売主とやりとりできる 仲介手数料不要の新しい不動産情報サイト「FLIE(フリエ)」

中古マンションの仲介手数料とは?支払わなくて良い方法も解説!

中古マンション
この記事は約6分で読めます。

中古マンション売買時には諸費用が掛かります。その諸費用の中で「仲介手数料」は最も高額で、物件によっては100万円以上の金額になることもあります。そのため、仲介手数料を支払わなくて済む方法はないか?と思っている方も多いでしょう。

結論から申しますと、中古マンション売買の仲介手数料を支払わなくて済む方法は、売主と直接取引できるサービスを利用することです。この記事では、まず仲介手数料の仕組みを解説した後に、売主と直接取引できるサービスについて解説します。

※ 併せて「中古マンションの仲介手数料を解説!実は値下げ交渉も可能?」もご覧ください。

1. 中古マンション売買の仲介手数料

中古マンション売買の仲介手数料に関して以下2点を知っておきしょう。

  • 仲介手数料率
  • 仲介手数料早見表

上記について詳しく解説します。

1-1. 仲介手数料率

不動産売買の仲介手数料は、以下のように不動産の売買価格によって利率が決まっています。

売買価格仲介手数料率(税別)
200万円未満売買金額 × 5%
200万円超~400万円以下売買金額 × 4% + 2万円
400万円超売買金額 × 3% + 6万円

上記の計算式に当てはめて消費税を加算した金額が、不動産会社が売主・買主それぞれに請求して良い仲介手数料の上限です。例えば、中古マンションを3,480万円で売買したときの仲介手数料は以下の通りです。

仲介手数料:(3,480万円 × 3% + 6万円)+ 消費税10% = 1,214,400円

上記のように、3,480万円の中古マンション売買の場合は、不動産会社は売主・買主にそれぞれ1,214,400円までなら請求して良いということです。

1-2. 仲介手数料早見表

前項で解説した仲介手数料の利率に合わせて、500万円~7,000万円までの早見表を作りました。以下参考にしてください。

売買価格仲介手数料の上限(税込)仲介手数料の上限(税抜)
500万円231,000210,000円
1,000万円396,000360,000円
1,500万円561,000510,000円
2,000万円726,000660,000円
2,500万円891,000810,000円
3,000万円1,056,000960,000円
4,000万円1,386,0001,260,000円
5,000万円1,716,0001,560,000円
6,000万円2,046,0001,860,000円
7,000万円2,376,0002,160,000円

2. 仲介手数料に関する注意点

仲介手数料に関する注意点は以下の通りです。

  • 仲介手数料率は不動産会社によって異なる
  • 仲介手数料を支払うタイミング
  • 新築物件マンション購入時の注意

上記について詳しく解説します。

2-1. 仲介手数料率は不動産会社によって異なる

1つ目の注意点は、仲介手数料率は不動産会社によって異なる点です。上述した仲介手数料率は、不動産会社が売主・買主にそれぞれ請求して良い上限でした。そのため、言い換えると上述した仲介手数料率を下回っていればいくらでも良いのです。

つまり、不動産会社は仲介手数料率を独自に変更できるため、「仲介手数料2%」などのように安く設定している不動産会社もあります。しかし、大半の不動産会社では物件価格400万円超で、上限いっぱいの「3%+6万円」という設定です。

2-2. 仲介手数料を支払うタイミング

2つ目の注意点は、仲介手数料を支払うタイミングです。仲介手数料を支払うタイミングは、売買契約締結時に半金、物件の引き渡し時に半金が基本です。また、中古マンション購入時は物件価格の5%前後の手付金を支払う必要があります。

そのため、中古マンション購入時は支出の流れには注意しておきましょう。仮に、3,480万円の物件(仲介手数料1,214,400円)を購入したときの支出の流れは以下の通りです。

売買契約締結時:2,347,200円(仲介手数料の半金 607,200円 + 手付金174万円)
物件引き渡し時:仲介手数料半金 607,200円 + α(登記関係費用など)

このように、売買契約締結時に大きな支出が発生する点は覚えておきましょう。なお、手付金額は物件によって異なるため、事前に不動産会社へ確認する必要があります。

2-3. 新築マンション購入時の注意

3つ目の注意点は、新築マンション購入時にも稀に仲介手数料が発生するケースがあるという点です。新築マンションの購入時は、基本的に仲介手数料は発生しません。なぜなら、売主(不動産会社)から直接購入するからです。

ただし、中古マンションを探している過程で新築マンションも気になり、仲介会社の営業担当者と一緒に新築マンションを見学したとします。このとき、仮に見学した新築マンションを購入したならば、その仲介会社から仲介手数料を請求される可能性があるのです。

しかし、本来その仲介手数料を支払う必要はありません。また、そもそも新築マンションを見学するときには、仲介会社の営業担当者がいなくても問題ありません。そのため、中古マンションを探している過程で新築マンションが気になれば、自分で問い合わせて見学に行きましょう。

3. FLIE(フリエ)なら仲介手数料が不要

冒頭のように、仲介手数料を支払わなくて済む方法は、売主と直接取引できるサービスを利用することです。具体的には、以下の特徴があるフリエというサービスを利用すると良いでしょう。

  • 売主と直接やり取りできる
  • 交渉や手続きに関しては全面バックアップ

上記について詳しく解説します。

3-1. 売主と直接やり取りできる

そもそもフリエとは、売主と買主が直接取引できるプラットホームです。フリエにはたくさんの物件が掲載されていますが、その物件は全て売主が直接販売している物件です。

つまり、フリエを利用すれば売主と直接やり取りできるため、仲介手数料を支払わなくて良いということです。仲介手数料を支払わなくて良いということは、物件によっては100万円以上の費用が浮きます。

そのため、浮いたお金を予算に回せば予算アップできますし、手持ち資金として残しておくこともできます。

3-2. 交渉や手続きに関しては全面サポート

売主と直接やり取りするということは、間に仲介会社が入らないということです。そのため、交渉や手続きに関して不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、フリエを利用すれば担当エージェントが以下のようなサポートをしてくれます。

  • 売主との交渉や手続きのサポート
  • 住宅ローンについての相談
  • 内見に立ち会ってプロとしてのアドバイス

上記のサポートがあるため、売主と直接やり取りするとしても安心できます。このように、フリエは売主と直接やり取りするので仲介手数料が掛からない上に、担当エージェントのサポートも受けられるのです。

4. まとめ

このように、仲介手数料は物件によっては100万円を超えるケースも多いため、中古マンションを売買するときの大きな負担になってしまいます。しかし、フリエのサービスを利用すれば仲介手数料は掛かりませんから、お得に中古マンションを購入いただけます。

フリエには物件が多数掲載されているため、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。その上で、自分が欲しいと思う物件があれば問い合わせて見ると良いでしょう。