不動産は売主から直接取引で購入できる!そのメリットとは?

不動産知識

不動産の購入にあたっては、不動産会社を通して取引するのが一般的だと思っている方も多いでしょう。
しかし、売主と直接取引することで購入する方法もあります。どのようなメリットが期待できるかについて、以下にまとめました。

スポンサーリンク

1. 不動産を直接取引することは可能か?

そもそも、不動産の売買を売主と買主が直接取引することによる法的な問題はないのでしょうか?
以下で詳しく見ていきますが、自分の持ち家などを売却する際には誰でも直接取引は可能です。

1-1. 基本的には宅建業の免許が必要

不動産を売買するにあたって、宅地建物取引業という免許が必要です。
誰でも取引できるようになってしまうと、瑕疵のある物件を購入することになりかねません。

深刻な問題を抱えている物件であれば、最悪人命にかかわることにも至りかねないでしょう。
買い手の安全を担保する意味でも、法律や建築に関する専門知識を持ったプロが関わる必要があります。

1-2. 自宅の売却は問題無し

上で紹介した宅建業が必要になる取引とは、不動産を不特定多数に反復して売買する、賃借の代行などです。したがって、個人が自宅を売却する際には、宅建業は必ずしも必要ありません。

不特定多数に売却する行為ではあるものの、1回きりの取引で反復して売買という箇所には該当しないからです。そのため、宅建免許を持っていない個人から直接購入したとしても何ら問題はありません。

スポンサーリンク

2. 売主から直接取引するメリットとは?

売主から直接取引で物件を購入することによって、様々なメリットが期待できます。
下記で詳しく見ていきましょう。

2-1. 仲介手数料が掛からない

売主から直接購入するメリットで最も大きいのは、仲介手数料が発生しない点です。間に不動産会社を入れた場合、売買契約が成立すると、不動産会社に仲介手数料を物件価格とは別に支払わないといけません。

仲介手数料の額は法律で決まっていて、売買価格が400万円を超える場合は、売買価格 × 3% + 6万円が上限です。多くの不動産会社がこの上限いっぱいに仲介手数料を設定していますから、もし3,000万円の住宅を購入した場合、3,000万円 × 3% + 6万円 = 96万円程度の手数料が発生する計算です。
100万円近く余計に支払う必要がないと言われれば、かなりお買い得なイメージがあるでしょう。

※ 仲介手数料については、「中古マンションの仲介手数料とは?支払わなくて良い方法も解説!」で詳しく解説しています。

2-2. 悪質な営業に遭遇するリスクを排除できる

不動産会社の多くはルールに則った営業をしています。
しかし、一方でごく少数ではありますが、悪質な営業をしているところがあるのもまた事実です。
売主と直接不動産の取引をすれば、このような不動産会社が入る余地がないのもメリットの一つ。

悪質な手口は色々ですが、例えばネットに掲載している物件情報が実は存在しない、法律の上限を超えて仲介手数料を不当に請求する、何かと申し込みや契約を急がせるなどがあります。
不動産は高価な買い物ですから、しっかりと見極めて取引をしましょう。

2-3. 自由度が高い

不動産会社に仲介してもらう場合、間に人が立つことによって交渉が煩雑になってしまう恐れがあります。また、交渉に制約が伴う可能性があるなど、様々なデメリットもあります。

しかし、売主から直接購入する場合、交渉も当事者同士で話をするため、双方が納得できれば売買条件の変更も可能です。
例えば、「もう少し安く購入できないか?」といった値引きの交渉にも対応してもらえるかもしれません。そのように柔軟な対応を希望される場合は、直接購入を視野に入れると良いでしょう。

スポンサーリンク

3. インターネットを活用しよう

売主から直接購入するスタイルも模索しているのであれば、インターネットを利用すると良いでしょう。
インターネットで様々な情報を収集すれば、明らかに高い値段で不動産を購入する可能性が低くなるなど、多くのメリットが期待できます。

※ 売主物件を探すためのポイントは、「売主から直接購入できる物件の探し方とは?メリットや注意点も解説」で詳しく解説しています。

3-1. 相場観を把握する

不動産情報サイトを活用すれば、特定の地域でどの程度の広さの物件であればいくらくらいかといった相場を把握できます。
売主の中には、自分の物件への思い入れが強く、高値で販売しているケースも多いのです。
相場が分かっていれば、値引き交渉の際にも有利に進められるかもしれません。

ネットで簡単に調べられる情報ですから、購入を検討しているエリアのおおよその価格帯を把握しておきましょう。また、物件を購入するにあたって、どの程度の予算が必要かシミュレーションもできます。

3-2. 効率よく売主直販サイトを使ってみよう

不動産情報サイトには様々なものがありますが、最近では売主が直接販売しているサイトも出てきました。このようなサイトは、売主が物件情報を直接掲載しているため、確かな情報を得られます。
また、買い手は売り手と直接コンタクトが取れますから、見学予約や取引に向けた話し合いもスムーズに進められるでしょう。

ちなみに、このサービスを提供しているFLIE(フリエ)では、首都圏の直販物件だけで約1,000件以上を掲載しており、国内最大級の売主直販サイトとなっています。
困ったことがあれば、まず相談してみてはいかがでしょうか?仲介会社ではありませんから、中立の立場で対応してくれます。

スポンサーリンク

4. まとめ

売主から直接取引で不動産を購入すると、仲介手数料など余計なコストが掛からないため、お得に物件を購入できるかもしれません。また、間に人を入れないことで、交渉がスムーズにできるなどのメリットもあります。

最近では、フリエのように売主が直接販売している専門サイトもありますから、直接取引が可能な物件を効率良く探せます。ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

FLIE magazine 編集部

お客様の”住みたい”気持ちを形にしたい!
確かな情報で安心、かつ納得した上で不動産取引が出来ることを目指し、不動産・リノベーション・暮らしの情報を発信しています。

FLIE magazine 編集部をフォローする
不動産知識
スポンサーリンク
FLIE magazine