あの街に行ったら、ここへ寄れ Vol.48 【富士見台】麻婆豆腐がウマい町中華と冷えとり雑貨

地元のお店特集
この記事は約3分で読めます。
新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組み
「FLIE magazine」では、スタッフの外出を伴う記事制作の場合、本人の体調管理・手洗い及び消毒・マスクの着用等の感染防止対策を徹底した上で取材を行っております。
また、各地方自治体の要請・地域ごとの感染状況等をふまえて柔軟に対応してまいります。

富士見台(ふじみだい)駅には、西武池袋線と有楽町線の2路線が乗り入れています。
池袋駅からは15分で到着する駅です。

駅周辺には商店街が、駅から5分歩くと住宅地が広がっています。

観光名所はありませんが、地元民に愛される個人店が軒を連ねている、富士見台。
そんな富士見台の、薬膳的なウマさ&激安中華料理店と、冷えとりに特化した天然素材を扱う衣料品店をご紹介します。

スポンサーリンク
任意売却なら「未来改善パートナーズ」

1. 500円で薬膳みたいな激ウマ麻婆豆腐ランチが食べられる町中華「嘉門」

富士見台駅の南口から徒歩5分、千川通りを横断し、たどり着いたのはアカシア通り。
住宅地の真っただ中に中華料理屋を発見しました。

ランチの麻婆豆腐のお値段は、なんと500円。

安ッ!と思わず入店しました。

エビチリや春巻き、坦々麺といった定番中華以外の、意外なメニューもあります。

チキンオムライス(510円)、ラムケーキ(220円)、コーヒー(150円)まで!

中華ランチだけでなく、カフェとしても過ごせそう。

単品もランチメニューも、すべて1,000円以内です。

旨味を感じさせる香りに我慢できず、麻婆豆腐だけ、まずはひと口。

なんだこの、爽やかな辛さは!
山椒のおかげで清涼感がス〜ッと、食道から胃へと通り抜けていきます。
噛み締めると感じるのは、スターアニスやクローブ系のスパイス。

油っこくなくサラッとしていて、薬膳スープを飲んだときのような、心地よさが身体を満たしてくれました。

思いがけず、ワンコインで身体によさそうなものを食べてしまった。

嘉門
〒165-0031 東京都中野区上鷺宮4丁目3−15

スポンサーリンク

2. 肌が弱い方、冷え性の方、ぜひどうぞ「衣料品店 繭結」

富士見台駅の南口から出てすぐの富士見台通りを、西へ5分。

木の看板が目に入り近づいてみると、どうやら天然素材にこだわった、衣類のセレクトショップの様子。

入店すると、優しいハーブの香りに包まれました。

店内の商品は「冷えとり」がテーマになっており、ウール、コットン、シルクの靴下や肌着、寝具が男性物も女性物もそろっています。

店主さんは穏やかな、温かい声音の落ち着いた女性です。
自然とこちらも笑顔になってしまう、素敵な方でした。

冷えとりのコツや、購入した品のお手入れ方法もおしえてくれますよ。

繭結
〒177-0034 東京都練馬区富士見台2丁目1−11

スポンサーリンク

3. 富士見台で「仲介手数料0円」の物件を探すならFLIE(フリエ)

FLIE(フリエ)は、売主と買主が直接取引できるプラットホームです。フリエにはたくさんの物件が掲載されていますが、その物件は全て売主が直接販売している物件です。

フリエを利用すれば売主と直接やり取りできるため、仲介手数料を支払う必要はありません。そのため、物件によっては100万円以上の費用が浮きます。
浮いたお金を予算に回せば予算アップできますし、手持ち資金として残しておくこともできます。

スポンサーリンク

4. まとめ

降車駅としてはあまり馴染みのない富士見台駅ですが、この土地の中で育まれた激安でウマい町中華と、身体を労る天然素材の衣料品店に出会いました。

お近くにくることがあれば、ぜひ下車してみてくださいね。