マンションへの引っ越しは挨拶が必要?メリットや手土産をご紹介!

ライフスタイル
この記事は約6分で読めます。

一昔前までは引っ越ししたら「向こう三軒両隣」への挨拶が必須でしたが、近年はそうとも限りません。集合住宅の増加とともに、余計な近所付き合いをしたくないという方も増えています。

しかし、マンションの引っ越しで挨拶を行っておくと、入居後にメリットを得られる可能性があるのも事実です。そこで今回は、マンションで引っ越しの挨拶をするメリットや注意点・おすすめの挨拶品をご紹介していきます。

マンションへの引っ越しで挨拶をするかどうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1. マンションで引っ越しの挨拶をするメリット

マンションへの引っ越しで挨拶をすると、どのようなメリットが得られるのでしょうか。以下では、主な利点を5つご紹介していきます。

状況や家族構成を考慮して挨拶するかどうか検討してみましょう。

1-1. トラブルに発展しにくい

引っ越しの挨拶は、マンショントラブルを防止できるメリットがあります。お互い顔見知りなら、騒音やゴミの出し方など少しのことなら許してもらえるでしょう。

事前にマンションのルールを聞いておくことで、その他の住人に迷惑をかけることもありません。トラブルは一度起きてしまうと、なかなか解決が難しいため、未然に防ぐことが大切です。

1-2. 互いにどんな人か知れる

引っ越しの挨拶をすると、隣や近くに住んでいる方がどんな方か趣味や性格などが把握できます。自分たちの家族構成も伝えておくことで、赤ちゃんの鳴き声や子どもの声など多少のことなら理解してもらえるでしょう。

迷惑をかけそうなことは事前に話しておくと、トラブル防止にも繋がります。

1-3. 災害時に安心

大きな災害が発生したときでも、自治体から避難勧告が発令されない限り、マンションは自宅待機が原則です。このときに近隣の状況を把握しておけば、お互いの安否を確認するなど共済活動がスムーズにできます。

特に小さなお子さんや高齢者は避難が大変になるため、助け合うこともできるでしょう。

1-4. いざという時に助けてくれる

近所同士の助け合いは、災害時だけではありません。普段の生活でも子育てや介護などの手助けができます。

しかし、そこまでの関係になるにはある程度のコミュニケーションが必要です。引っ越しの挨拶をしただけでは家庭内に踏み込めないため、これは気を許した関係のときに得られるメリットとして押さえておきましょう。

1-5. 知り合いが増える

知り合いを増やしたい方は、マンションの引っ越しで挨拶しておくことをおすすめします。引っ越しの挨拶がきっかけで、仲良くなるケースもあるでしょう。

趣味や共通の話題などから徐々に関係を深めておくことが大切です。初めから質問し過ぎると、嫌われる可能性もあります。

スポンサーリンク

2. マンションで引っ越しの挨拶をする際の注意点

続いて、マンションへの引っ越しで挨拶をするときの注意点をご紹介していきます。引っ越しの挨拶でさまざまなメリットを得られますが、ポイントを押さえておかないと失敗する恐れもあるでしょう。

トラブルに発展しないように、慎重な行動を心掛けていく必要があります。

2-1. タイミングに注意する

マンションの引っ越し挨拶をする際は、回る時間帯に注意しましょう。休日の朝早くや平日の夜遅くなどに行ってしまうと、相手の家庭に迷惑がかかってしまいます。

ライフスタイルにもよりますが、挨拶回りはできる限り、平日の午後に行うのが良いでしょう。また、挨拶を行う日にちは、引っ越しの前日がおすすめです。

2-2. 挨拶する場所を把握しておく

引っ越しの挨拶は、上下階と両隣が基本となっています。しかし、建物の構造や入居しているかどうかで変わってきます。

引っ越しの挨拶をする予定の方は、事前に行く場所を把握しておきましょう。ポストや玄関などを見ると、入居しているかどうかが分かるため、前もって確認しておくことが重要です。

2-3. 不在だった場合の対処法を決めておく

住戸によっては、なかなか会えない場合もあります。そのようなときは、手紙で挨拶をするなど不在時の対応も考えておきましょう。

ただ、相手側が他人とコミュニケーションを取りたくないケースもあるため、相手のプライバシーを配慮した上で挨拶を行うことが大切です。そのため、あまり無理をして挨拶するのもおすすめしません。

2-4. あまり長居しない

引っ越しの挨拶では、長居しないことも注意点です。相手にも生活があることを考えて、挨拶に行きましょう。

素性が分からない状態で長居すると、悪い印象を抱かれる恐れもあります。イメージ良く関係を築いていくためにも、挨拶は手短に済ませることが重要です。

2-5. 持っていくものは慎重に選ぶ

基本的に、マンションの引っ越し挨拶では手土産を持参します。何を持っていくかは自由ですが、それらは慎重に選ぶ必要があるでしょう。

マナーが悪いと判断されると、挨拶をしても逆効果となります。引っ越しの挨拶で持っていくものは、相手の生活も考えて選びましょう。

スポンサーリンク

3. マンションの引っ越しで持参する挨拶品

最後に、マンションの引っ越し挨拶で持っていく手土産をご紹介していきます。以下では、おすすめの4品をピックアップしているため、それぞれの魅力を押さえておきましょう。

3-1. お菓子

引っ越しの挨拶でおすすめな手土産として、まず挙げられるのは「お菓子」です。お煎餅やクッキーなど日持ちするものは特に喜ばれるでしょう。

商品を選ぶ際は、誰でも食べられるかアレルギーの原因にはならないか確認することがポイントです。なるべく賞味期限が長いものを選ぶようにしましょう。

3-2. 洗剤

洗剤も引っ越しの手土産としてよく渡されるものです。ただ、香りの強いものは好みが分かれるため、無香料や香りの弱いタイプを選ぶのが良いでしょう。

また、アレルギーがある可能性を考慮して直接肌に触れる石鹸などは避けるのが無難です。1本の量が少ない詰め合わせタイプも人気があります。

3-3. タオル

タオルも引っ越しの挨拶でよく選ばれる手土産です。タオルも好みが分かれますが、なるべく肌触りの良いものを選びましょう。

また、タオルは家にあることが多いため、しまいやすい箱入りタイプがおすすめです。デザインは好き嫌いがあるため、無地か落ち着いた色が良いでしょう。

3-4. お茶

お茶の詰め合わせパックも人気のアイテムです。ご当地のお茶を集めた商品は多くの方に喜ばれています。

お菓子と合わせて渡すと、より好印象を与えられるでしょう。ただ、あまりにも手土産が多いと、逆に気を遣われる可能性があるため注意が必要です。

気持ち程度の量を渡すのが良いでしょう。

スポンサーリンク

4. まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、マンションの引っ越し挨拶で得られるメリットや注意点・おすすめの手土産をご紹介してきました。マンションの引っ越しで挨拶をしておくと、トラブル防止に役立つ他、災害時の助けにもなります。

挨拶に行くタイミングや滞在時間に注意して、好印象を与えましょう。不在だった場合は、手紙などで対処するのが最適です。

何度も家に出向くと、逆効果となる恐れがあるため注意しましょう。手土産を選ぶ際は、相手の生活も考えて最適な商品を選ぶことが大切です。