フロントレースカーテンの魅力とは?設置する際の注意点を解説!

インテリア
この記事は約6分で読めます。

カーテンにはさまざまな種類がありますが、フロントレースカーテンはご存知でしょうか。フロントレースカーテンとは、レースカーテンを室内側に取り付けるタイプのカーテンです。

近年、ショールームなどでも見かけることが多く、注目を集めています。そんなフロントレースカーテンにはどんな魅力があるでしょうか。

注意点と合わせて解説していきます。他の住宅とはひと味違うおしゃれなカーテンを設置したいという方は、ぜひおすすめのコーディネートも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1. フロントレースカーテンのメリット

フロントレースカーテンはモデルルームやショールームでよく使われているため、自宅には合わないのではないかと思う方も多いでしょう。しかし、フロントレースカーテンにはメリットがたくさんあります。

魅力を最大限活かせるように、活用方法を事前に知っておきましょう。以下では、フロントレースカーテンのメリットを5つご紹介していきます。

1-1. 見た目がおしゃれ

フロントレースカーテンは何といっても、見た目がおしゃれです。ドレープカーテンに浮き上がるようにレースカーテンの柄が見えるため、華やかな印象がつくれます。

柄物や派手なカラーのカーテンは避けたいという方も、遊び心のあるデザインを楽しめるでしょう。さまざまな組み合わせがあるため、お気に入りのコーディネートを選んでみてください。

1-2. ふんわりとした印象になる

フロントレースカーテンはふんわりとした優しい印象がつくれるのも魅力です。寝室や子供部屋など落ち着きたい空間にコーディネートしてみてください。

狭い空間でも開放的な印象を与えられるため、広々とした空間をつくりたい方にもおすすめです。フェミニンな雰囲気をつくりたい方は、ぜひフロントレースカーテンを取り入れてみましょう。

1-3. レースカーテンの劣化が軽減できる

一般的にレースカーテンは窓側に設置されているため、直射日光や紫外線などの影響を受けやすく、すぐに劣化してしまいます。

フロントレースカーテンであれば、ドレープカーテンが窓側に設置されているため、レースカーテンの劣化を防ぐことが可能です。お気に入りのレースカーテンも長く使えます。

1-4. レースカーテンの模様が楽しめる

レースカーテン越しに景色を楽しめるところも魅力的なポイントです。特に高層階の夜景や自然な景色は美しく、暮らしも充実します。

窓周辺のデザイン性を高めたい方は、ぜひフロントレースカーテンを自宅に設置してみてください。他の住宅とはひと味違う空間が楽しめます。

1-5. レースカーテンを閉めても明るい

レースカーテンなら閉めた状態でも光が室内に差し込んでくるため、明るい空間をつくれます。プライバシーをしっかりと守りながら明るさも確保できるため、より快適な暮らしができるでしょう。

レースカーテンの色味や柄にこだわると、より高級感のある空間を演出できます。

スポンサーリンク

2. フロントレースカーテンの注意点

さまざまな魅力があるフロントレースカーテンですが、実はデメリットも多く、注意していないと生活する中で不便さを感じてしまうこともあるでしょう。

以下では、特に気を付けていただきたいフロントレースカーテンの注意点を5つご紹介していきます。

2-1. 厚手のカーテンにカビが生えやすい

まず、ドレープカーテンを窓側に設置するため、厚手のカーテンに結露が付着してしまいます。レースカーテンを窓側に設置したときより多くの水分を含んでしまうため、カビが生えやすくなるでしょう。

カビの繁殖を防ぐには、適度な換気や洗濯が必要不可欠です。

2-2. 開閉が大変

日中にレースカーテンだけを使用したいときは、窓側にあるドレープカーテンを開けなければなりません。開いたカーテンはタッセルなどでまとめておかないと、室内に入る光も少なくなってしまいます。

一般的なカーテンスタイルより手間が掛かることは大きなデメリットでしょう。

2-3. コーディネートが難しい

レースカーテンとドレープカーテンの種類はたくさんあるため、選ぶのも大変です。組み合わせを間違えてしまうと、部屋を狭くさせてしまう可能性もあります。

フロントレースカーテンで失敗しないためには、コーディネートの事例をたくさん見ておくことが大切です。参考になる画像をたくさん集めておきましょう。

2-4. 設置に戸惑う

フロントレースカーテンは一般的なカーテンと取り付ける順番が逆であるため、慣れるまでは設置に戸惑いを感じるかもしれません。ただ、フロントレースカーテンには一般的なスタイルでは感じられない魅力もたくさんあります。

生活スタイルに合わせて、落ち着く空間を演出してみましょう。

2-5. 美しいウェーブが出にくい

美しいウェーブが出にくいこともフロントレースカーテンのデメリットです。カーテンの美しいヒダ感を楽しみたいなら、一般的な設置方法を取り入れることをおすすめします。

フロントレースカーテンのメリット・デメリットを考慮しながら、自分に合った最適な方法を取り入れてみましょう。

スポンサーリンク

3. フロントレースカーテンのコーディネート例

ここからは、フロントレースカーテンのコーディネート例を4つご紹介していきます。それぞれの特徴をしっかりと押さえ、気に入ったものを実践してみましょう。

3-1. ピンク×小花柄

ふんわりと華やかな空間をつくりたい場合は、淡いピンクのドレープカーテンと小花がちりばめられたレースカーテンを組み合わせてみましょう。

光沢が美しいシャンタンカーテンと愛らしい刺繍のレースカーテンなら、より高級感のあるロマンティックなコーディネートできます。

3-2. オパールレース

爽やかなミントカラーのカーテンにリーフ柄のオパールレースカーテンを重ねれば、スタイリッシュな空間も演出可能です。フロントレースカーテンにすることで、素材の魅力も全面に浮き上がります。

つくりたい雰囲気に合わせて、他の色味も試してみてください。

3-3. 北欧デザイン

空間にアクセントを付けたいときは、北欧デザインのカーテンを取り入れてみると良いでしょう。ピンクやブルーなどの淡いレースカーテンを合わせれば個性的な空間がつくれます。

デザインセンスは問われるため、しっかりシミュレーションした上で商品を購入するようにしましょう。

3-4. グラデーション生地

グラデーション生地のドレープカーテンと透明感のあるレースカーテンを合わせるのもおすすめです。さりげなく空間にアクセントがつくため、メリハリの効いた部屋になるでしょう。

リビングや寝室など物足りなさを感じる空間にプラスしてみてください。

スポンサーリンク

4. FLIE(フリエ)なら購入した物件のトータルコーディネートサービスが受けられる

新しい住まいを購入した後に揃える家具やインテリア。カッコよく、素敵な家にしたいけど、どんな風にしたら良いのか自信がない。そんな事ありませんか?

FLIEエージェントのサービスは、物件購入のサポートにとどまりません。
リフォームリノベーションのご相談や、インテリアコーディネートのご相談も承っています。

リノベーション済の物件を購入して、家具やインテリアのコーディネートをプロに依頼してみる。
カーテンを変えるだけでもお部屋の印象は見違えるようになります。

FLIE(フリエ)ではそんなトータルコーディネートを提案します。

5. まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、フロントレースカーテンについてご紹介してきました。フロントレースカーテンはレースカーテンを室内側に取り付けるスタイルで、優しい雰囲気の空間がつくれます。

空間のアクセントにもなるため、よりおしゃれなお部屋になることでしょう。ただ、ドレープカーテンにカビが生えやすいことや開閉が大変なことはデメリットです。清潔感が保てるよう、お手入れをしっかり行いましょう。

フロントレースカーテンのコーディネート方法にはさまざまなものがあるため、好みに合わせられるのも特徴です。

※ カーテン選びのポイントや注意点についてもまとめています。是非併せてご覧ください。
参考記事: 「カーテンの賢い選び方とは?購入時のポイントや注意点をご紹介!