フィンランドらしい空間をつくるには?おすすめのインテリアを解説!

インテリア
この記事は約7分で読めます。

シンプルで温かみのあるフィンランドインテリアは国内でも人気があり、さまざまな場面で取り入れられています。自宅をフィンランドっぽい空間にしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、フィンランドインテリアの特徴やコーディネート方法などをご紹介します。おすすめのアイテムもご紹介していくため、ナチュラルなインテリアに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1. フィンランドインテリアの特徴

フィンランドのインテリアはデンマークやスウェーデン、ノルウェーなどの北欧文化を受け継いでおり、家の中で豊かに過ごせる工夫が凝らされています。フィンランドインテリアはどのような部分に魅力があるのでしょうか。特徴として挙げられる5つのポイントをご紹介します。

1-1. シンプルなデザイン

まず、フィンランドのインテリアはシンプルなデザインが一般的です。曲線を多く使用しており、優しい雰囲気が感じられます。模様も少ないものが多く、一つの模様をパターンにしている場合も。

また、フィンランドはミニマルデザインを大切にしており、最低限のデザインだけで構成されている場合がほとんどです。日本の侘び寂びに共通する部分もあります。

1-2. 優れた機能性

フィンランドのインテリアは使い勝手が良いところもメリットです。デザインだけでなく、機能性に関しても優れています。耐久性も良く、長年使っても壊れにくい素材であることがほとんどです。

特にフィンランドのイスは身体にフィットする造りになっており、長時間座っても疲れにくい構造です。

1-3. 温かみのある木材

木製家具が多いのもフィンランドインテリアの特徴です。北欧は森林面積の割合が高い国であるため、温かみのある木材を家具に使用することが多い傾向にあります。

これは日本にも共通することで、木造住宅と相性が良いです。最近では、和室に北欧家具を置く方も増えていますよ。

1-4. 自然モチーフ

フィンランドのインテリアは植物や動物など自然をモチーフにしたデザインがたくさんあります。これは、湖や森などの自然に囲まれた風土を持つ北欧ならではの発想です。機能的でありながらもどこかほっこりするような空間がつくれるでしょう。

ナチュラルな空間やリラックスできる空間をつくりたい方はフィンランドのインテリアを真似してみると良いでしょう。

1-5. 長年使える

フィンランドでは、歴史的な建物の価値が高かったり、家財道具を親から子へ受け継ぐ習慣があったりと、長年に渡って使い続けられるものが好まれます。

特に木材は使えば使うほど経年変化が楽しめるため、フィンランドのライフスタイルにぴったりのアイテムです。このように長く使えるものが多いのもフィンランドインテリの魅力です。

スポンサーリンク

2. フィンランドインテリアのつくり方

続いて、フィンランドインテリアのコーディネート方法をご紹介します。ポイントを押さえて、上手に家具やファブリックなどを合わせてみましょう。

2-1. アースカラーを使用する

フィンランドインテリアでは、アースカラーをベースに配色していきましょう。アースカラーとは、木や土、空などの自然をイメージできる色のことです。温かみのある色でまとめ、落ち着いた空間をつくりましょう。

インテリアの配色を決める際は、全体のバランスを見ながら考えていくことをおすすめします。

2-2. 脚付きの家具を取り入れる

フィンランドインテリアでは、脚付きの家具を取り入れることがほとんどです。脚付き家具を取り入れる理由は、デザインが優れていることと床暖房をよく使用することにあります。

床を温めることで木製の家具が傷つかないように脚を付けているのです。このようにフィンランドのインテリアにはさまざまな工夫が見られます。

2-3. ファブリックのデザインにこだわる

フィンランドのインテリアにはさまざまな柄があります。発色の良いパターンからシックなパターンまであらゆるデザインがあるため、お気に入りのものが見つかるはずです。

クッションやラグ、カーテンなどのファブリックは色味だけではなく、柄にもこだわってみましょう。シンプルな空間に華やかなテキスタイルがあるだけでメリハリの効いた空間になりますよ。

※ 参考記事: 「北欧カーテンを自宅に取り入れるメリットは?選び方やコツも解説!

2-4. 観葉植物を多めに置く

観葉植物はフィンランドインテリアに欠かせないアイテムです。植物を室内に置くことで、色彩が調和されるだけでなく、リラックス効果も得られます。調湿効果もあるため、快適な室内環境を保つことができるでしょう。間取りや日当たりなどを考慮して、植物の種類を選んでみてください。

スポンサーリンク

3. フィンランドインテリアに取り入れたいアイテム

最後にフィンランドインテリアをつくるなら、取り入れたいおすすめのアイテムをご紹介します。

3-1. マリメッコ

北欧のデザインといったら、マリメッコを想像する方も多いのではないでしょうか。マリメッコはフィンランドを代表するテキスタイルブランドです。カーテンやクッションなどを始め、食器や雑貨にも幅広く展開しています。

定番のフィンランドスタイルをつくりたい方はぜひマリメッコ柄を取り入れてみてはいかがでしょうか。

3-2. イッタラ

イッタラはフィンランドのガラス工房から生まれたブランドです。グラスや食器、花瓶などを中心に、テーブルウェアの総合ブランドとして展開しています。

日本でも人気があり、百貨店の食器売り場などに置いてあることが多い商品です。ユニークな形をしているため、お部屋のアクセントになるでしょう。

3-3. ヒンメリ

ヒンメリは北欧生まれの多面体型の装飾品です。おしゃれなカフェや雑貨店で見かけたことがある方もいらっしゃるでしょう。

お部屋に飾ると、幻想的な雰囲気が楽しめるため、他のお部屋とは一味違う空間をつくれるはずです。自分で手作りすることもできるため、お気に入りのデザインや素材でさまざまなヒンメリをつくってみましょう。

3-4. ファブリックパネル

おしゃれなフィンランドインテリアをつくるには、ファブリックパネルが欠かせません。ファブリックパネルはDIYすることもできるため、お好きな布を合わせることができるでしょう。

全体のバランスを考えながら、落ち着く空間をつくってみてくださいね。ファブリックパネルのデザインによって、お部屋の印象も大きく変わるため、模様替えも簡単に行えます。

※ ファブリックパネルについては、「ファブリックパネルの魅力とは?飾り方や選び方のコツをご紹介!」で詳しく解説しています。

3-5. スツール60

おしゃれなカフェなどで使用されているスツール60もフィンランドインテリアにおすすめのアイテムです。座り心地も良く、身体にフィットするため、パソコン作業にも向いているでしょう。テレワークやリモート会議が多い方にもおすすめです。柔らかいデザインであるため、どんな雰囲気のお部屋にも馴染むでしょう。

スポンサーリンク

4. FLIE(フリエ)なら購入した物件のトータルコーディネートサービスが受けられる

新しい住まいを購入した後に揃える家具やインテリア。カッコよく、素敵な家にしたいけど、どんな風にしたら良いのか自信がない。そんな事ありませんか?

FLIEエージェントのサービスは、物件購入のサポートにとどまりません。
リフォームリノベーションのご相談や、インテリアコーディネートのご相談も承っています。

物件を購入して、家具やインテリアのコーディネートをプロに依頼してみる。
インテリアに統一感があれば、よりおしゃれな空間になるはずです。

FLIE(フリエ)ではそんなトータルコーディネートを提案します。

5. まとめ

いかがだったでしょうか。
今回はフィンランドのインテリアについてご紹介しました。フィンランドのインテリアはシンプルかつ機能的で快適な暮らしを手助けしてくれます。優しい色合いのものが多いため、あらゆるスタイルに馴染みやすいでしょう。

今回ご紹介したアイテムを積極的に取り入れ、おしゃれな空間をつくってみてくださいね。インテリアを選ぶ際は、まず全体のイメージを掴んでから商品を決めると失敗することも少ないはずです。しっかりと計画を立てて、コーディネートしていきましょう。