ダイニングキッチンをおしゃれにする方法は?注意点も解説!

インテリア
この記事は約6分で読めます。

ダイニングキッチンは、日常生活で欠かせない空間です。過ごしやすくするためにはインテリアを工夫する必要がありますが、どのようなコーディネートが適しているでしょうか。

今回は、ダイニングキッチンをおしゃれにする方法やおすすめのアイテム・コーディネートの注意点をご紹介していきます。ダイニングキッチンのコーディネートに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
任意売却なら「未来改善パートナーズ」

1. ダイニングキッチンをおしゃれにする方法

ダイニングキッチンをおしゃれにするには、以下の方法を試してみることをおすすめします。ダイニングキッチンの過ごしやすさが変われば、日常生活も充実してくるはずです。

ダイニングキッチンをコーディネートする際に役立ててみてください。

1-1. インテリアスタイルをハッキリさせる

おしゃれなダイニングキッチンをつくるためには、つくりたいインテリアスタイルをハッキリさせることが大切です。キッチンがリビングやダイニングと同じ空間にある場合は、その部屋とテイストを合わせることをおすすめします。

また、キッチンにはたくさんのアイテムが収納されているため、メインとなるカラーを1〜2色決めておくと良いでしょう。

1-2. 見せる収納と隠す収納を分ける

おしゃれなダイニングキッチンにするためには、見せる収納と隠す収納を分けることをおすすめします。特に見せる収納は部屋の印象を大きく左右させるため、客観的に全体を見てコーディネートすることが大切です。

一度写真を撮ってみると、全体の雰囲気が把握できます。

1-3. 抜け感を大切にする

抜け感を意識するのも、おしゃれなダイニングキッチンをつくる方法です。抜け感とは、上方向の視界が広く見えて開放的に感じることを指します。

高さの低いダイニングテーブルなどを設置すると、視界が開けて広く見えるでしょう。キッチンからダイニングテーブルが見えないようにレイアウトすると、開放感のある空間を演出できます。

1-4. グリーンを飾る

おしゃれなダイニングキッチンにしたいなら、グリーンを飾ることをおすすめします。キッチンカウンターなどに小さめの植物を飾ることで、スッキリと片付いた空間を演出できるはずです。

また、キッチンに水耕栽培などで育てられるハーブやミニ野菜を置くのも良いでしょう。おしゃれなパッケージも多いため、キッチンのインテリア性を上げられます。

※ 参考記事: 「ハーブを水耕栽培するメリットは?デメリットやおすすめの種類も解説!

1-5. 見える床面積を増やす

開放的なダイニングキッチンにしたい場合は、見える床面積を増やすことが大切です。ダイニングテーブルを置いた際の床は家具の3分の1が理想と言われています。

狭い空間の場合は、椅子の形や大きさも工夫が必要です。リビングやダイニングキッチンが狭いと感じたら、余白をつくることを意識してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

2. ダイニングキッチンをおしゃれにするアイテム

続いて、ダイニングキッチンをおしゃれにするアイテムをご紹介していきます。ダイニングキッチンにおすすめのアイテムは、以下の5つです。

それぞれ特徴を見ていきましょう。

2-1. キッチンワゴン

ダイニング周りに収納スペースが足りない場合は、簡単に移動できるキッチンワゴンが役立ちます。食事が済んだら部屋の隅に片付けておけるため、狭いダイニングにもおすすめです。

事前にしまうものを決めておくと、最適な商品を決めやすくなります。食器や調味料など収納するものを把握しておきましょう。

2-2. ウォールシェルフ

ウォールシェルフは、壁付けできる棚です。床空間を使わずに収納スペースを増やせるため、ディスプレイ感覚でアイテムを収納できます。

ピンで取り付けられるタイプもあるため、賃貸にお住まいの方にも安心です。キッチンやダイニングの壁と合わせてデザインを決めていきましょう。

2-3. 丸テーブル

ダイニングキッチンを省スペースに活用したいなら、丸テーブルを設置することをおすすめします。一般的なテーブルより幅を取らないため、余白をしっかりと残せるでしょう。

チェアも詰めて配置できるため、部屋全体がスッキリします。壁際にレイアウトすれば動線もスムーズに確保できるでしょう。

2-4. アイアン脚のチェア

家具の大きさはそのままに、デザインでおしゃれさを演出することも可能です。アイアン脚のチェアを導入すれば、カフェのようなおしゃれな空間がつくれるでしょう。

家族が多い方は、背もたれのないベンチソファもおすすめです。圧迫感がなく、お子さんとも一緒に座れます。

2-5. テーブルラック

テーブルラックは、ダイニングテーブルの天板に引っ掛けて使うタイプの収納です。リモコン・カトラリーケース・仕事道具などさまざまなアイテムを収納できます。

引き出しタイプが一般的で、出し入れも容易です。ダイニングキッチンの収納スペースに困っている方は、ぜひテーブルラックを導入してみてください。

スポンサーリンク

3. ダイニングキッチンをおしゃれにする際の注意点

最後に、ダイニングキッチンをおしゃれにするためのポイントを4つご紹介していきます。インテリア初心者でも以下の注意点を事前に押さえておけば、より快適な空間がつくれるはずです。

3-1. 家事動線を意識する

ダイニングキッチンのコーディネートでは、家事動線を意識することが重要です。横長タイプは家族とのコミュニケーションが取りやすく、縦長タイプはプライバシー性が高い特徴があります。

他にもL字タイプのダイニングキッチンがあるため、それぞれの用途に合わせて検討してみましょう。

3-2. ダイニングへの水跳ねも考慮する

ダイニングキッチンの配置を考える際は、水跳ねも考慮することが重要です。特にキッチンにダイニングテーブルを横付けすると、シンクの水がダイニングテーブルまで跳ねることがあります。

水跳ねが気になるなら、キッチン周りに壁があるようなタイプを選びましょう。腰壁なら目線を遮ることがないため、圧迫感も気になりません。

3-3. 色のイメージを知っておく

ダイニングキッチンをおしゃれにしたいなら、色のイメージを把握しておくことも重要なポイントです。落ち着いた雰囲気をつくりたいなら、ブラウン系やグリーン系・ブルー系のインテリアを取り入れると良いでしょう。

明るい雰囲気にしたい場合は、イエローやオレンジを配色してみることをおすすめします。

3-4. 窓やドアの位置を確認してから家具を配置する

ダイニングキッチンで家具を配置する際は、事前に窓やドアの位置を確認しておきましょう。動線をスムーズにするためにも、ドアや窓の近くには家具を置かないことが大切です。

特にドア近くに設置する家具はシンプルで統一感のあるデザインを心掛けましょう。

スポンサーリンク

4. まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ダイニングキッチンをおしゃれにする方法やおすすめのアイテム・コーディネートの注意点をご紹介してきました。ダイニングキッチンは抜け感を大切にしたりグリーンを飾ったりすることで、インテリア性を上げられます。

コーディネートの際は、家事動線やダイニングの水跳ねも意識すると、より快適な空間が演出できるでしょう。