クラシックインテリアの特徴とは?おすすめの家具や柄をご紹介!

インテリア
この記事は約6分で読めます。

落ち着いた雰囲気が特徴のクラシックスタイル。コーディネートされる家具も豪華なものが多く、おしゃれな雰囲気をつくりやすいインテリアスタイルです。自宅のインテリアとして憧れている方も多いのではないでしょうか。

クラシックインテリアの特徴やつくり方を押さえておけば、さまざまな場所で応用ができるため、ここで知っておきましょう。

今回は、クラシックインテリアの特徴やおすすめのアイテムなどをご紹介していきます。クラシックスタイルに興味のある方やインテリアスタイルに迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

1. クラシックインテリアの特徴

クラシックインテリアは、ヨーロッパの伝統的な様式です。宮殿のインテリアをイメージしていることが多く、豪華な雰囲気が特徴として挙げられます。

使用される家具にも大きな特徴があるため、ここでどのような家具なのか理解しておきましょう。家具の特徴を知っておくと、インテリアを決める際も迷わずスムーズに選べます。失敗も少なくなるでしょう。

1-1. 重厚感のある装飾

クラシックインテリアで使われるテーブルや椅子はダークブラウンが多く、重厚感があります。どっしりと構えているため、空間にも安定感が演出できます。

家具を選ぶ際は脚の形にも注目して、安定感のあるものを選びましょう。床に付いている面積が大きければ大きいほど安定感がありますよ。

1-2. ダークカラーが基調

クラシックインテリアはダークカラーでまとめています。自宅でクラシックな雰囲気をつくりたい方はダークブラウンを始め、ブラックやネイビーなど暗めの色を使用するようにしましょう。

ただ、あまり暗い色でまとめてしまうと、気分も暗くなってしまうため、ワンポイントとして淡い色や明るい色を入れることもおすすめです。

1-3. 格式の高い家具

豪華な装飾が付いた家具もクラシックスタイルの特徴です。

彫刻のあるテーブルや棚など雰囲気に合うものを選んでみましょう。アンティークショップやセレクトショップなどで入手可能です。家具選びにもこだわりを持ち、独特の雰囲気をつくってみてくださいね。

1-4. 豪華な照明

シャンデリアや吊り照明などおしゃれな照明もクラシックインテリアの特徴です。

インパクトのある照明であるため、他の家具とのバランスを取りながらコーディネートしていきましょう。あまり柄やデザインが多いと、ごちゃついた雰囲気になりかねません。全体像をイメージして配置していきましょう。

※ 参考記事: 「アンティークシャンデリアの魅力とは?選び方や設置の注意点をご紹介!

スポンサーリンク

2. クラシックインテリアにおすすめアイテム

続いて、クラシックインテリアで取り入れたいアイテムを5つご紹介します。それぞれの特徴を把握し、家具選びの際に役立ててみてください。

2-1. 猫脚家具

クラシックインテリアでよく使用される家具の一つとして猫脚が挙げられます。猫脚は家具の脚部分が湾曲しているため、遊び心のあるデザインです。ヨーロッパの伝統的な家具として現在でも使用されています。ダイニングテーブルや椅子などに取り入れてみてはいかがでしょうか。

2-2. 長い椅子

座面の長い椅子もクラシックインテリアの代表的な家具です。デザインもアンティーク調で美しいため、落ち着いた雰囲気にピッタリでしょう。リビングの他、書斎にもおすすめしたいアイテムです。模様などにこだわり、お気に入りのものを取り入れてみてくださいね。

2-3. ガラスキャビネット

ガラス製のキャビネットもクラシックインテリアに重宝します。高級感があり、置いているだけでも空間のアクセントになります。中にアンティーク雑貨を飾ったりおしゃれな食器を置いたりして伝統的な英国の雰囲気をつくり出しましょう。

最近ではインターネットでもおしゃれなキャビネットが購入できます。ぜひ検討してみてくださいね。

2-4. アンティーク照明

クラシックインテリアにはアンティーク照明がよく似合います。照明にもガラスを取り入れると高級感が出せるでしょう。

電球色は暖色系がおすすめです。温かみがあり、穏やかな雰囲気をつくってくれるでしょう。シェードにもこだわることでより雰囲気のある空間になるはずですよ。

2-5. 深みのあるラグ

自宅にラグを敷きたい方はワインレッドやグリーンなど深みのある色を使用しましょう。クラシックな柄を取り入れると、雰囲気も簡単につくれます。おすすめの柄を以下でご紹介します。

スポンサーリンク

3. クラシックインテリアにおすすめの柄

上手にクラシックインテリアをつくるためにもおすすめの柄を知っておきましょう。ここでは以下の5つをご紹介します。家具やファブリックを選ぶ際に参考にしてみてください。デザインの種類が違えば、お部屋の印象もガラリと変化しますよ。

3-1. 花柄

クラシックインテリアといえば、花柄のイメージです。代表的な花にはバラがありますね。大きな花模様をアクセントとして使っても良いし、小花柄で可愛くまとめても良いでしょう。

ただ単に花柄と言っても、さまざまな種類があるため、お気に入りのものを選ぶことをおすすめします。柄のバランスを見ながら検討していきましょう。

3-2. ダマスク柄

ダマスク織の模様をモチーフにしたデザインです。植物や果物、花柄などを繰り返したデザインでエレガントな雰囲気が特徴です。重厚感もあるため、クラシックインテリアにも取り入れることをおすすめします。カーテンやクッションなどファブリックに取り入れてみましょう。

3-3. ペイズリー柄

独特な雰囲気が特徴的なペイズリー柄もおすすめです。ペイズリー柄は、胞子や果実、草花をモチーフにしており、クロスやカーテンなどによく使用されます。

最近では、貼ってはがせる壁紙の種類も増えているため、あらゆるアレンジが可能です。賃貸の方でも諦めずクラシックインテリアが叶えられます。納得のいくデザインを探してみてください。

※ 貼ってはがせる壁紙については、「貼ってはがせる壁紙の賢い選び方!メリットとデメリットを解説!」で詳しく解説しています。

3-4. ストライプ柄

縞模様が特徴のストライプもクラシックインテリアによく取り入れられるデザインです。ソファやラグなどに多く、空間のアクセントとして役立ちます。シンプルな雰囲気をつくりたい方におすすめでしょう。

色使いによって、さまざまな雰囲気に変わるため、お部屋の雰囲気に合わせて、配色を考えてみてください。

ストライプのアクセントクロスもおすすめです。
※ 参考記事: 「ストライプ壁紙のメリット・デメリットは?おすすめの選び方も解説!

3-5. 象嵌

象嵌とは工芸装飾の技法であり、テーブルや椅子などの家具に取り入れられています。

繊細なデザインであるため、高級感も演出できます。象嵌の家具があるだけで空間が引き立つでしょう。アンティークショップなどでお気に入りの象嵌家具を見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

4. まとめ

いかがだったでしょうか。
今回はクラシックインテリアについてご紹介しました。クラシックインテリアは重厚感のある落ち着いたインテリアです。大人っぽい雰囲気をつくりたい方に向いているでしょう。

今回ご紹介したおすすめの家具や柄を参考にすると、インテリア選びのスムーズに行えます。インテリアを考える際はその空間でどんな生活がしたいのかをイメージすると良いでしょう。希望や条件を洗い出し、納得のいく空間をつくってみてください。