カフェ風インテリアの作り方とは?相性の良いスタイルもご紹介!

インテリア
この記事は約6分で読めます。

カフェのようなおしゃれなインテリアを自宅でも楽しみたいと考えている方は多いでしょう。カフェ風インテリアはどのようにつくれば良いのでしょうか。

今回は、カフェ風インテリアの特徴やコーディネートのコツ、掛け合わせたいスタイルなどをご紹介します。カフェ風インテリアに興味がある方はもちろん、開放的な空間をつくりたい方はぜひ挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク

1. カフェ風インテリアの特徴

カフェ風インテリアのコーディネート方法を見ていく前にまずは、カフェ風インテリアの特徴をご紹介します。カフェ風インテリアはどのようにしてつくられるのでしょうか。

よく取り入れられているアイテムを見ていきましょう。

1-1. 見せる収納

収納といえば隠すイメージがありますが、カフェ風インテリアでは見せる収納であることがほとんどです。

見せる収納は空間を開放的に使うことができるため、より広々とした空間を楽しめます。リビング収納やキッチン収納は敢えてオープンにして、ディスプレイしてみましょう。物が見えることで出し入れもスムーズに行えますよ。

1-2. カウンターキッチン

カフェ風インテリアでは、カウンターキッチンもよく取り入れられています。キッチンにカウンターがあることで開放的な空間となり、リビングやダイニングとの距離も縮まります。技術があればDIYすることもできるため、工事費用の節約にも繋がるでしょう。

収納スペースとしても利用できるため、あらゆる場面で役立ちます。

1-3. 黒板

黒板を設置すると、一気にカフェ感が強まります。黒板はメモとして使える他、お子さんの遊びスペースとしても活用できます。

ただ、汚れが気になる場合もあるため、そのようなときは黒板シールを使いましょう。壁や棚の一面にシールを貼るだけで、簡単におしゃれな雰囲気がつくれます。

1-4. おしゃれな壁紙

カフェ風インテリアで使用される壁紙は黒板以外にも、レンガ調のものやタイル調のものなどさまざまな種類があります。お部屋の雰囲気に合わせて、おしゃれな壁紙を貼ることもカフェ風インテリアを上手につくるポイントです。

最近では、あらゆるデザインの壁紙が販売されているため、選べる範囲も広がっています。統一性を持って選んでいきましょう。

1-5. たくさんの植物

カフェ風インテリアは植物を多く取り入れるのも特徴です。観葉植物の種類にはさまざまなものがありますが、空間にメリハリを付けたい場合は大きめの植物を置くと良いでしょう。

大ぶりの植物を置くのが難しいという場合は小ぶりの植物を鉢などに入れて飾っておくことをおすすめします。リビングやキッチン、水回りなどあらゆる場所に植物を散りばめてみましょう。

スポンサーリンク

2. カフェ風インテリアをつくるコツ

カフェ風インテリアを自宅でつくる場合は以下の5つのポイントに注意してコーディネートすることをおすすめします。それぞれ注意点やコツをご紹介します。

2-1. 壁にこだわる

カフェ風インテリアをスムーズにつくるためには、まず壁に注目しましょう。

壁はお部屋の中でも面積が大きいため、クロスを張り替えるだけでも印象が大きく変わります。おしゃれなカフェやレストランなどの画像を参考にアクセントクロスを張ってみましょう。

最近は100円ショップでもさまざまな種類のリメイクシートが売られています。気軽に挑戦できるため、DIY初心者でも取り入れやすいのではないでしょうか。

2-2. 照明にこだわる

カフェ風インテリアは照明にこだわることも重要です。

お部屋の照明は一般的なシーリングライトではなく、雰囲気のあるペンダントライトやスタンドライトを置いてみましょう。シェードの形やデザインにこだわるだけでもおしゃれなカフェ風インテリアがつくれます。

特にダイニングテーブルを照らす照明にこだわると良いでしょう。

2-3. 装飾にこだわる

お部屋にアートやタペストリーを飾るのもカフェ風インテリアに近づける方法です。どんな作品を飾れば良いか分からないという場合はモノトーンのアイテムを取り入れてみましょう。モノトーンの装飾はどんなスタイルにも馴染みやすく、綺麗にまとまります。

お部屋のバランスを見て、サイズ感を決めていきましょう。

2-4. 家具にこだわる

カフェ風インテリアでは、家具のどれか一点にこだわると良いでしょう。デザイン性の高いダイニングテーブルやソファなどを置いてみるなどさまざまな工夫ができます。

収納に関しても、素材や色を統一されることで、まとまりのある空間に仕上がります。全体像をイメージしておしゃれな空間をつくってみましょう。

2-5. グリーンにこだわる

カフェ風インテリアにはグリーンが欠かせません。

モンステラやパキラなど存在感のある植物を置けばインパクトのある空間に、ガジュマルやテーブルヤシなど小ぶりな観葉植物を置けば可愛らしい空間に仕上がります。つくりたいイメージに合わせて、お気に入りの植物を置いてみましょう。

最近では、フェイクグリーンも人気が高まっています。

スポンサーリンク

3. カフェ風インテリアで合わせたいスタイル

ここからはカフェ風インテリアで取り入れたいスタイルをご紹介します。カフェ風インテリアはあらゆるスタイルとの掛け合わせが可能です。よりおしゃれな空間をつくるためにもポイントを押さえておきましょう。

3-1. ナチュラルスタイル

ナチュラルスタイルは木の温もりやファブリックの柔らかさを感じられるインテリアです。ベージュやブラウン、ホワイトなどを基調とし、自然素材のアイテムで揃えるのが一般的です。

植物も多く取り入れられており、カフェ風インテリアにも馴染みます。開放感を意識し、広々とした空間を目指しましょう。

3-2. ヴィンテージスタイル

無骨さが特徴のヴィンテージスタイルは金属や革、デニムなどがよく似合います。テーブルやソファなどに活用してみましょう。

木製の家具を選ぶ際はダメージ加工が施されていると、より味のある雰囲気を楽しめます。配色はダークトーンでまとめるのがおすすめです。歴史を感じられるアイテムをたくさん取り入れてみましょう。

3-3. モダンスタイル

モダンスタイルをカフェ風インテリアに合わせる際は、色数を抑えておきましょう。

ホワイトやブラック、グレーなどのモノトーン配色を意識し、シックなイメージをつくりましょう。素材はガラスやメタルのものがおすすめです。アクセントにはブルーやレッドなどを用いると、かっこよくまとまります。

3-4. インダストリアルスタイル

工業的な意味を持つインダストリアルスタイルは、ヴィンテージスタイルとよく似たものでカフェ風インテリアにもよく馴染みます。

コンクリート打ちっぱなしの壁などにおすすめのスタイルです。アクセントにグリーンを使用すると、空間が中和され、よりおしゃれな雰囲気になります。特に垂れ下がるタイプのグリーンはカフェ風インテリアでおすすめのアイテムです。

スポンサーリンク

4. まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はカフェ風インテリアについてご紹介しました。カフェ風インテリアはさまざまなスタイルと相性が良いため、自分なりの空間をつくりやすいでしょう。木製家具やグリーンなどを上手に使い、リラックスできる空間をつくってみてください。

カフェ風インテリアは家具や雑貨だけでなく、壁や照明にもこだわることでより雰囲気のある空間に仕上がります。ポイントを押さえて、上手にコーディネートしてみましょう。