ランプシェードの魅力とは?おすすめの選び方や種類をご紹介!

インテリア
この記事は約6分で読めます。

自宅をおしゃれにするアイテムにはさまざまなものがありますが、ランプシェードも人気です。そもそもランプシェードとは、ランプや電灯に付いている笠のことを指します。

インテリアのアクセントにもなるため、魅力や選び方を知っておきましょう。今回は、ランプシェードの特徴や商品選びのポイント・おすすめの種類をご紹介していきます。

自宅に設置する照明で迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1. ランプシェードの魅力とは

ランプシェードには、以下のようなメリットがあります。事前にランプシェードの魅力を把握しておけば、商品選びもスムーズにできるでしょう。

ランプシェードを上手に活用すれば、室内のデザイン性も効率良く高められます。

1-1. 部屋をおしゃれに演出できる

ランプシェードにこだわると、部屋をおしゃれに演出できます。ランプシェードには光を柔らかく拡散させる効果があるため、優しい光が部屋全体を包み込んでくれるでしょう。

おしゃれで居心地の良い空間が演出できるため、落ち着いた室内をつくりたい方におすすめです。

1-2. 空間に奥行きを出す

空間に奥行きが生まれるのも、ランプシェードにこだわるメリットです。照明源から放射される光は、ランプシェードがあることで柔らかく拡散されるため、周囲に自然な影が生まれます。

より開放的な空間が演出できるため、一人暮らしのワンルームや1Kにもおすすめです。配置や高さにこだわり、おしゃれな空間を演出してみましょう。

1-3. メリハリがつく

空間にメリハリがつくことも、ランプシェードにこだわると良い理由です。明るさと影の対比ができるため、空間が引き締まります。

ランプシェードの色やデザインを工夫することで、フォーカルポイントもしっかり定まるでしょう。空間が物足りないと感じたら、ランプシェードを見直してみるのも一つの手段です。

1-4. デザインの種類が多い

ランプシェードはデザインの種類が多いのも特徴です。形状・カラー・柄・素材などさまざまな種類があるため、つくりたい雰囲気に合わせて商品を選べます。

ナチュラルなインテリアからモダンなインテリアまで幅が広いため、他の家具やアイテムとのバランスも考慮しながら商品を決めていきましょう。

1-5. 必要なところに灯りを集める

ランプシェードは、必要なところに灯りを集中させる働きもあります。雑貨やアートなどを注目させられるため、空間にメリハリもつくでしょう。

ランプシェードをアクセントとして活用したい場合は、目立たせたい部分を明確にしておくことが大切です。全体のバランスもしっかりと考慮し、調和の取れた空間を目指しましょう。

スポンサーリンク

2. ランプシェードの選び方とは

ランプシェードの特徴が分かったところで、今度はランプシェードの選び方をご紹介していきます。商品選びで間違えてしまうと、設置後に後悔してしまう可能性が高いため注意が必要です。

ポイントを押さえて、最適なランプシェードを選んでいきましょう。

2-1. 用途に合わせる

照明を使用するタイミングは、食事や読書・仕事などさまざまです。ランプシェードを選ぶ際は、使用する目的を考えて最適な商品を選ぶ必要があります。

優しい灯りを演出したいときは、レザーのような加工が施された紙シェードがおすすめです。一方、パソコン作業や字を書く際は、光が広がりにくいホーローのシェードが向いています。

2-2. 素材で決める

ランプシェードには、紙や布・ガラスなどさまざまな素材があります。それぞれ雰囲気が異なるため、特徴や魅力を知っておくと良いでしょう。

紙のシェードは柔らかい光を拡散し、布のシェードはふんわりと透けるのが特徴です。ガラス製のシェードは、反射した光がキラキラと美しく輝くため、空間にアクセントをつけたいときに向いています。

2-3. つくりたいイメージで考える

つくりたい空間のイメージがある方は、それに合わせてランプシェードを選んでみるのもおすすめです。ナチュラルな雰囲気の空間には、木製のシェードが向いています。

ゴージャスな空間を演出したいときは、ビーズやガラスのシェードを検討してみると良いでしょう。全体の雰囲気を大切にしながら、最適な商品を決めていくのがポイントです。

2-4. 明るさで選ぶ

ランプシェードの選び方として、明るさで決める方法もあります。温かみのある光を演出したいなら、光源を隠すシェードが最適です。

部屋全体を明るくしたいなら、あまり光源を隠さないシェードを選ぶようにしましょう。つくりたい雰囲気に合わせて、どの程度光を出すのか検討する必要があります。

2-5. 備えたい機能を絞る

ランプシェードには、防汚機能や防カビ機能などさまざまな機能があります。機能が備わっていれば備わっているほど、金額は高くなるため、予算と照らし合わせながら商品を検討していきましょう。

照明を設置する場所や空間の使用用途によって最適な機能が異なるため、使い方を見直してみるのも大切です。

スポンサーリンク

3. ランプシェードの種類とは

最後に、ランプシェードの主な種類をご紹介していきます。それぞれの特徴を把握しておけば、ランプシェード選びで失敗することも少ないでしょう。

3-1. アーム式

アーム式は、スタンドの「アーム」と呼ばれるひし形状の器具上部に取り付けてネジやキャップなどで固定する方法です。装着が簡単で、電球に直接触れることがないため、簡単かつ安全に取り付けられます。

ただ、シェードを先に装着すると電球が取り付けにくくなるため注意しましょう。

3-2. ホルダー式

ホルダー式は、シェードのリングをスタンド本体のソケット部分に留めるタイプです。最も一般的な留め方であるため、シェードを交換する際にも対応できます。

主な種類は2タイプです。シェードの枠が取付部分に向かって上がっている「上がりタイプ」と、シェードの枠が上から取付部分まで下がっている「下がりタイプ」があります。

3-3. クリップ式

電球にクリップを挟むタイプが、クリップ式です。商品には電球を挟むためのクリップが付属しているため、シェードを被せながらクリップで電球を直接挟んで固定します。

簡単に設置ができるため、初心者にもおすすめです。ただ、取り付け時の力加減によっては、電球に傷が付いたり割れたりする可能性があるため注意しましょう。

3-4. キャッチ式

キャッチ式もクリップ式と似たようなタイプのシェードです。女性一人でも気軽に設置できるため、あらゆる場面で重宝するでしょう。

外す際もクリップ部分を引っ張れば簡単に外せるため、シェードの交換に役立ちます。模様替えが気軽にできるのは、大きなメリットでしょう。

スポンサーリンク

4. まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ランプシェードの魅力や選び方・おすすめの種類をご紹介してきました。ランプシェードには、室内をおしゃれに演出したり空間に奥行きを出したりするメリットがあります。

デザインの種類が多いことも特徴に挙げられるため、商品を選ぶ際は用途やつくりたいイメージを明確にすることが重要です。使用する素材によって雰囲気が大きく異なるため、事前に特徴を押さえておくと失敗を避けられるでしょう。

ランプシェードの種類には、アーム式やホルダー式・クリップ式・キャッチ式などがあります。