売主とやりとりできる 仲介手数料不要の新しい不動産情報サイト「FLIE(フリエ)」

あの街に行ったら、ここへ寄れ Vol.4 阿佐ケ谷の気取らない和カフェ

地元のお店特集
この記事は約3分で読めます。
新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組み
「FLIE magazine」では、スタッフの外出を伴う記事制作の場合、本人の体調管理・手洗い及び消毒・マスクの着用等の感染防止対策を徹底した上で取材を行っております。
また、各地方自治体の要請・地域ごとの感染状況等をふまえて柔軟に対応してまいります。

1. 味わい深い緑茶と気取らないシンプルな和菓子を楽しむ 和カフェ「chatoan(茶とあん)」

阿佐ヶ谷駅北口から徒歩5分程、閑静な住宅地にあるお店です。見た目は和カフェというよりは軽食のお店といった印象。店前のメニュー看板から豚汁などの素朴なメニューが主かな?と思いながら、わらび餅に惹かれて入店しました。

扉を開けると鼻にふわりと届く、美味しそうな豚汁の香り。アースカラーを基調とした木のぬくもりある温かな店内で、ほっこりしました。女性店主さんが穏やかに話しかけてくださいます。

メニューを広げると日本茶の種類に驚き、和菓子メニューの美味しそうな絵・写真に胸が躍ります。

選んだのはメニューにない、期間限定「白桃しるこ」800円です。初めて見る組み合わせに、わらび餅を忘れ思わず注文。お茶は悩んでいたら、店主さんが私の好みを聞いてオススメを選んでくれました。初めは氷からの水だしで、次からはお湯だし×3煎程をいただけ、その都度変化する薫り・味の深みを楽しめましたよ。お茶には茶菓子が付き、なんとおかき・小魚・ヒマワリの種・グリーンレーズン・最中の5種類から選べます。最中は有機栽培の小豆が使われているそう。私は最中をチョイス。

店内に流れるカントリーミュージックに身を任せ、並ぶ猫・和雑貨の本を読み、お茶を楽しみながら白桃しるこを待ちます。

おぉ、白い!聞けば白あんをふんだんに使用し、桃は岡山県産。ワクワクしながら口に運ぶと、桃の芳醇な甘さが舌に広がり、じわじわと白あんの風味・うまみが溶けてきます。かき氷をつまみながら、お茶を飲みながら――食べきるのがもったいない、初めての感覚のおしるこでした。最中も優しいあんこの甘みが美味。最初から最後までワクワクしっぱなし、まったりできる楽しい和カフェです。

chatoan(茶とあん)
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-21-28

2. 素材の手触り、そのままに 和食器作家セレクトショップ「zakka土の記憶」

阿佐ヶ谷パールセンターの中にある建物の2階にあります。中の様子も価格帯も分かりませんが、意を決して入店。

並ぶ素朴でシャレた和の食器たちにトキメキました。同じ種類でもそれぞれ表情の異なる、作家さん手作りの食器を静かな店内で存分に選べます。価格帯も女性向けデパートに入っている和雑貨屋さんと同じなので、購入しやすいお店ですよ。

zakka土の記憶
〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-34-11