ナチュラルブラウンの床に合うインテリアとは?注意点もご紹介!

インテリア
この記事は約6分で読めます。

お部屋の中でも床は占める割合が大きく、色が違うだけで印象が大きく変化します。賃貸に住む場合、床の色はすでに決まっていることが多く、選ぶ物件によっては持っている家具が合わない場合も。

家具を新しく購入するのは勿体無いという方は持っている家具に合わせてお部屋を選んでいくことをおすすめします。

今回は、ナチュラルブラウンの床に合うインテリアをご紹介します。持っている家具と合っているか確かめてみましょう。

スポンサーリンク

1. ナチュラルブラウンの床であるメリット

ナチュラルブラウンの床は明るい雰囲気が特徴で、自然な雰囲気が楽しめます。まずは、床にナチュラルブラウンを取り入れるメリットをご紹介します。

1-1. 落ち着いた印象になる

ナチュラルブラウンは落ち着いた雰囲気がつくりやすく、開放的な空間に仕上がります。自然素材のものを多く取り入れることで、よりナチュラルな雰囲気を感じることができますよ。インテリアを考える際はどんな雰囲気のお部屋で過ごしたいのか具体的に考えてみると良いでしょう。

1-2. 汚れが目立たない

ナチュラルブラウンの床は汚れが目立ちにくいメリットもあります。ホワイトの床では髪の毛が目立つし、ブラックの床ではホコリが目立つため、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ナチュラルブラウンの床であれば、食べこぼしでできた汚れややホコリなども気にならないため、生活もより快適なものになるでしょう。ただ、汚れやホコリが目立たない分、定期的なお手入れは必要です。

1-3. 自然な雰囲気が楽しめる

ナチュラルブラウンの床には植物がよく馴染みます。インテリアコーディネートに仕方によっては、開放的な空間をつくれるでしょう。お部屋の向きや間取りに合わせて、理想的なお部屋をコーディネートしてみましょう。

1-4. あらゆるスタイルに合わせられる

馴染むインテリアスタイルが多いのもナチュラルブラウンの特徴です。自然素材が特徴のナチュラルスタイルや北欧スタイルを始め、モダンスタイルやカントリースタイルなどさまざまな雰囲気を楽しめます。好みに合わせて、インテリアを組み合わせてみましょう。

スポンサーリンク

2. ナチュラルブラウンの床に合うインテリアの色

ナチュラルブラウンの床にはさまざまなメリットがあります。では、一体どんなインテリアを合わせれば良いのでしょうか。おすすめのインテリアカラーをご紹介します。家具やカーテンを選ぶ際の参考にしてみてください。

2-1. ミドルブラウン

まず初めにご紹介するのは、ミドルブラウンです。名前にミドルとついているため、ダークブラウンとライトブラウンの中間のような色をイメージすると良いでしょう。

ミドルブラウンのインテリアはほっこりとした温かみを感じることができ、全体的にまとまりのある空間をつくることが可能です。

平坦な印象になり過ぎないように、カーテンやクッションなどのファブリックの柄にはこだわりましょう。ブラックを取り入れると、空間が引き締まります。

2-2. ダークブラウン

ナチュラルブラウンの床とダークブラウンの家具の組み合わせはさまざまな場面で活用されています。ダークブラウンは重厚感があるため、メリハリの効いた空間を演出することが可能です。

家具に目線が行く色味でもあるため、家具のデザインを目立たせたい場合にもおすすめです。用途に合わせてインテリアの色を決めていきましょう。

2-3. ホワイト

ナチュラルブラウンの床には明るいホワイト系のインテリアも良く馴染みます。全体的に軽い印象になるため、アートやグリーンなどでアクセントを付けましょう。窓が大きいお部屋や日当たりの良いお部屋にホワイトインテリアを取り入れると、より開放的な空間が楽しめます。

2-4. ブラック

大人っぽいシックな印象を与えたい方はブラックを多く取り入れてみましょう。テーブルやテレビボードなど大きな家具がダーク系の色だと、空間もグッと引き締まります。

ただ、何も考えずに暗い色を多用してしまうと、窮屈な印象になってしまいます。ブラックの他にホワイトやグレーを足して、モノトーン配色になるように意識してみましょう。

※ 参考記事: 「インテリアにブラックを取り入れるメリット・デメリットは何?

2-5. オレンジ

ナチュラルブラウンの床にはオレンジのような鮮やかな色が映えます。ソファや椅子のクッションなどに取り入れてみると良いでしょう。インテリアの色を決める際は、色のイメージをある程度把握しておくことをおすすめします。

色から連想される雰囲気が分かれば、使用用途に合わせて、スムーズにコーディネートできるはずです。特にリビングは家族が集まる空間であるため、温かみや元気を与える明るい色がおすすめです。

スポンサーリンク

3. ナチュラルブラウンの床にインテリアを合わせる際の注意点

最後にナチュラルブラウンの床にインテリアをコーディネートする際の注意点をご紹介します。家具や雑貨を決めるときの参考にしてみましょう。

3-1. 事前に家具の色を決めておく

床の色が決まっている場合はインテリアのレイアウトを考える前に、まず持っている家具やこれから購入する予定の家具の色を把握しておきましょう。全体のカラーバランスを把握しておくことで、チグハグな雰囲気になるのを防げます。具体的な全体像を掴むことがおしゃれなインテリアをつくるコツです。

3-2. カラーコーディネートのバランスを守る

お部屋のインテリアコーディネートをする際に知っておきたいのが、最適なカラーバランスです。住宅のカラーはベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーの3色に分けられ、それぞれ70%・25%・5%の割合で配色します。

床の色が変えられない場合は、他の2色のバランスを工夫することで、おしゃれな雰囲気がつくれるでしょう。家具や雑貨のバランスを考えながら、コーディネートしていきましょう。

3-3. 素材にも統一性を持たせる

色のバランスを上手に組めたら、今度は素材にも注目していきましょう。インテリアは木や金属、ガラスなどさまざまな素材でつくられています。素材がバラバラだと、空間の雰囲気もごちゃついた印象になってしまうため、統一感が大切です。

インテリアの大きさや形に合わせて、まとまりのある空間を目指しましょう。

3-4. インテリアのサイズは正確に測る

おしゃれなインテリアをつくる秘訣はまだまだたくさんあります。その一つはサイズをしっかり測ることです。インテリアの正しいサイズを測らずに見た目だけで判断してしまうと、自宅に取り入れた際に思っていたイメージと違ってきてしまう場合もあります。

特に、前から持っている家具を新居にも持っていく際は、デザインや幅間が合うかしっかりと確かめましょう。新居に持っていく前にサイズを測っておくことをおすすめします。

3-5. 物で確認してから購入する

最近では、インターネットでもインテリアが気軽に購入できます。インターネットを経由して商品を購入する場合は、サンプルをより寄せるようにしましょう

。実物を確かめられるようなら、実際に店舗に足を運び、使い心地や色味を確認してみることをおすすめします。購入後に自宅と合わないということがないように入念に確かめましょう。

スポンサーリンク

4. まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は自宅がナチュラルブラウンの床であるメリットやおすすめのインテリアをご紹介しました。

ナチュラルブラウンは明るい印象をつくりやすく、リビングや寝室、書斎などあらゆる場面で活用できます。ぜひ好みに合わせて、お気に入りのインテリアを取り入れてみてください。