フランスのインテリアはどう作る?スタイルの種類やコツをご紹介!

インテリア
この記事は約6分で読めます。

アーティスティックな雰囲気が特徴のフランスですが、その華やかさはインテリアにも反映されています。今回はフランスのインテリアについて解説していきます。

フランスのインテリアにはどのような特徴があるのでしょうか。インテリアの種類やコーディネートのコツも合わせてご紹介します。フランスのおしゃれな雰囲気を自宅でも取り入れたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

1. フランスインテリアの特徴

フランスインテリアにはどのような特徴があるのでしょうか。インテリアのポイントを見ていきましょう。以下のインテリアを上手に組み合わせていけば、簡単にフランスのおしゃれな雰囲気がつくれます。自宅でフランスの雰囲気を楽しみたい方はぜひ取り入れてみてください。

1-1. アーチ状の開口部

フランスのインテリアといえば、アーチ状の開口部をよく見かけます。一般的な開口部より開放的で遊び心があります。空間のアクセントとしても際立つでしょう。

賃貸などでアーチ状の開口部をつくるのが難しいという場合は、アーチ状の収納などを取り入れてみることをおすすめします。お部屋の雰囲気も一気に明るくなるはずです。

1-2. ナチュラル素材

無垢材や観葉植物など自然な素材を多く取り入れているのもフランスインテリアの特徴です。その他にも、タイルやレンガなど個性的な素材があります。ナチュラル素材を取り入れると、空間の雰囲気も明るくなり、開放感を楽しめます。特に狭いお部屋は明るめの色でまとめてみると良いでしょう。

1-3. クラシックな建具

格子ガラスや框などクラシックな建具を取り入れるのもおすすめです。歴史を感じられるインテリアを取り入れることで、味のある空間を楽しむことができるでしょう。

家具やカーテンだけでなく、扉の取っ手など細かい部分にも配慮していくことをおすすめします。デザインを決める際は、全体のバランスを考えながら選んでいきましょう。

1-4. ホワイト家具

フランスインテリアはホワイトを多く使用している特徴もあります。ホワイトには、アイボリーやオフホワイトのようにさまざまなトーンがあるため、つくりたい雰囲気に合わせて検討していくと良いでしょう。

上手にトーンを組み合わせると、よりこなれたフランスインテリアが完成します。テーブルやチェスト、ソファなどバランス良くコーディネートしてみましょう。

スポンサーリンク

2. フランスインテリアの種類

フランスインテリアにはいくつか種類があります。それぞれスタイルごとに雰囲気も異なるため、ここでそれぞれの特徴を押さえておきましょう。

2-1. モダン風

現代的なデザインを掛け合わせたスタイルがフレンチモダンです。スタイリッシュな雰囲気でまとめたいときは、豪華なシャンデリアや華やかなモールディングは避けましょう。

大理石やガラス、スチール、レザーなどを合わせるとモダンな雰囲気がつくれます。モノトーンをベースにゴールドなどでアクセントをつけると、おしゃれな雰囲気にまとまります。

2-2. カントリー風

フランスの田舎町であるプロヴァンス地方のインテリアをイメージしたものがフレンチカントリーです。丸みを帯びた家具や木製家具などを多く取り入れている印象です。

配色は、ホワイトをベースに、淡いイエローやグリーンなど明るい色を合わせると良いでしょう。ナチュラルな雰囲気でまとめるのがコーディネートのポイントです。

2-3. クラシカル風

フランスの歴史を感じられるフレンチクラシカル。特に18世紀にフランスで誕生したロココ様式の家具が馴染みます。S字の脚やC字の曲線など個性的な家具が楽しめます。

モールディングやマントルピースなどデコラティブな内装にまとめるのもおすすめです。曲線を意識してコーディネートしてみましょう。

2-4. ロマンチック風

ふんわりとした優しいフレンチロマンチックにしたい場合は、真っ白なレースや可愛らしいフリルなどを取り入れると良いでしょう。

オフホワイトやアイボリー、ピンクなどをベースにゴールドやシルバーでアクセントをつけてみると、キュートな雰囲気に仕上がります。猫脚家具などを取り入れると、遊び心のあるインテリアがつくれるでしょう。

2-5. シャビー風

シャビーには「時間が経過した」「使い古した」というどの意味があります。その中でも、シャビーシックなインテリアは古さと上質さを兼ね備えたインテリアです。ヴィンテージやアンティーク家具だけでなく、使い古された雰囲気を出すためにDIYで塗装の一部剥がすのもおすすめです。

※ 参考記事: 「シャビーシックとは?魅力やコーディネートのポイントをご紹介!

スポンサーリンク

3. フランスインテリアを上手につくる方法

ここからはフランスインテリアを上手にコーディネートしていくコツについてご紹介します。何も考えずにインテリアを選んでしまうと、購入後やレイアウト後に後悔してしまう可能性もあります。無駄な出費を増やさないためにも、ポイントを押さえておきましょう。

3-1. 時代を感じられるアイテムを取り入れる

フランスには、古いものや代々受け継がれたものを大切に使う文化があります。そのため、インテリアにもアンティークのものやヴィンテージのものを多く取り入れてみましょう。

使っていた家具が壊れても、すぐ直せるようであれば、修繕してそのまま使うのもおすすめです。傷や剥がれは味になります。

中でもアンティークシャンデリアは、デザインが豊富に揃っていておすすめのアイテムです。

※ 参考記事: 「アンティークシャンデリアの魅力とは?選び方や設置の注意点をご紹介!

3-2. 収納より飾る意識を持つ

フランスではものは収納するより飾る意識があります。お部屋のインテリアをコーディネートする際は飾ることに注目して、アイテムを並べてみましょう。

飾り方や並べ方を少し変えるだけでも、空間の雰囲気が変化します。敢えて綺麗に整頓せず、無造作感を演出するのもおすすめです。

3-3. 間接照明にこだわる

フランスでは間接照明をたくさん使います。照明計画にこだわることも、フランスインテリアを上手にコーディネートするポイントです。

ランプシェードの形にこだわったりキャンドルを使用したりとさまざまなアイデアがあります。インテリアの写真をたくさん集め、どのようにコーディネートしているか分析してみましょう。

3-4. グリーンを随所に置く

グリーンをたくさん置くのもフランスインテリアのポイントです。テラスやバルコニーがある方は日常的に家庭菜園を楽しんでいる方もたくさんいます。

テラスやバルコニーには置けなくても、リビングやキッチン、水回りなどちょっとしたスペースに置いて、自然な雰囲気を楽しんでみましょう。植物があるだけで、空気の流れも良くなりますよ。

3-5. DIYで個性を出す

フランスではDIYが日常的に行われています。壁紙を張り替えたり棚をつくったりとさまざまな工夫で快適な暮らしを実現しています。自分が心地良く暮らせるためには試行錯誤が必要です。時間を掛けてお気に入りの空間をつくってみましょう。

スポンサーリンク

4. まとめ

いかがだったでしょうか。
今回はフランスのインテリアについてご紹介しました。フランスのインテリアは個性的で、おしゃれな雰囲気が特徴です。インテリアの種類もいくつかあるため、つくりたい雰囲気に合わせて、家具や雑貨を取り入れていきましょう。

その際にDIYを取り入れると、クラシカルな雰囲気もスムーズにつくれます。歴史を感じる空間をつくりたい場合は、アンティーク家具などを積極的に取り入れてみましょう。