リビング壁紙はどう選ぶ?おすすめの選び方や注意点をご紹介!

インテリア

リビングは人が集まる場所であるため、インテリアにもこだわりたいところ。特に壁紙は空間に大部分を占め、印象に大きく影響を与えます。リビングにアクセントクロスを取り入れたいと考えている方もいることでしょう。

今回は、リビングの壁紙を選ぶ際に知っておきたい後悔ポイントやおすすめの選び方を解説していきます。新築やリフォームをする方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. リビング壁紙の後悔ポイント

リビングの壁紙はよく考えて選ばないと、以下のような失敗をしてしまいます。事前に後悔ポイントを知っておくことで、無駄な買い物をしなくて済みます。これからリビングの壁紙を選ぶ方はぜひ役立ててみてください。

1-1. 暗い印象になってしまった

リビングを上品で落ち着いた印象にしたい場合はダークカラーの壁紙を選ぶ傾向にあります。そのようなときに注意していただきたいのが、暗くなり過ぎないことです。

黒い家具や家電などが多くあるリビングに暗い壁紙を取り入れてしまうと、より暗さが強調されてしまいます。圧迫感も出てしまうため、色のバランスを意識しましょう。天井の高さなども気にして選ぶことをおすすめします。

1-2. アクセントクロスが目立たない

アクセントクロスで失敗しないようにグレーなど無難な色を選ぶ方も多いようです。そのようなシンプルな色は壁に貼ってみると、思ったより目立たないことが多く、アクセントクロスの役目を果たさないこともあります。サンプルで色味を確認する際は実際の壁と比べてみると良いでしょう。

1-3. シンプル過ぎる

柄やデザインがシンプル過ぎて物足りなさを感じてしまうこともあるでしょう。インパクトが強いのも嫌だけれど、シンプル過ぎるもの嫌だという方は細かい模様が入っている壁紙を選ぶことをおすすめします。

色味に関してもトーンの違いを意識して選ぶと、空間にメリハリが付きます。

1-4. 強度が弱い

壁紙を選ぶ際は強度にも注意が必要です。耐久性がないものを選んでしまうと、生活していく中ですり減ったり角が取れたりしてしまいます。

特に小さなお子さんがいる家庭は耐久性や防汚性のあるリビング壁紙を導入しましょう。

スポンサーリンク

2. リビング壁紙の選び方

ここまでリビング壁紙の後悔ポイントを解説しましたが、ここからはおすすめの選び方をご紹介します。リビングの内装を決める際やインテリアを選ぶ際に活用してみましょう。

2-1. 汚れに強いクロスを選ぶ

リビングは人の出入りが激しい場所です。そのため、汚れや傷に強い素材や機能を選ぶことをおすすめします。リビングの壁紙にはさまざまな機能がありますが、特に表面強化仕上げや防臭・消臭機能が備わった壁紙を取り入れると良いでしょう。

これならペットを飼っている方でも綺麗なリビング空間を維持することができます。

2-2. インテリアスタイルを統一する

リビングの壁紙は色味も重要です。模様替えなどで壁紙を貼り替える場合は既存の家具やファブリックに合わせましょう。

これからインテリアを考えるという方はまず全体のイメージを具体的に思い描くことが大切です。参考にしたいインテリア画像などをたくさん集めておくことをおすすめします。それらを考慮し、心地の良い色や柄を選びましょう。

2-3. 窓の向きに注目する

北側のリビングなど日当たりが悪い場所では明るめの壁紙を取り入れましょう。

ダークトーンの壁紙を使用してしまうと、空間がより暗くなり、質素な印象になってしまいます。ホワイトやアイボリー、ライトグレーなど明るい雰囲気が作れる壁紙を選びましょう。

2-4. 隣接するお部屋も考慮する

リビングの壁紙を考える際は隣接するキッチンや洋室、廊下なども考慮して考えましょう。リビングと隣接する空間の雰囲気が違い過ぎると、チグハグな印象になってしまいます。

隣接する空間と同系色にするなど統一感を出しましょう。

2-5. 風水で考えるのもおすすめ

風水では色それぞれに意味がついています。方角によってもおすすめの色があるため、それらに合わせて壁紙を決めても良いでしょう。その際も色のバランスを意識すると、おしゃれな空間に仕上がります。

壁はベースカラーに分類されるため、全体の7割程度におさえましょう。

スポンサーリンク

3. リビング壁紙を選ぶ際の注意点

リビングの壁紙を選ぶ際は以下のことに注意しましょう。

3-1. 大きめのサンプルを取り寄せる

壁紙は日光や照明でイメージが大きく変化します。サンプルで色味を確認する際はなるべく大きいサイズを用意しましょう。メーカーによりますが、一般的なサンプルサイズはA4です。

3-2. 全体的なイメージを思い浮かべる

リビングの壁紙を決める際は最終的な内装をイメージしましょう。

その際、インテリアを含めた完成図をイメージすると良いでしょう。ゴール地点が明確であれば、失敗するリスクも軽減されます。新築時はもちろん、リフォームの際にもしっかり計画しましょう。

3-3. 必要な機能を明確にする

壁紙にはあらゆる機能が備わっています。高度な機能がある分、値段も高くなっていくため、ある程度の予算は決めておいた方が良いでしょう。

目的や用途に合わせて必要な機能をはっきりさせておくのもおすすめです。必要な機能が分かれば、数多くある商品の中から取捨選択できるはずですよ。

3-4. 業者に依頼する際は相見積もりを取る

リビング壁紙の貼り替えは工務店やリフォーム会社などさまざまな場所で依頼が可能です。

適切な業者を選ぶためにも見積もりを取るようにしましょう。業者によってできることやできないことは異なります。要望にきちんと応えてくれるかホームページや問い合わせで確認しましょう。

3-5. 張り替え時期を把握しておく

リビングの壁紙は10年スパンで貼り替えが必要です。交換時期を知っておくと、資金計画もしやすいでしょう。リビングの壁紙は知識があれば自分で貼り替えることも可能です。費用や品質を見比べ、業者かDIYか判断しましょう。

スポンサーリンク

4. まとめ

いかがだったでしょうか。
今回はリビングの壁紙について後悔ポイントや選び方を解説しました。失敗を未然に防ぐためにも、壁紙の色や機能の選び方には注意しましょう。さまざまなインテリア事例を見ることでイメージも湧きてきます。リビングの内装で悩んでいる方は壁紙を選ぶ前にどんな暮らしをしたいか考えると良いでしょう。

スポンサーリンク
FLIE magazine 編集部

お客様の”住みたい”気持ちを形にしたい!
確かな情報で安心、かつ納得した上で不動産取引が出来ることを目指し、不動産・リノベーション・暮らしの情報を発信しています。

FLIE magazine 編集部をフォローする
インテリア
スポンサーリンク
FLIE magazine