売主とやりとりできる 仲介手数料不要の新しい不動産情報サイト「FLIE(フリエ)」

住宅ローンの審査に落ちた理由は?落ちないためにポイントをチェック!

住宅ローン・税制
この記事は約6分で読めます。

これから中古マンションを購入しようとしていらっしゃる方の中には、住宅ローンの審査を控えているケースも多いでしょう。一方で、住宅ローンの事前審査は必ずしも通過するものではありません。中には審査に落ちてしまう方もいらっしゃいます。

この記事では、住宅ローンの事前審査になぜ落ちてしまうのか、その理由を解説します。また、審査の際にはどういった点をチェックしているのかも説明していますから、ぜひ参考にしてみてください。

1. 住宅ローンの事前審査に落ちた理由は?

まずは、なぜ住宅ローンに落ちてしまうのか、その理由を解説します。しっかりと理解したうえで適切な対応を取るようにしましょう。

1-1. 信用情報に異動と記載されている

信用情報機関とはローンやクレジットカードなどの申込状況や契約内容、支払い状況などに関する情報のことです。この信用情報を扱うのが信用情報機関です。もしこの信用情報に「異動」という文字が記載されていたらほぼローンの審査には通りません。これは、たとえ大企業に勤めていたとしても、公務員であったとしても同じです。

異動と記載されるのは、クレジットカードやローンの支払いが何ヶ月も遅れている方などが当てはまります。また、クレジットカード、ローン以外にも携帯電話の本体料金の分割払いの遅れも異動と記載される条件となるため注意してください。

なお、異動と記載されている場合、最長で5年間は記載され続けます。そのため、ローンの申込ができるのも最長で5年後となってしまいます。

もし、自分の信用情報が気になる場合は、以下の3つの指定信用情報機関のWebサイトから情報の請求が可能です。

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)

1-2. 消費者金融からの借り入れ

基本的には、消費者金融から借り入れがあったとしても問題はありませんが、場合によっては審査に落ちるケースがあります。

また、中には消費者金融からの借り入れをしていること自体がダメ、という金融機関もあるため注意してください。
なお、過去の借り入れで返済が遅れたことがあるのなら審査に落ちてしまう可能性が高くなるでしょう。これは、先ほど説明した信用情報に異動と掲載されている可能性があるためです。

1-3. 収入と借入額のバランスが悪い

各金融機関では、「年収○万円の方なら×円までならローンの利用ができる」という具合で、具体的な数値を定めています。これを返済負担率と言います。
この返済負担率ギリギリの借入金額を申し込むと審査に落ちる可能性が高くなるため注意が必要です。これは、収入と借入額のバランスが悪く「この方は本当に毎月ローンの返済ができるのか?」と疑われてしまうためです。

また、消費者金融ではなくても、すでに他のローンを利用していらっしゃる方も審査に落ちてしまう可能性があります。具体的には、自動車ローンやリボ払いなどが該当します。すでにローンを利用されている方は、可能であれば住宅ローンの申し込みをする前にローンの一括返済をしておきましょう。

1-4. 雇用形態が正社員以外

ローンの申込条件を見ると「契約社員や派遣社員、アルバイトでも申込可能」と記載されているケースもあります。しかし、実際に正社員以外の雇用形態の方がローンを融資してもらうのはかなり難しいのが現状ですこれらの働き方は雇用が安定しておらず、それに伴い収入が変動することもあるためです。金融機関側は「返済されないのでは?」と考えるため、審査に落ちる可能性が高くなるでしょう。

1-5. 源泉徴収票に歩合給と記載されている

歩合給によって、高収入の方でも、ローンの審査に落ちてしまう可能性があります。これは、歩合給が変動する給与であるためです。そのため、申込の際に提出する源泉徴収票に歩合給と記載されている場合、金融機関は源泉徴収票×直近3年や毎月の給与×2年など、平均値を計算してローンの可否を判断します。その結果、審査に落ちてしまうこともあるでしょう。

1-6. ローンの条件を満たしていない

ローンの申込条件をそもそも満たしていないために審査に落ちてしまう方も中にはいらっしゃいます。具体的にはどういった例があるのか解説します。

1-6-1. 勤続年数の短さ

各金融機関のローンの申込条件を確認すると、「勤続年数○年以上」と記載されていることがほとんどです。もし、この条件を満たしていないにも関わらず申込をすると、高い確率で審査に落ちてしまうでしょう。中には「勤続年数をごまかしてもバレないのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、申込の際に提出する健康保険証の加入日から会社への入社日が確認できるため、ごまかしはできません。

※ 転職したばかりでも住宅ローン審査に通るためのポイントをまとめました。
参考記事: 転職しても住宅ローン審査に通るためには?攻略ポイントを徹底解説

1-6-2. 最低年収未満

金融機関ではローンの申込条件として最低年収を設定しています。最低年収は金融機関によって異なり、基本的には都市銀行よりも地方銀行の方が低く定されています。この最低年収の条件を満たしていないと、ほぼ間違いなく審査に落ちてしまうでしょう。ローンを融資する金融機関にとって、毎月の返済が可能かどうかは、非常に重要な部分です。そのため、特に年収は厳しく審査されると考えておいた方が良いでしょう。

参考記事: 年収300万円でもマンションは買える?住宅ローン審査のポイントとは

2. 審査で金融機関がチェックするポイント

ここでは、ローンの審査の際に金融機関がチェックするポイントを解説します。意外な部分で審査に落ちてしまうケースもあるためぜひ参考にしてみてください。

2-1. 会社員なのに保険証が国民健康保険

ローン審査にあたっては、健康保険証のコピーの提出が必要です。これは、会社員であっても個人事業主であっても同じです。このとき、会社員であるにも関わらず保険証が国民健康保険だと審査に落ちてしまう可能性があります。

会社勤めの場合、社会保険に従業員を加入させることは会社の義務です。そのため、もし加入していない場合、金融機関側は「この方が勤務している会社は危ないのでは?」「この人は正社員ではないのでは?」と考えます。そのため、審査の際には健康保険証がチェックされるのです。

2-2. 勤務先が親の会社かどうか

金融機関は、審査の際に勤務先の会社が申込者の親が経営している会社かどうかをチェックします。親族会社は、審査の際に経営者と同じように見られるために審査が厳しくなります。つまり経営に携わっている=サラリーマンではないとみなされるのです。また、親族会社だと退職金の有無も不明なケースがあるため、金融機関側は、通常通りの審査ができないと考えます。

3. まとめ

今回は、住宅ローンの事前審査に落ちてしまう方の理由を解説しました。審査に落ちる原因は様々です。信用情報に異動と記載されている場合は解除されるまで待つしかありませんが、それ以外の理由で審査に落ちた場合は、希望するローンの金額を下げる、購入する中古マンションを安いものに変更すれば、別の金融機関の審査に通る可能があります。ぜひ今回の内容を参考にローン審査に挑んでみてください。