おしゃれな庭をつくる雑草対策とは?よくある失敗や注意点を解説!

ライフスタイル
この記事は約6分で読めます。

自宅の庭をおしゃれにするために、雑草対策を実施している家庭も多いでしょう。しかし、やり方次第では逆効果となってしまう場合もあります。

雑草対策で失敗してしまうと、すぐに雑草が生えてきてしまったり、庭が殺風景になってしまったりするため、事前に適切な方法を知っておきましょう。そこで今回は、失敗しがちな庭の雑草対策をはじめ、おすすめの方法や知っておきたい注意点などを解説していきます。

自宅でより快適な庭がつくれるように、予備知識をしっかりと付けておきましょう。

スポンサーリンク

1. 失敗しがちな庭の雑草対策

まずは、雑草対策として失敗しがちな方法をご紹介していきます。自宅で行なっている雑草対策は適切なものか、しっかりと確認しておきましょう。

1-1. 砂利を敷く

庭に砂利を敷く方法は雑草対策によく取り入れられます。しかし、使い方を間違えてしまうと、お手入れが大変になってしまうため注意が必要です。

ただ砂利を敷いただけでは隙間から雑草が生えてきてしまい、抜く作業に手間がかかります。また、木の根っこに使用すると、熱ですぐ痛んでしまうでしょう。

木の寿命も短くなるため、適切な方法で使用することをおすすめします。

1-2. ウッドチップを撒く

砂利と同じくウッドチップも一般家庭に取り入れやすい雑草対策です。しかし、すぐに雑草が生えてきてしまうため、メンテナンスに手間がかかるでしょう。

木質を好む虫も集まりやすくなるため、植物を劣化させてしまう原因にもなり得ます。ウッドチップは手頃に購入できますが、さまざまなトラブルを起こす可能性があるため注意しましょう。

1-3. 全面コンクリートにする

庭の雑草に悩むくらいなら、全面コンクリートにしてしまった方が良いと考える方も多いはずです。しかし、全面コンクリートは庭の印象を悪くしたり水溜まりが出来やすかったりとデメリットにもなり得ます。

広い面積で使用すると、夏場に熱を発して住宅全体が暑くなるため、住み心地が悪くなる可能性もあるでしょう。

1-4. 防草シートを使う

防草シートは、短期間だけ使用する薄手のものから耐久性の高い厚手のものまでさまざまな種類があります。使い方に応じて適切な種類を選ばないと、すぐに劣化して雑草が生えやすい環境になってしまうため注意が必要です。

特にシートの端部分は最も雑草が生えやすいため、しっかりと敷くようにしましょう。シートが捲れることがないように、ピンで留めておくのもおすすめです。

1-5. 刈払機を利用する

刈払機を使用すればスムーズに雑草対策ができるのではないかと考えている方の多いようですが、表面だけの刈り取りとなることを押さえておきましょう。雑草の種類や環境によっては、再度芽吹くのが早まる可能性もあります。

また、機械を使うため怪我や事故などのトラブルが起きるリスクもあるでしょう。

スポンサーリンク

2. おしゃれな庭をつくるための雑草対策

ここからは、おしゃれな庭をつくるためにおすすめな雑草対策をご紹介していきます。状況に合わせて適切な対処をすれば、綺麗な状態も維持しやすくなるでしょう。

2-1. 砂利と防草シートを合わせる

砂利敷きだけではすぐに生えてくる雑草も防草シートと組み合わせることで、雑草が生えにくい環境をつくることが可能です。防草シートは紫外線に弱いため、シートの上に砂利を敷いておくと、紫外線をしっかり遮断してくれます。

砂利にはさまざまな種類があるため、庭の雰囲気に合わせて選んでみましょう。

2-2. 人工芝にする

人工芝は植物のように維持管理の手間がないため、常に綺麗な状態を保っておくことが可能です。こちらも防草シートと組み合わせることで、雑草を長期間防げるでしょう。

お子さんやペットが遊んでも汚れる心配がないため、メンテナンスの手間を省きたい方におすすめです。

2-3. レンガを取り入れる

おしゃれなレンガを取り入れるのも有効な手段の一つです。レンガを隙間なく埋めていくことで、雑草が生えにくい環境をつくれるでしょう。

好きなデザインから選べるため、理想の庭を演出できるのもポイントです。レンガは劣化しにくいため、雑草対策の手間もそこまでかかりません。

2-4. タイルを張る

レンガ同様にタイルを張るのもおすすめの方法です。最近では、DIY施工を想定した「置くだけタイル」も販売されているため、気軽に取り入れられるでしょう。

ただ、置くだけタイルは滑りやすいことがデメリットです。夏は暑く、冬は冷たいため、快適さは失われるかもしれません。

2-5. クラピアもおすすめ

クラピアは、近年急速に普及したグランドカバープランツです。小さくて可愛らしい葉っぱと花が魅力的で、芝生のように踏んでも大丈夫なくらい耐久性があります。

成長スピードも早く、効率的な雑草対策ができるでしょう。緑の絨毯ができるため、地表温度を下げることも可能です。

スポンサーリンク

3. おしゃれな庭の雑草対策で知っておきたい注意点

最後に、おしゃれな庭をつくるための雑草対策で知っておきたい注意点をご紹介していきます。綺麗に整えた庭を無駄にすることがないように、しっかりと対策していきましょう。

3-1. 耐久性の高い商品を選ぶ

雑草対策の商品を決める際は、耐久性の高いものを選ぶようにしましょう。価格が安くても耐久性が低ければすぐに劣化してしまうため、こまめに交換しなければなりません。

トータル的に高い費用がかかってしまうため、耐久性の高い商品で長持ちさせることをおすすめします。

3-2. お手入れのしやすさも考慮する

メンテナンス性を考慮することも効率的な雑草対策を行なうポイントです。特に砂利敷きは掃除が大変で、管理に手間がかかってしまいます。

タイルなど比較的スムーズにお手入れしやすい素材を選ぶようにしましょう。庭の広さや環境に合わせて、適切な商品を選んでみてください。

3-3. 庭の用途を明確にする

ただ漠然と砂利を敷くのではなく、きちんと目的を持って対策することが重要です。庭をどのように使いたいのかしっかりと考えた上で、適切な対策をするようにしましょう。

お子さんの遊びスペースにするなら、砂利を敷くより人工芝を導入した方が安全に過ごせます。

3-4. 予算を決めておく

耐久性の高い商品であればあるほど費用は高くなるのが一般的です。きちんと予算を考えておかないと、家計を圧迫させてしまう可能性もあるでしょう。

事前に入念な資金計画を立て、余裕のある暮らしを実現させていくことが重要です。そのためにも、それぞれの相場を把握しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

4. まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、失敗しがちな庭の雑草対策やおすすめの方法・注意点をご紹介してきました。おしゃれな庭をつくるためには、雑草対策もしっかりと計画しなければなりません。

庭の用途を明確にして、どのように使いたいか考えていきましょう。雑草対策のために商品を購入する際は、予算やメンテナンス性・耐久性も考慮することが重要です。

工事内容にこだわるなど予算オーバーして家計を圧迫することがないように、入念な計画が必要です。相場は商品によって異なるため、事前にどのくらいかかるのか相場を把握しておきましょう。