あの街に行ったら、ここへ寄れ Vol.7 高田馬場のボルシチにピロシキ

地元のお店特集
新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組み
「FLIE magazine」では、スタッフの外出を伴う記事制作の場合、本人の体調管理・手洗い及び消毒・マスクの着用等の感染防止対策を徹底した上で取材を行っております。
また、各地方自治体の要請・地域ごとの感染状況等をふまえて柔軟に対応してまいります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. ボルシチ、ビーフストロガノフ、ピロシキetc…..美味しい本格ロシア料理を食べるならココ! ロシア料理「チャイカ」

ロシア料理といえばボルシチにピロシキ、と知ってはいても、今まで食べる機会はありませんでした。このお店も3階以降の本屋さんに行く際長年気にはなっていましたが、高級そう&中の混み具合、年齢層が分からず入れず終い。今回はランチで混みあう時間から外して14時頃に訪問してみました。

店内は窓が広く取られているので明るく、またアンティーク調の照明でオレンジ色に照らされていて落ち着いています。老舗のレストランの風格ながら、マトリョシカといったロシアの小物が飾られていて可愛らしく、1人でものんびり頂けました。

ややお高めのランチにはなるけれど、ロシア料理のフルコースをこのお値段で食べられるなら、たまの贅沢として許される!と自分に言い聞かせ、トロイカ・ランチを注文。店内に流れるレコードのような風情あるクラシック、美しい歌声に耳を傾けながら、待つこと数分でサラダを頂けました。一品ずつ給仕していただく方式でしたが、店員さんが早すぎず遅すぎない頃合いをうまく計ってくれます。サラダを頂いて一息つくと、なんとも綺麗な色合いのボルシチがやってきました。

温冷選べたので冷たいボルシチをチョイス。コクと甘さがあるのに、さっぱりもしていて不思議なお味。サワークリームを混ぜると味わいが変わって二度おいしい。毎日飲みたいスープです。ピロシキもあつあつうまうま、肉まんの具材よりさっぱりめ。つぼ焼きももっちりとした皮と濃厚過ぎないホワイトソースが絡んで◎。お腹いっぱい!とロシアンティーを啜りながら一休みです。テイクアウトや冷凍品もあるので、家に直帰できるときにぜひ買いたい!

チャイカ
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-26-5 FIビル 2F
スポンサーリンク

2. 日本茶・和雑貨・茶道具・抹茶カフェ、”和”に惹かれる人必見のお店 日本茶専門店「茶のつたや」

創業93年の老舗のお茶屋さんでありながらポップな看板、でも入口が狭い……と、お茶が好きだけど入る勇気がなかったお店です。昼下がりに入ってみると

所狭しと和雑貨・お茶グッズ・茶葉が並んでいて、意外にも奥行のある店内にもびっくりです。奥にはカウンター席もある抹茶カフェがありました。抹茶ソフトは追い抹茶もかけてくれて、濃厚で美味。

茶のつたや
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-17-17
スポンサーリンク

3. 高田馬場で「仲介手数料0円」の物件を探すならFLIE(フリエ)

FLIE(フリエ)は、売主と買主が直接取引できるプラットホームです。フリエにはたくさんの物件が掲載されていますが、その物件は全て売主が直接販売している物件です。

フリエを利用すれば売主と直接やり取りできるため、仲介手数料を支払う必要はありません。そのため、物件によっては100万円以上の費用が浮きます。
浮いたお金を予算に回せば予算アップできますし、手持ち資金として残しておくこともできます。