ブルックリンインテリアの特徴とは?コーディネートのコツも解説!

インテリア
この記事は約7分で読めます。

ブルックリンインテリアはおしゃれな雰囲気で憧れている方も多いのではないでしょうか。自宅でブルックリンの雰囲気を楽しむにはどうしたら良いでしょうか。注意点やコーディネートのコツを押さえて、失敗しないインテリアをつくりましょう。

ブルックリンインテリアをつくりたい方はもちろん、自宅のインテリアスタイルに迷っている方もぜひ参考にしてみてください。おすすめのアイテムもあわせてご紹介していきます。

スポンサーリンク

1. ブルックリンインテリアの特徴

ブルックリンはアメリカのニューヨークにある地域で、工場や倉庫が建ち並ぶ物価の安い工業地区です。1990年代にマンハッタンから移住者や労働者が集まったことで、使われなくなった工業や倉庫をリノベーションして再利用する文化が根付き始めました。

そのため、ブルックリンにはコンクリート剥き出しの壁や仕切りのない開放的な空間など工業的な雰囲気の住宅が多く存在します。

そんなブルックリンインテリアには以下のような特徴があります。それぞれ魅力を見ていきましょう。

1-1. ダークカラー

まず、ブルックリンインテリアはブラックやグレー、ブラウンなどのダークカラーが特徴です。ブルックリンインテリアの配色に迷ったら、ダーク系の色でまとめると良いでしょう。

無機質でクールなイメージになるように全体をコーディネートしてみてください。

1-2. レンガ

ブルックリンインテリアはレンガもよく使われています。レンガは無骨な印象をつくりやすいため、壁に使われることが多いアイテムです。

本物のレンガが使用できない場合は、レンガ調のクロスを壁に貼ると良いでしょう。お部屋の一部だけレンガ調のクロスにすると、空間にメリハリがつき、インパクトのある空間に仕上がります。

1-3. タイル

レンガと同じようにタイルもブルックリンインテリアによく取り入れられているアイテムです。本物のタイルを壁に貼るのが難しい場合は、タイルがプリントされた壁紙を利用しましょう。

無骨な印象を出したい場合はダーク系の色のタイルを選ぶことをおすすめします。明るい雰囲気にしたい場合は、タイルの継ぎ目に使われる目地材をホワイトにすると良いでしょう。

レンガ調のタイルを使うのもおすすめです。
※ 参考記事: 「レンガ調タイルの魅力とは?内装リフォームのポイントをご紹介!

1-4. 無骨な質感

ブルックリンインテリアでは無骨な質感も欠かせません。配線を剥き出しにしたりコンクリート打ちっぱなしにしたりして無機質な印象を演出しましょう。

その際に開放感を意識すると無骨な雰囲気になりやすいため、天井を高くしたり窓の大きなお部屋を選んだり工夫してみてください。

1-5. 重厚感のある素材

ブルックリンインテリアは工業的なデザインが多いため、重厚感も大切にしなければなりません。ドアや窓枠などはスチール素材のものを使用するなど安定感のあるデザインを採用しましょう。

家具を選ぶ際もアンティークなものを集めると、重厚感のある落ち着いた空間がつくれます。

スポンサーリンク

2. ブルックリンインテリアをつくるコツ

続いて、ブルックリンインテリアをコーディネートするときのコツをご紹介します。ポイントを押さえて、失敗しないインテリアを目指しましょう。

2-1. 暗くなり過ぎないように工夫する

ブルックリンスタイルはダークトーンでまとめるため、部屋が暗くなってしまう場合があります。そのような場合はグリーンを取り入れたり照明を明るくしたりして対策しましょう。

暗い空間で過ごしていると、気分も落ちてしまいます。なるべく明るい空間をつくるようにしましょう。

2-2. 小物でアーティスティックな雰囲気に

ブルックリンインテリアは小物選びも重要です。取り入れる雑貨やアートが違うだけで雰囲気もガラリと変化します。

全体的なバランスを考慮して、他のインテリアを邪魔しないアイテムを選ぶようにしましょう。ごちゃついた雰囲気を避けるためには色味の少ない雑貨がおすすめです。

※ 参考記事: 「インテリア小物の選び方とは?おしゃれな飾り方もご紹介!

2-3. アイアン家具を取り入れる

ブルックリンインテリアはアイアン家具が重宝します。木材やレンガと合わせると、味のある雰囲気がつくれるでしょう。テーブルや収納家具などに取り入れてみてください。

ブラックアイアンの家具を選ぶと、引き締まった空間がつくれます。

※ 参考記事: 「アイアンインテリアの魅力とは?コーディネートの注意点も解説!

2-4. 照明はテイストに合わせる

ブルックリンインテリアに合わせる照明はブラックやシルバー、金属シェードのものがおすすめです。

照明はインテリアの中でも特にお部屋の印象を左右するため、慎重に選ぶ必要があります。テイストに合わせてデザインを決めましょう。

スポンサーリンク

3. ブルックリンインテリアで取り入れたいアイテム

最後にブルックリンインテリアにおすすめのアイテムをご紹介します。家具や雑貨をを選ぶ際の参考にしてみてください。

3-1. ヴィンテージウッドのテレビボード

ブルックリンインテリアにはヴィンテージ家具がよく馴染みます。とくにアイアン素材を取り入れたテレビボードは無骨な印象をつくるのにぴったりのアイテムです。重厚感もあるため、味のある雰囲気が演出できるでしょう。

仕切りのないオープンなクローゼットと合わせると、テレビ周りをスッキリ片付けられます。

3-2. ドロワーチェスト

パイン材の天板にマットで重厚なスチールを組み合わせたドロワーチェストもおすすめのアイテムです。現代的なデザインであるため、あらゆる雰囲気に合わせることができます。

ブルックリンインテリアはもちろん、西海岸スタイルにもおすすめのインテリアです。スッキリとした見た目で開放的な空間をつくりやすいでしょう。

3-3. レザースツール

ヴィンテージ感を出すためにレザースツールを取り入れるのもおすすめです。リビングやダイニングを始め、デスク周りや玄関などにも活用できます。落ち着いた印象を出したい場合はナチュラルなブラウンを多く取り入れると良いでしょう。

コーディネートの仕方によってはカフェのようなブルックリンインテリアも叶えられますよ。

3-4. ペンダントライト

ブルックリンインテリアでペンダントライトを使用する際はブラックのシェードを選ぶようにしましょう。重厚感があり、空間にメリハリを付けてくれるはずです。

電球の色は暖色系でまとめると、より雰囲気のある空間がつくれます。暗くなり過ぎないように間接照明などで調節しましょう。

※ ペンダントライトの魅力については、「ペンダントライトの魅力とは?注意点やおすすめ商品もご紹介!」で詳しく解説しています。

3-5. 大ぶりな観葉植物

ブルックリンインテリアと観葉植物の相性は良く、無機質な空間に温かみが生まれます。観葉植物を取り入れる際は、大ぶりなものを選ぶと良いでしょう。雑多な雰囲気がブルックリンの雰囲気によく馴染みます。

※ 参考記事: 「グリーンを身近に感じよう。観葉植物のある暮らしを紹介

植物を育てるのが難しいという場合は、植物柄の壁紙などをアクセントとして取り入れると良いでしょう。

スポンサーリンク

4. FLIE(フリエ)なら購入した物件のトータルコーディネートサービスが受けられる

新しい住まいを購入した後に揃える家具やインテリア。カッコよく、素敵な家にしたいけど、どんな風にしたら良いのか自信がない。そんな事ありませんか?

FLIEエージェントのサービスは、物件購入のサポートにとどまりません。
リフォームリノベーションのご相談や、インテリアコーディネートのご相談も承っています。

物件を購入して、家具やインテリアのコーディネートをプロに依頼してみる。
インテリアに統一感があれば、よりおしゃれな空間になるはずです。

FLIE(フリエ)ではそんなトータルコーディネートを提案します。

5. まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はブルックリンインテリアについてご紹介しました。ブルックリンインテリアは無骨さや重厚感が特徴です。工業的な印象になるため、スタイリッシュでかっこいい空間を目指せます。

しかし、合わせるインテリアを間違えれば、部屋が暗過ぎたりごちゃついたりしてしまいます。失敗を避けるためにも、カラーバランスを考え、色味や素材、テイストなどはある程度合わせるようにしましょう。

グリーンはブルックリンインテリアを調和させるアイテムであるため、コーディネートに困ったら、随所に観葉植物を取り入れてみることをおすすめします。