自宅に黄色のインテリアを取り入れるメリットと注意点をご紹介!

インテリア
この記事は約6分で読めます。

黄色をインテリアに取り入れると、明るい雰囲気がつくれますが、よく考えてコーディネートしないと失敗してしまう可能性があります。おしゃれな雰囲気をつくるためにも色の効果を知っておきましょう。今回は黄色がインテリアに与える影響やおすすめのアイテムをご紹介していきます。

自宅に黄色のインテリアを取り入れようと考えている方や陽気な雰囲気のお部屋に憧れている方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1. 黄色をインテリアに取り入れるメリット

インテリアコーディネートのコツをご紹介する前に、まずは黄色の魅力を知っておきましょう。以下では、黄色のアイテムを自宅のインテリアに取り入れるメリットを5つご紹介します。

それぞれの特徴を理解し、自身の部屋づくりに役立てていきましょう。

1-1. 明るい空間になる

黄色は光を連想させる色味であるため、お部屋に取り入れることで明るい空間を実現できます。

また、それだけでなく心も前向きにしてくれるため、より充実した暮らしができるでしょう。リビングのカーテンなどに黄色を取り入れる方も多く、さまざまな場面で活用されています。

1-2. 幸福感をもたらす

黄色のアイテムは見ているだけで気分も明るくなるため、幸福感を与えてくれるとも言われています。お部屋に黄色のアイテムがあるだけで優しい雰囲気に包まれるでしょう。

日当たりの良くないお部屋や狭い空間でも開放的な気分にさせてくれるため、積極的に取り入れていくことをおすすめします。

1-3. 華やかな雰囲気が楽しめる

黄色はオレンジやレッドなど温かみのある色と組み合わせることで華やかな空間をつくることができます。また、モノトーンとの相性も良いため、グレーなどのソファに黄色のクッションを置くなど華やかさをプラスすることも可能です。

何か物足りなさを感じたら、黄色のアイテムを取り入れて、空間にメリハリを付けてみましょう。

1-4. 個性的な空間がつくれる

黄色は個性的な色でもあるため、オリジナリティ溢れる空間をつくりたい方におすすめです。お部屋のワンポイントとしてあらゆる場面で活躍するでしょう。ナチュラルな空間からモダンな空間までコーディネートできる幅が広いのも特徴です。

お好きなスタイルと合わせて上手にコーディネートしていきましょう。

1-5. 金運上昇を期待できる

黄色は金運上昇に効果があるとも言われています。特に西は金運を呼び寄せる方角であるため、西側の窓には黄色のカーテンを設置するなど運勢を意識したコーディネートもおすすめです。

ビビットカラーよりかは淡いトーンの方が金運の呼びやすいと言われているため、パステルイエローのような優しい色合いのものを選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

2. インテリアに黄色を取り入れる際の注意点

黄色をインテリアに取り入れるメリットが分かったところで、今度はデメリットとなる部分を見ていきましょう。黄色を自宅の家具やファブリックに取り入れる際は以下のことに注意することをおすすめします。

2-1. 明る過ぎてしまう

まず、黄色は使用する面積が多過ぎると眩しく感じてしまう場合があります。合わせる家具によっては悪目立ちしてしまうことがあるため、配色バランスを意識したコーディネートを心掛けましょう。

ただ、黄色は食欲促進効果があるため、リビングのカーテンにはおすすめです。お部屋の使用目的に合わせたコーディネートを考えることをおすすめします。

2-2. シンプル過ぎる

無地の淡い黄色はシンプル過ぎるため、コーディネートの仕方によっては物足りなさを感じてしまうかもしれません。

ただ、最近ではレモンのようなフレッシュな黄色やクリームイエローなどさまざまな種類のインテリア商品が流通しているため、お部屋の雰囲気に合うように個性をプラスしてみると良いでしょう。柄にこだわってみるのもおすすめです。

2-3. 汚れが目立つ

黄色は汚れが付いた時に目立つのがデメリットです。特にカビや色染みは不衛生に感じてしまうため、交換しなければなりません。その都度、費用も嵩みます。汚れが付きやすいキッチンなどは黄色のカーテンが向いないでしょう。

それでも黄色のカーテンを使用したい場合は防汚機能の付いたカーテンを選ぶことをおすすめします。

2-4. 寝室には不向き

黄色は明るい印象を与えるため、休むことが目的の寝室に取り入れるのはあまりおすすめしません。

寝室に黄色のアイテムを撮りおれたい場合はクッションや小さめのラグなどに限定しましょう。メインとして使うよりかはアクセント程度に取り入れることをおすすめします。

スポンサーリンク

3. 黄色を取り入れると良いインテリア

最後におすすめの黄色インテリアを5つご紹介します。コーディネートのポイントを押さえて、自宅づくりに役立ててみてください。

3-1. クッション

カラフルな空間をつくりたい場合はクッションに黄色を取り入れることをおすすめします。クッションはソファやベッドなどあらゆる場面で活用できるため、いくつか自宅に置いておくと良いでしょう。

全体のバランスを考えながら、その他の色味も取り入れてみてください。グレーやホワイトなどが人気の組み合わせです。

3-2. カーテン

黄色のカーテンはお部屋を明るくするため、リビングや子供部屋などにおすすめです。

しかし、そこまで大胆に色ものを使いたくないという場合はカーテンの柄の一部に黄色を取り入れてみましょう。黄色は北欧デザインや幾何学模様などさまざまなスタイルで取り入れられているため、お部屋の雰囲気に合わせてコーディネートしてみてください。

3-3. ソファ

ソファに黄色を取り入れるのもおすすめです。派手過ぎるのは避けたいという場合は彩度を抑えた色味のものを選ぶと良いでしょう。

ブルーやブラックなど引き締まった色と合わせることで、メリハリの付いた空間が完成します。家具を購入する際は、全体のイメージを明確にしてから決めましょう。

3-4. ラグ

黄色のラグはお部屋に明るさと開放感を与えてくれます。

また、空間を区切る役割も担っているため、リビングやダイニングなどに敷いておくと良いでしょう。陽気な雰囲気の中、食事を楽しむことができるはずです。間取りによってはダイニングまで日が差し込んで来ない場合もあるため、黄色のラグが重宝します。

3-5. クロス

アクセントクロスとして黄色を取り入れるのもおすすめです。壁の一部に黄色を取り入れることで、お部屋の雰囲気がガラリと変化します。大胆な模様替えをしたい時は思い切って、壁紙を張り替えてみましょう。

アクセントクロスが黄色の場合は、家具はなるべくシンプルなものを選び、まとまりのある空間を意識してみてください。

スポンサーリンク

4. まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、インテリアに黄色を取り入れるメリットやデメリット、コーディネートのコツなどをご紹介しました。

黄色は見ているだけで明るくなる色味です。カーテンやソファ、クッションなどに取り入れて開放的な空間をつくりましょう。インテリアをコーディネートする際はまず、全体のイメージを思い描き、どのような空間にしたいか把握することが大切です。ゴールをハッキリさせ、インテリアを上手に配置していきましょう。

黄色はコーディネートを工夫すれば、ナチュラルな雰囲気にも上品な雰囲気にもなります。ぜひ試してみてください。