアイテムを取り入れることで、アウトドアな雰囲気を演出できます!

2-2. 北欧スタイル

日本ですっかり定番になっている北欧スタイル。
北欧スタイルのインテリアは、ナチュラルでシンプル、そして使いやすいのが特徴。そのためどんなお部屋にも気軽に取り入れやすく、おしゃれに仕上がりやすいのです。木の良さを生かしているデザインが多いため、日本のおうちや和のテイストにも意外となじみます。

ナチュラルテイスト以外にもポップな柄のアイテムもあるため、クッションやブランケット、チェアなどに柄アイテムを取り入れると、かわいく仕上がりますよ!

参考記事1: 北欧家具とさまざまなテイストを取り入れて 好きなものに囲まれたくつろぎの空間に。
参考記事2: プロの声に耳を傾けた、インダストリアルな空間に北欧家具が並ぶモダンなインテリア。

2-3. ニュートラルカラースタイル

ニュートラルカラーとは彩度のない、もしくは低い、ホワイト・グレーブラック・ベージュなどのカラーを指します。
最近の流行りの傾向は、薄いグレーや温かみのあるグレージュ、アイボリーなどの「ソフトニュートラルカラー」。シンプルな中にも柔らかさを演出できるため、万人受けするインテリアです。

ニュートラルカラーのメリットは、小物でガラッと印象を変えやすい点。小物のカラーを変えるだけで、お部屋のイメージが一気に刷新できます。

例えばグレーテイストのお部屋にピンクの小物を取り入れれば、大人かわいいお部屋が完成しますが、ピンクの小物をブルーに変えると、爽やかな夏っぽいお部屋に様変わり!応用が利きやすく、気分によっていろいろなお部屋を楽しめますよ。

3. まとめ

今回は、2020年の流行りのインテリアについてご紹介をしましたがいかがでしたか?
お気に入りのインテリアやアイテムは見つかりそうでしょうか?
インテリアを新しくすると、気分も心機一転スッキリ!おうちで過ごす時間も明るく楽しくなること間違いなしです。

今回ご紹介させていただいたアイディアを参考にしていただいて、お気に入りのインテリアを見つけるのも良いですし、自分が大好きなものを取り入れてアレンジをするのも◎インテリアに完璧な正解はなく、「自分や家族の心が整う、お気に入りの空間」を作り出すのがベスト。
ぜひ試行錯誤して、気持ちよく過ごせるお部屋を作ってくださいね!