あの街に行ったら、ここへ寄れ Vol.78【春日】ちょっとだけリゾート気分が味わえるベトナム料理店と絶品食パン

地元のお店特集
新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組み
「FLIE magazine」では、スタッフの外出を伴う記事制作の場合、本人の体調管理・手洗い及び消毒・マスクの着用等の感染防止対策を徹底した上で取材を行っております。
また、各地方自治体の要請・地域ごとの感染状況等をふまえて柔軟に対応してまいります。

春日駅は、都営大江戸線、都営三田線が通る文京区に位置する駅。徒歩圏には後楽園駅や本郷三丁目駅もあり、複数の路線が利用できる非常に利便性の高い駅と言えます。駅前には東京ドームや文京区役所の入っているシビックセンター、商店街、飲食店やスーパーなど、施設も充実しており、近年ではハイグレードの高層新築マンションが駅周辺に多く建設されている注目のエリアです。
今回は、そんな春日駅で見つけたお店を二件ご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. パクチーは大盛で!本格ベトナム料理を味わえる「ベトナムビストロ バンフィールド」

駅から5分程の通り沿いに、雰囲気の良いベトナム料理店を見つけました。外には素敵なテラス席もあって、ちょっとだけリゾートチックです。
中々ベトナム料理を食べる機会もないですし、メニュー看板の写真に誘われて入ってみることにしました。

赤の壁が可愛い素敵な店内。お昼少しだったため空いていました。

メニューを拝見します。

ライスメニューとヌードルメニュー、そしてランチには各種セットメニューもあります。
ナシゴレンやフォー、バインミー、生春巻き等々、人気のアジアご飯メニューが盛りだくさんで、目移りしてしまいます。

ベトナムといえばフォー。普段中々食べられないため、今回はチョイスすることにしました。種類もたくさんありますが、定番の鶏ではなくアサリのフォー(880円)を注文することに。

ランチメニュー以外には、「無農薬パクチー鍋」というメニューがお店の押しらしく、種類がたくさんあって美味しそうでした。次回はぜひチャレンジしてみたいです。

アサリのフォーが到着しました!

このお店は、なんとパクチー大盛が無料!麺がパクチーで見えません!最高です。

ではいただきます。
スープがやさしい。きっとアサリからも良い出汁がでているのですね。具は、ニラ、もやし フライドオニオン。そしてメインのアサリは身も大きめなので、出汁だけでなく具としても楽しめます。パクチー大盛でさわやかな風味がまた最高。レモンもちょっと絞るのもよいでね。具沢山なので満足度もあります。フォーって日本人の口に合いますね。
ご馳走様でした。

ベトナムBistro Vang Field 後楽園店
〒112-0002 東京都文京区小石川1丁目16−6

スポンサーリンク

2. 種類豊富なこだわりの食パンが揃うパン屋さん「サ・ベーニュ 小石川」

ベトナム料理店の近くの路地を入った商店街に、上品なパン屋さんを見つけました。食パンの旗がなびいています。食パンメインのようですが、それ以外のパンも売っているようです。

外の看板にはパンのメニューが手書きでかわいく書かれていました。食パンだけでも色々な種類がありますね。全部美味しそう!

早速入ってみることにしました。

カウンター後ろには綺麗に焼かれた食パンが並んでいます。
食パン、パンドミの他、ブリオッシュの種類が豊富!小倉あんの食パンも気になります。

すごく迷いましたが、定番のパンドミ(346円)を買って帰ることにしました。

パンの断面はきめが細かくて、しっとりと柔らかいです。
トーストにして食べてみましたが、カリッともちもちの食感がたまりません!小麦の風味も感じられてとても美味しかったです。

サ・ベーニュ 小石川店
〒112-0002 東京都文京区小石川1丁目15−2

スポンサーリンク

3. 春日で「仲介手数料0円」の物件を探すならFLIE(フリエ)

FLIE(フリエ)は、売主と買主が直接取引できるプラットホームです。フリエにはたくさんの物件が掲載されていますが、その物件は全て売主が直接販売している物件です。

フリエを利用すれば売主と直接やり取りできるため、仲介手数料を支払う必要はありません。そのため、物件によっては100万円以上の費用が浮きます。
浮いたお金を予算に回せば予算アップできますし、手持ち資金として残しておくこともできます。

スポンサーリンク

4. まとめ

春日は、落ち着いた雰囲気もありながら、非常に利便性の高いエリアです。今回ご紹介したお店以外にも素敵なお店がたくさんあるため、ぜひ皆さんも立ち寄ってみてください。