あの街に行ったら、ここへ寄れ Vol.72【水天宮前】長年愛される庶民の味を堪能!天丼とべったら漬け

地元のお店特集
新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組み
「FLIE magazine」では、スタッフの外出を伴う記事制作の場合、本人の体調管理・手洗い及び消毒・マスクの着用等の感染防止対策を徹底した上で取材を行っております。
また、各地方自治体の要請・地域ごとの感染状況等をふまえて柔軟に対応してまいります。

水天宮前駅は、安産祈願で有名な「水天宮」があり、老舗飲食店が立ち並ぶ風情のある街です。
東京メトロ半蔵門線、日比谷線、都営浅草線が通り、1キロ以内の「人形町」や「浜町」駅も利用可能。また、空港までのリムジンバスが発着する「東京シティエアターミナル」もある、非常に交通の便に優れた場所です。
今回は、そんな水天宮前駅で見つけたお店二件をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. 美味しい天ぷらをリーズナブルに味わえる!水天宮近くの天ぷら屋さん「てん作」

水天宮交差点から歩いて3分ほどの通り沿いに、緑の看板の庶民的な雰囲気の天ぷら屋さんを見つけました。

メニューは、天ぷらとご飯のセットと天丼セットの2パターン。さらにセットに付く小鉢によって、1番から6番まで6種類。シンプルな構成のメニューです。

早速入ってみることにしました。

カウンターのみの店内。厨房ではご夫婦と思われるお店の方がせっせと作業をしていて、とてもアットホームな雰囲気のお店です。11時半ころに入店しましたが、すでに半分席が埋まっています。人気ですね。
外のメニューで見て決めていた、天丼とおしんこのセット(780円)を注文することにしました。
待っている間もカウンターから天ぷらの揚がる良い音がして癒されます。

来ました!綺麗にカラッとあがった天ぷらが美味しそう!お新香がたっぷりなのもうれしいです。
早速いただきます。

天丼は、天ぷらの種類も豊富でボリューム満点。中でも、海老は身がプリっとしていて本当に美味しかったです。
そして、天丼に並ぶほど気に入ったのがお新香。キャベツとしその塩もみときゅうり大根、人参のぬか漬け。塩加減がちょうど良くて最高です。小鉢にたっぷりと入っているため、サラダ感覚で食べられますね。甘い天丼とお新香を交互に食べると、なんとも味のバランスが良くて箸が進みます。
値段もリーズナブルで庶民の味方といった感じのお店。
美味しかったです。ごちそうさまでした。

てん作
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目5−6

スポンサーリンク

2. これぞ老舗の味、「おつけもの・総菜 わしや」

水天宮前駅の地上出口を出てすぐ、人形町通りに面したところに老舗のお漬物屋さんを見つけました。店頭には、「日本橋名物べったら漬」の旗が。これは寄らずにはいられません。

べったら漬けの他にもいろいろな自家製のお漬物が並んでいます。

色々と惹かれましたが、やはりお店一番の名物べったら漬(500円)を買って帰ることに。

甘さの中にちょっと大根の苦みも感じられる味は、ご飯にもお酒のおつまみにもぴったり。ぜひ、皆さんも近くに行った際は立ち寄ってみてください。

わしや
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2丁目3−1

スポンサーリンク

3. 水天宮前で「仲介手数料0円」の物件を探すならFLIE(フリエ)

FLIE(フリエ)は、売主と買主が直接取引できるプラットホームです。フリエにはたくさんの物件が掲載されていますが、その物件は全て売主が直接販売している物件です。

フリエを利用すれば売主と直接やり取りできるため、仲介手数料を支払う必要はありません。そのため、物件によっては100万円以上の費用が浮きます。
浮いたお金を予算に回せば予算アップできますし、手持ち資金として残しておくこともできます。

スポンサーリンク

4. まとめ

歩けば歩くほど、素敵なお店が見つかる水天宮前エリア。人形町もすぐなので、ぜひ皆さんも休日に訪れて散策してみてください。