アイランドキッチンの収納場所は?スペースを増やすコツもご紹介!

リノベーション
この記事は約6分で読めます。

作業スペースが広く、家族とのコミュニケーションが取りやすいアイランドキッチンですが、デメリットとして挙げられるのは収納問題です。アイランドキッチンは収納が少なく、キッチンアイテムを制限しなくてはならない場合もあります。

しかし、アイランドキッチンでも食器や調理器具にこだわりたいという方も多いはずです。そんな方のために今回は、アイランドキッチンの収納スペースを広げるコツをご紹介していきます。ちょっとした工夫で、快適なキッチンがつくれるため、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1. アイランドキッチンの収納場所

アイランドキッチンを賢く使うためにも、まずは食器や調理器具を収納できる場所を把握しておきましょう。アイランドキッチンには以下の4か所で収納が可能です。それぞれどのようなものを収納できるのか解説していきます。

1-1. コンロ下の収納を使う

まず1つ目にご紹介するのは、コンロ下の収納です。コンロ下にある引き出しは比較的大きなスペースを確保されているため、フライパンやお鍋、ボールなどの調理器具を仕舞うのが良いでしょう。

また、作業スペースやシンク側に続いて収納にはキッチンツールや調味料が収納できます。それぞれ収納の形や大きさに合わせて入れるものを検討してみましょう。

1-2. 背面カウンターに置く

食器は背面カウンターに収納するのがおすすめです。背面カウンターを後付けする際は食器など入れるものの量を考慮してサイズやタイプを決めると良いでしょう。

ただ、あまりにも大きな背面カウンターは動線の妨げとなってしまうため、設計する際は調理動線も意識して商品を選ぶことをおすすめします。

1-3. レンジフードに吊るす

よく使用するラップやキッチンペーパーなどはレンジフードに吊り下げておくのも良いでしょう。取り出しやすさを考慮して、ケースなどに入れてからマグネットで貼り付けるのもおすすめです。

空間を無駄なく活用できるため、収納スペースが少ないアイランドキッチンにも重宝します。

1-4. 見せる収納もおすすめ

扉付きの収納が少ないアイランドキッチンでは、敢えて食器や調理器具を見せるのもおすすめです。色味やデザインを合わせてインテリアとしても楽しみましょう。壁にスキレットやアンティーク調の小物を吊り下げておくだけで、おしゃれな雰囲気がつくれます。

お部屋のイメージに合わせて、お気に入りの空間をつくってみましょう。

スポンサーリンク

2. アイランドキッチンの収納で気を付けること

続いて、アイランドキッチンをスッキリ見せるためのコツをご紹介していきます。何も考えずにものを入れてしまうと、取り出しづらかったりごちゃついたりと使い勝手が悪くなってしまいます。

見た目の印象も良くするためには、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。アイランドキッチンの収納に入れるものを決める前に以下の注意点を押さえておきましょう。

2-1. 使う場所に合わせて収納する

アイランドキッチンの収納で気を付けるポイントとしてまず挙げられるのは、使う場所を意識して収納場所を決めることです。収納場所が使う場所から遠くなってしまうと、出したり片付けたりするのが大変になってしまい、ストレスを感じてしまいます。

まな板や包丁はワークトップに置くなど収納場所を工夫してみましょう。

2-2. よく使うものは腰より上に置く

2つ目のポイントは、料理で毎回使うものは腰より上の位置に収納することです。使う度にしゃがんだり腰をかがめたりするのはストレスになってしまうため、すぐに取り出せる位置に収納しましょう。

自分の行動パターンを考え、使いやすいキッチンづくりを目指すことが大切です。

2-3. キッチントップには物を置かない

アイランドキッチンはリビングやダイニングから丸見えです。スッキリとした綺麗なキッチンをつくりたいなら、キッチントップにはものを置かないようにしましょう。調理器具や調味料など毎回調理で使うものであっても、そのままにせず別の収納場所を決めておく必要があります。

綺麗に片付ける習慣が身に付けば、アイランドキッチンの魅力も維持しやすくなるでしょう。

2-4. 調味料の瓶は統一する

カウンターや棚などに調味料を置いて見せる収納にする場合は、瓶などの容器を統一させましょう。容器の種類がバラバラだと雑多な印象を受けるため、綺麗なキッチンにはなりません。

容器に貼るラベルなどにもこだわり、おしゃれなキッチンをつくりましょう。調味料の容器は100円ショップなどで気軽に購入できます。

2-5. 調理器具のメーカーや色も合わせる

よりおしゃれなキッチンにしたいなら、調理器具のメーカーや色も揃えることをおすすめします。つくりたい雰囲気に合わせて、お気に入りのデザインを選んでみましょう。

カジュアルな雰囲気にしたい場合はビビットカラー、シックな雰囲気にしたい場合はモノトーンの調理器具がおすすめです。

スポンサーリンク

3. アイランドキッチンの収納を増やすアイデア

最後に、アイランドキッチンの収納を増やすアイデアをご紹介していきます。ちょっとした工夫をするかしないかで、キッチンの使い勝手が変わります。

おしゃれで使いやすいキッチンにするためにも、以下の方法を押さえておきましょう。

3-1. フロアキャビネットを利用する

フロアキャビネットはキッチンの収納力を格段にアップさせます。入れるものに合わせてさまざまなサイズを組み合わせられるため、条件を整理してみましょう。

フロアキャビネットはリビングから見えないため、アイランドキッチンでもしっかりと生活感を隠すことができます。

3-2. パントリーを隣接させる

アイランドキッチンの収納に悩んでいるのなら、パントリーを後付けしても良いでしょう。食材をしまっておくスペースや調理家電を置くスペースをしっかりと確保できるため、キッチン周りがスッキリと片付きます。

ゴミ箱なども隠しておけるため、見せたくないものはパントリーにしまっておきましょう。

3-3. 足元に空間をつくる

アイランドキッチンは下の空間を広げることで、ワゴンなどを置くことができます。キャスター付きのワゴンなら移動もできるため、場所を選ばず収納が確保できるでしょう。調味料や食器などキッチンの使い方に合わせて置くものを決めてみてください。

また、足元に空間があることで、動線も確保もスムーズにできます。動きやすいキッチンでストレスなく調理が可能です。

3-4. 頻繁に整理整頓する

キッチンは日々使っていると、何かとものが溢れてしまいます。清潔な状態を保つには、定期的なお手入れが必要です。食器や調理器具、キッチンツールなど綺麗に並べ直す習慣を身に付けることも大切でしょう。

3-5. 必要なものを厳選する

定期的に整理整頓していると、不要なものがあることにも気付きます。必要のない食器や調理器具は処分し、使うものだけ置いておくのも良いでしょう。

収納の量に合わせてものを厳選するのも、スッキリとしたキッチンをつくるコツです。

スポンサーリンク

4. まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、アイランドキッチンの収納で注意すべきポイントについて解説していきました。アイランドキッチンは収納スペースが限られているため、工夫して食器や調理器具・調味料などを整理しなければなりません。

綺麗なキッチンを維持するためには、定期的に収納を見直す必要があります。