地中海インテリアにはどんなアイテムが合う?特徴をご紹介!

インテリア
この記事は約6分で読めます。

地中海インテリアとはエーゲ海をイメージしたスタイルのことです。リゾート感が強いため、人気があり、挑戦したいと思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、地中海インテリアの特徴やコーディネートのコツ、おすすめしたいアイテムをご紹介していきます。

自宅のインテリアに迷っているという方やリゾートチックなインテリアに興味がある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

1. 地中海インテリアの特徴

地中海インテリアにはどのような特徴があるのでしょうか。まずは地中海インテリアを構成する要素を押さえておきましょう。地中海インテリアには以下の5つの特徴があります。

1-1. 基調はホワイト

地中海インテリアといえば爽やかなブルーとホワイトをイメージする方が多い傾向にありますが、実はブルーはアクセントとして使います。ホワイトを基調とし、広々とした空間を目指しましょう。

壁や床、天井、家具など面積の大きい部分にホワイトを取り入れることをおすすめします。

1-2. グラデーションを使用

地中海インテリアはグラデーションをよく使用するのも特徴として挙げられます。特にブルーのグラデーションは地中海のイメージにぴったりです。レースカーテンやクッションの柄にはグラデーションを取り入れてみても良いでしょう。

また、アイテムごとに色味を変えて、全体でグラデーションをつくるのもおすすめです。

1-3. 木製家具が多い

地中海インテリアは木製家具を多く取り入れるのも特徴です。木のテーブルや棚など温かみのある質感を感じられるようにコーディネートしてみましょう。木製家具は素材にどんな木が使われているかで雰囲気も異なります。

やわらかいイメージをつくりたい場合はウォールナットやオークなどの素材を選びましょう。

1-4. ハッキリとしたコントラスト

「ブルー×ホワイト」や「ブラウン×ホワイト」などハッキリとしたコントラストがあるのも地中海インテリアの魅力です。

ハッキリとしたコントラストは空間にメリハリをつけてくれるため、よりおしゃれな空間に仕上がります。全体の配色バランスを考えながらまとまりのある空間をつくっていきましょう。

1-5. 開放感のある演出

地中海のように広々とした演出をするのも特徴です。家具の脚は床が見えるように細いデザインを取り入れたりアイテムの数を少なくしたりと開放感が出る工夫をしていきましょう。

グリーンとの相性も良いため、観葉植物を窓際に飾るのもおすすめです。落ち着く空間になるように試行錯誤してみましょう。

スポンサーリンク

2. 地中海インテリアのポイント

ここからは地中海インテリアをコーディネートする際のポイントをご紹介します。注意点を押さえて、失敗しないインテリアを目指しましょう。

2-1. ブルーを多く入れ過ぎない

まず、地中海インテリアはホワイトとブルーが特徴ですが、ブルーを入れ過ぎてしまうと、寒々しい印象になってしまいます。ブルーはあくまでもアクセントカラーとしてクッションやカーテンなどの一部分に取り入れるようにしましょう。

ブルーが多過ぎてバランスが悪くなってしまったときはグリーンなどを取り入れて調節することをおすすめします。

2-2. 高級感よりナチュラルを意識する

地中海インテリアは高級感よりナチュラルを優先してコーディネートすることもポイントです。

インテリアをコーディネートするとき、おしゃれな雰囲気をつくろうとして、高価なものや煌びやかなものを選びがちですが、地中海インテリアでは自然を意識してみましょう。空や海、木などをイメージして広大な雰囲気をつくってみてください。

2-3. 余白をつくる

地中海インテリアは開放感が特徴です。そのため、床の余白を残す意識をしましょう。床が見える面積が大きくなるように家具の数を限定したり色をまとめたりしてみることをおすすめします。

ドアから見たときの印象を参考にインテリアコーディネートをしてみましょう。インテリアを選ぶ際は動線なども考えると暮らしやすい空間になりますよ。

2-4. 海をモチーフにしたアイテムを取り入れる

地中海の雰囲気を感じるためには海をモチーフにした雑貨を取り入れることをおすすめします。流木やヒトデなど海を連想させるアイテムを積極的に取り入れてみましょう。

雑貨を探すのが難しいという場合はカーテンやクッションなどのファブリックの柄に海のモチーフを取り入れてみると雰囲気がつくれます。

スポンサーリンク

3. 地中海インテリアにおすすめしたいアイテム

最後に地中海インテリアにおすすめのアイテムをご紹介します。インテリアに迷った時はぜひ参考にしてみてください。

3-1. モロッコタイル

モロッコタイルを取り入れると、ブルーインテリアとはひと味違った雰囲気が出せます。ただ、主張の強い柄であるため、使い過ぎるとごちゃついた印象になってしまう場合があるでしょう。キッチンや洗面台など水回りの壁の一部に使用することをおすすめします。

他のアイテムとのバランスを見ながらコーディネートしていきましょう。

3-2. ブルーの花瓶

ブルーの要素をどこに取り入れようか迷っている方はブルーの花瓶を置いてみましょう。ブルーの色味によって、雰囲気がガラリと変わるため、つくりたい雰囲気に合わせて選ぶことをおすすめします。

爽やかな雰囲気にしたい場合は水色、大人っぽい雰囲気にしたい場合は濃いめのブルーが良いでしょう。

3-3. ホワイトのラグ

地中海インテリアはホワイトを基調としているため、床もホワイトの部分が多い方が良いでしょう。そこで活躍するのがホワイトのラグです。柄はなるべく取り入れずにシンプルなものを選ぶことをおすすめします。

もしも、柄を取り入れたい場合は、黒い線の入ったダイヤパターンやモロッカン柄などが良いでしょう。

3-4. 木製のローテーブル

一般的なダイニングテーブルを狭いお部屋に置いてしまうと圧迫感が出てしまいますが、ローテーブルであれば空間に余白をつくることができます。ローテーブルを選ぶ際は木の質感なども考慮することで、よりおしゃれな地中海インテリアが完成するでしょう。

カジュアルな雰囲気をつくりたいときはライトトーンの家具を選んでくださいね。

3-5. アンティークなチェスト

落ち着いた地中海インテリアにはアンティークのチェストがおすすめです。

特に猫脚が付いている家具は地中海インテリアにもよく馴染むため、チェストの他、チェアやテレビボードに取り入れてみると良いでしょう。家具の色を選ぶ際は全体のバランスを考慮しますが、地中海インテリアはホワイトが無難です。

スポンサーリンク

4. まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は地中海インテリアについてご紹介しました。地中海インテリアはホワイトを基調とし、ブルーをアクセントにコーディネートしてつくります。装飾は自然な雰囲気が演出できるアイテムを取り入れると良いでしょう。

特にグリーンや木製家具は地中海インテリアを構成する重要な要素です。上手にコーディネートできるように家具や雑貨を選ぶ際は、最終的なイメージを明確にしてから決めていきましょう。

最終的なイメージがハッキリしていると、アイテム選びもスムーズにでき、効率良く理想のインテリアがつくれます。