白い部屋に合うインテリアとは?組み合わせに適した色も解説!

インテリア
この記事は約7分で読めます。

白は「清らかさ」や「希望」を感じる色合いで、住宅においても人気があります。部屋を白でまとめ、おしゃれな雰囲気をつくりたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

白い部屋にはたくさんの魅力が詰まっていますが、デメリットについても把握しておかないと、コーディネートしてから後悔してしまう可能性もあるため注意が必要です。そこで今回は、白い部屋の特徴や組み合わせにおすすめの色などをご紹介していきます。

白い部屋に憧れている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1. 白い部屋の魅力

白い部屋にはどんな魅力があるでしょうか。以下では代表的な5つのメリットをご紹介していきます。

それぞれの特徴を理解し、自宅のコーディネートに役立ててみてください。

1-1. 明るい空間がつくれる

白は光の反射率が高く、部屋全体を明るくする効果があります。北向きのお部屋や日当たりの悪いお部屋でも比較的明るい空間をつくれるため、過ごしやすい空間になることでしょう。

特にリビングは家の中心で、家族が集まる場所です。明るい空間が演出できるようにインテリアを白でまとめてみましょう。

1-2. 開放的な気持ちになる

白は膨張色でもあります。そのため、空間を広く見せる効果があり、開放的な空間が演出可能です。面積が狭い空間でも圧迫感がなく、広々としたコーディネートができます。

特に部屋を印象付ける大きな家具やファブリックは白でまとめると良いでしょう。開放感のある空間で気持ち良く過ごしてみてください。

1-3. 清潔感を与えられる

清潔感を与えられるのも白の特徴です。清潔感が重要になるサニタリールームにもおすすめの色で、汚れのない清らかなイメージを与えてくれます。しかし、白は汚れが目立ちやすい色でもあり、お手入れを怠ると汚いイメージが付いてしまうでしょう。

定期的にメンテナンスを行い、清潔感を保つ努力をすることが大切です。

1-4. 季節を問わない

青は涼しげなイメージがあるため夏向け、オレンジは温かみがあるため冬向けなど色によっておすすめの季節があります。しかし、白はどんな季節にも合わせやすいため、1年中使用できるところがメリットです。

合わせる色味によってさまざまな雰囲気がつくれるため、ぜひお好きなイメージでコーディネートしてみてください。

1-5. 他の色と組み合わせやすい

白は無彩色で主張が少ない色です。どのような色であっても相性が良く、組み合わせもあらゆるパターンが考えられます。ナチュラルな雰囲気からモダンな雰囲気までさまざまなスタイルが可能です。

空間のアクセントにもなるため、色の役割を決めて上手に配色してみましょう。

スポンサーリンク

2. 白い部屋に組み合わせるインテリアの色

白い部屋の魅力が分かったところで、今度は白と組み合わせる色をご紹介していきます。さまざまな雰囲気がつくれる色だからこそ配色に何色を使うかが重要です。

イメージに合わせて組み合わせる色を選んでいきましょう。以下は、その中でも特におすすめな5色です。

2-1. ブラウン

ナチュラルな雰囲気をつくりたい場合は、ブラウンを組み合わせてみましょう。ブラウンは自然界にも多いため、馴染み深く、落ち着いた印象をつくれるはずです。

テーブルや棚など存在感のある家具にブラウンを取り入れることで、メリハリの付いた空間が演出できます。また、ブラウン系の色であるベージュもおすすめで、優しい雰囲気がつくれるでしょう。

※ 参考記事: 「ベージュインテリアの魅力とは?上手にコーディネートするコツを解説!

2-2. グレー

モダンな印象をつくりたい場合は、シックなイメージのグレーを使用することをおすすめします。ソファやカーテンなどファブリックの中でも比較的大きなインテリアに取り入れると、洗練されたイメージが付くでしょう。

白とグレーだけでは物足りないという場合には、差し色を入れたりグラデーションを付けたりしてアクセントを入れると、統一感のあるおしゃれな空間になります。

※ 参考記事: 「グレーインテリアとは?魅力やコーディネートのコツをご紹介!

2-3. ブラック

空間にしっかりとメリハリを付けたい場合はブラックもおすすめです。モノトーンの配色でまとめるため、統一感も出せるでしょう。

アイテムの大きさに合わせて何色を使うか考えると、全体的にバランスが取れます。部屋が白でまとめられている場合は、大きな家具にブラックを使用しても重たさはあまり感じられません。

※ 参考記事: 「インテリアにブラックを取り入れるメリット・デメリットは何?

2-4. ピンク

白にピンクを合わせると甘いイメージになります。あまりにも幼さを感じてしまった場合には、敢えてビビットカラーを使用しても良いかもしれません。上品なイメージになり、大人っぽい雰囲気が演出できます。

また、白やピンクと一緒にゴールドを使用すると、高級感のある空間がつくれるでしょう。

※ 参考記事: 「インテリアにピンクを取り入れるメリットとは?注意点も解説!

2-5. ブルー

爽やかな雰囲気にしたいならブルーもおすすめです。しかし、ブルーはトーンによって印象の差が激しいため、つくりたいイメージをしっかり持っておく必要があります。

淡いブルーを使用すると西海岸のようなスタイル、濃いブルーを使用すると地中海のようなスタイルが叶えられるでしょう。

※ 参考記事: 「ブルーインテリアの魅力とは?注意点やおすすめスタイルも解説!
※ 参考記事: 「地中海インテリアにはどんなアイテムが合う?特徴をご紹介!
※ 参考記事: 「西海岸風インテリアの特徴とは?コーディネートのコツをご紹介!
※ 参考記事: 「カリフォルニアインテリアはどうつくる?コツや注意点をご紹介!

スポンサーリンク

3. 白い部屋のインテリアを考える際の注意点

最後に、白い部屋のインテリアで注意していただきたいポイントについてご紹介していきます。

白い部屋はインテリアのコーディネートがしやすくさまざまなスタイルが叶えられますが、何も考えずに家具などを置いてしまうと殺風景な印象になってしまう場合もあるでしょう。以下の注意点を押さえて、賢くコーディネートすることが大切です。

3-1. テイストを決める

白い部屋のコーディネートを進める前に、まずは目指すテイストを決めましょう。一口に「白」といっても、その種類はさまざまです。

モダンに仕上げたいなら純白やオフホワイト、ナチュラルに仕上げたいならアイボリーを選ぶことをおすすめします。白の種類を知って、理想のイメージに合うものを選んでみましょう。

3-2. イメージに合うインテリアを選ぶ

取り入れる白の種類が決まったら、今度はイメージに合わせてインテリアを選んでいきます。その際は、空間の印象を単語で表してみると良いでしょう。

「スタイリッシュ」「カジュアル」「アンティーク」など理想のイメージが具体的に分かると、選ぶべき家具やファブリックの種類も見えてきます。

3-3. 空間にメリハリを付ける

ある程度、家具やインテリアが決まったら、実際に配置して全体のバランスを見てみましょう。色味が偏っている箇所にはアクセントカラーを取り入れるなどメリハリを付けると、空間も引き締まります。

空間にメリハリがないと、全体が明る過ぎて落ち着かなかったり野暮ったいイメージが取れなかったりしてしまうため、理想のイメージとかけ離れてしまうでしょう。

3-4. メンテナンスのしやすさも考える

インテリアをコーディネートする際は、お手入れのしやすさを考えることも重要です。特に白は汚れが目立つため、掃除しやすい家具やファブリックを取り入れましょう。

そのためにも、事前に必要な機能を明確にしておくことが大切です。家族構成やライフスタイルに合わせて必要な機能を洗い出してみましょう。

スポンサーリンク

4. FLIE(フリエ)なら購入した物件のトータルコーディネートサービスが受けられる

新しい住まいを購入した後に揃える家具やインテリア。カッコよく、素敵な家にしたいけど、どんな風にしたら良いのか自信がない。そんな事ありませんか?

FLIEエージェントのサービスは、物件購入のサポートにとどまりません。
リフォームリノベーションのご相談や、インテリアコーディネートのご相談も承っています。

物件を購入して、家具やインテリアのコーディネートをプロに依頼してみる。
インテリアに統一感があれば、よりおしゃれな空間になるはずです。

FLIE(フリエ)ではそんなトータルコーディネートを提案します。

5. まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、白い部屋の魅力や組み合わせにおすすめの色・コーディネートする際の注意点をご紹介しました。インテリアコーディネートは全体像が重要です。

理想のイメージに近づけるように、しっかりと計画していきましょう。