物を持たないシンプルライフの暮らしはどうやって叶える?

ライフスタイル
この記事は約6分で読めます。

近年では、物を極力持たないシンプルライフの暮らしが注目を集めています。このような暮らしに憧れはあるけれど、実際どんな効果があるのか注意点は何か気になる方もいるはずです。

そこで今回は、シンプルライフの暮らしをメリットやデメリット・実現するコツをご紹介していきます。自分が向いているかどうか判断してみましょう。

スポンサーリンク

1. 物を持たないシンプルライフの暮らしをするメリット

物をできる限り持たないシンプルライフの暮らしをすると、どのようなメリットが得られるでしょうか。

以下では、代表的な5つの利点をご紹介していきます。自身がどのような暮らしをしたいか思い浮かべながら見ていきましょう。

1-1. 掃除が楽になる

まず、シンプルライフの暮らしは掃除が楽になるメリットがあります。単純に床に置いてある物が少なければ少ないほど掃除しやすくなるため、綺麗な室内が維持できるでしょう。

また、部屋の掃除は床だけでなく家具や家電などのお手入れも行わなければなりません。家具家電が減ることで、メンテナンスの手間も減るでしょう。

1-2. 心にゆとりが生まれる

シンプルライフの暮らしは出掛ける準備もスムーズにできます。着る服がある程度決まっており、持ち物も少なく済むでしょう。

部屋もスッキリと片付いているため、どこに何かあるかひと目で分かるはずです。心や時間に余裕が持てるため、ストレスの少ない穏やかな生活が送れるでしょう。

1-3. お金が貯まる

シンプルライフの生活は無駄な物を買わないため、浪費が減るのもメリットです。収入が少なくても十分な額を貯金に充てることができるため、お金もどんどん増えていくでしょう。

貯金ができないという方は、無駄な物を買っていないか自身の暮らしを見直してみることをおすすめします。

1-4. 自由な時間が増える

自分の好きなことができる自由な時間をつくれるのも物を持たない暮らしの魅力です。家事や探し物に充てる時間を減らせるため、余った時間を趣味や娯楽に費やせます。

特にテレビはダラダラと無駄な時間を過ごしてしまいやすいため、敢えて置かない選択をするのも良いでしょう。

1-5. ストレスが減る

物を減らすことで、思考もシンプルになるのがシンプルライフです。

不要な人間関係もスッキリと整理できるようになるため、ストレスを感じにくい生き方ができるでしょう。このように、物だけでなく心までシンプルに変えてしまうのが物を持たない暮らしの魅力です。人間関係に困っている方は、自分の生活を見直してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

2. 物を持たないシンプルライフの暮らしをするデメリット

さまざまな魅力があるシンプルライフですが、実は注意点もたくさんあります。物を減らして返って、生活が苦しくなってしまったということがないように、自身の性格や暮らしに合っているか判断してみましょう。

2-1. 人を呼ぶには物足りない

シンプルライフの暮らしは一人だと快適に過ごせるかもしれませんが、おもてなしは充分にできません。複数人での来客があった際にグラスや座る場所が足りないなど困ることがあるでしょう。テレビやゲームができないなど時間を持て余してしまう可能性もあります。

自宅に人を招く機会が多い方には、シンプルライフの暮らしは向かないでしょう。

2-2. ショッピングが楽しめない

シンプルライフの暮らしをしていると、自分にとって何が必要か考えながら物を購入していくため、目的のないショッピングは無駄だと感じてしまいます。ショッピングが好きな友人と出掛けても、買い物をしないため、不快に思われてしまうかもしれません。

また、労働意欲が低いと思われてしまうこともあるため、他人からの評価が気になる方は向きません。

2-3. 物を選ぶのに時間が掛かる

シンプルライフの暮らしをする方は、1つの物を選ぶのにも時間を掛けます。同じような商品があった際には、長く使えるか機能性を考えて自分にとって最適なアイテムを選ぶでしょう。

悩んだ末に購入を諦めることもあるため、なかなか物が揃わないこともあります。その分、一つ一つのアイテムに思い入れがあるはずです。

2-4. 不便に感じることもある

シンプルライフで必要な物の量は人によって異なりますが、あまりにも家具家電が少ないと不便さを感じてしまうこともあるでしょう。

タオルや食器を1セットしか持っていない場合は、こまめに洗濯や洗い物をしなければならないため、家事の負担が増えます。水道光熱費も高くなる恐れがあるため、シンプルな暮らしとは遠のいてしまうでしょう。

2-5. 変わった人だと思われる

合理的な考えを持つシンプルライフの暮らしは、人によっては変なイメージを持たれてしまうかもしれません。

いつも同じ服を着ていたり持ち物が少なかったりと一般とは異なる部分が多いため、特別感を与えてしまうでしょう。自分の信念を貫ける人こそが、シンプルライフの暮らしに相応しい人物です。

スポンサーリンク

3. 物を持たないシンプルライフのコツ

最後に、シンプルライフの暮らしを叶えるコツをご紹介していきます。物を少なく快適に暮らしていくにはどうすれば良いのでしょうか。以下のポイントを押さえて、賢く暮らしていきましょう。

3-1. 使ってない物は捨てる

まず、現状使っていない物はすぐに捨てることをおすすめします。今使用していなかったら、これから先も使うことはないでしょう。必要な物ならその時に合ったベストな物を再度購入したいと思うはずです。

自分の暮らしや性格にフィットする物を集めて、快適な暮らしを営みましょう。

3-2. 収納家具は最小限に抑える

収納家具が多い場合は、スペースを最小限に抑える努力することが大切です。物を置く場所が少なくなれば、自然とアイテムも減っていきます。余計なお金を使わずに済むため、貯金もしやすくなるでしょう。

シンプルライフの暮らしをしたいなら、まず自宅に収納場所がどのくらいあるのかチェックしてみることをおすすめします。

3-3. 新しく買うなら何かを捨てる

新しいものを買いたいと思ったのなら、家にあるアイテムを何か捨てるようにしましょう。捨てる物がない場合は、購入を見送ることをおすすめします。そのように行動を改めていけば、物が増えて家が散らかる心配もありません。

物を大切にする習慣も身に付くため、丁寧な暮らしが心掛けられるでしょう。

3-4. 物の定位置を決める

物の定位置が決められないものは、使わない物だと判断する必要があります。シンプルな暮らしでは、全ての物に対して収納場所を確保していくことが大切です。床に置いているような物は処分し、スッキリと片付いた空間を保っていきましょう。

スポンサーリンク

4. まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、シンプルライフの暮らしをするメリットやデメリットをご紹介しました。物を持たない暮らしは自由な時間が増え、思考もシンプルになっていきます。

しかし、あまりにも物が少ないと返って生活しづらい空間となってしまうため、自分にとって必要な物は何かしっかりと考えておきましょう。そのためにも、不要な物は早急に処分することをおすすめします。