和モダンとはどんなインテリア?特徴やコーディネートのポイント

インテリア

ここ数年、和モダンの住宅が人気を集めています。和モダンな空間と聞くとどのような雰囲気を想像するでしょうか。この記事では和モダンの特徴や魅力、インテリアをコーディネートする際のコツを解説していきます。和モダンな住宅に憧れている方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1. 和モダンとは?

和モダンとは日本伝統である和と現代的なスタイリッシュなデザインを融合させた新しい様式です。インテリアを始め、ファッションやグラフィックデザインの世界でも注目を集めています。和モダンの特徴はどのようなところにあるのでしょうか。和モダンを自宅のインテリアに取り入れる魅力も合わせてご紹介していきます。

1-1. 和モダンの特徴

和モダンな空間は木や竹、珪藻土などの天然素材を多く使用します。そのため、自然な雰囲気が楽しめ、落ち着いた印象をつくることが可能です。日本の伝統空間である和室を意識して、背の低い家具で揃えるのも和モダンならではの特徴ですよ。加えて、和モダンは使い勝手の良さも重要です。機能的な家具を取り入れ、暮らしやすい環境を整えてみましょう。家具は直線的なデザインのものが多く取り入れられています。

1-2. 和モダンの魅力

和モダンを自宅のインテリアで取り入れるメリットは長く使えるデザインであることです。天然素材のアイテムは経年変化を楽しめるため、すぐに飽きる心配もありません。間接照明や雑貨を取り入れるなど暮らしていく中でつくり上げていけるインテリアスタイルです。また、昔ながらの雰囲気と現代的な雰囲気が混じり合っているため、好みの変化に合わせることもできるでしょう。老若男女楽しめるインテリアスタイルだといえます。

スポンサーリンク

2. 和モダンにおすすめの色

ここからは和モダンを構成するときによく使われる色をご紹介していきます。自宅のインテリアをコーディネートする際にも役立つため、知っておくと便利ですよ。それぞれどのような色なのか特徴を見ていきましょう。

2-1. 朱色

鮮やかな黄色みを帯びた赤色で、日本の伝統色でもあります。朱色は主張が強い色であるため、アクセントクロスに使用したり棚の一部に取り入れたりするのがおすすめです。レトロな雰囲気を演出できるため、落ち着いた空間がつくれるでしょう。家具や小物はこだわりのものを集めてみてくださいね。

2-2. 紺色

紺色も和モダンな空間におすすめの色です。紺色にはさまざまな色があり、あらゆるバリエーションが楽しめます。例えば、茄子紺や紫紺、留紺、紺鼠などが紺色に該当します。大人しい色であるため、カーテンにもおすすめです。重厚感を演出したい場合には紺色を取り入れると良いでしょう。

2-3. 葡萄色

葡萄色は「えびいろ」と読みます。山葡萄の熟した実のような濃い赤紫色のことです。深みのある色であるため、和の雰囲気にも馴染みます。ファブリックや雑貨などポイントで使用すると良いでしょう。モダンな印象を生む白や黒とも相性が良いため、あらゆる雰囲気をつくれますよ。

2-4. 黄金色

輝かしい光沢感のある黄色です。縁起の良い色として古くから親しまれています。照明に黄金色を取り入れたり、縁が黄金色の鏡やフレームを飾ったりして煌びやかな空間をつくってみましょう。黄金色は使用する面積が大きいと目立ってしまうため、他のインテリアとの調和を考えるなら、全体の5%程度にしておくとまとまりが出ます。

2-5. 暗黒色

和の雰囲気にもモダンの雰囲気にも調和する暗黒色。闇に包まれたような黒であるため、空間を引き締める効果が期待できます。より高級感のある大人っぽい雰囲気をつくりたい方におすすめの色味です。全体的にぼやっとした印象の空間でも暗黒色を足すと、あっという間にメリハリのある空間が完成します。ただ、あまりにも黒が多いと重たい印象になってしまうため、全体的なバランスを見ながらコーディネートしていきましょう。

スポンサーリンク

3. 和モダンインテリアをコーディネートするコツ

最後に和モダンなインテリアをコーディネートする際に注意すべきポイントを解説していきます。以下の4つのポイントを押さえておけば、アイテム選びもスムーズに行えるでしょう。模様替えや引っ越しでインテリア計画をしている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

3-1. 特徴のある家具を取り入れる

和モダンな空間は和過ぎずモダン過ぎない独特な雰囲気が魅力です。そのため、選ぶ家具も慎重に選ばなければなりません。家具選びにはこだわりも持ち、個性的なデザインの家具を取り入れることをおすすめします。家具の形状には決まりがありませんが、太い部材を使用している家具よりかは細めの直線的なデザインの方が和モダンの雰囲気に合います。

3-2. 和室を活用する

日本伝統の一つである和室を和モダンな雰囲気にするなら、天井や壁、床に変化をつけてみましょう。アクセントクロスを貼ったり押し入れをクローゼットにリフォームしてみたりとさまざまなアレンジができます。障子を張り替える程度なら初心者でも簡単にできるため、試行錯誤しながら快適な和モダン空間をつくってみてくださいね。

3-3. 重厚感を意識する

和モダンな空間では背の低い家具を使用し、天井を高く見せることが大切です。安定感を出すために家具やファブリックは重厚感のある色を使うようにしましょう。ブラウンなど自然を感じられる色味だと高級感を感じることもできますよ。

3-4. 観葉植物を取り入れる

和モダンに欠かせないアイテムの一つに観葉植物があります。観葉植物はインテリアのテーマ性をより強くしてくれる効果があり、和モダンの落ち着いた印象をより強固にしてくれるでしょう。和モダンな空間に馴染む観葉植物は葉っぱが小さい種類の植物です。シュロチクやユッカなどをおすすめします。鉢などにもこだわり、上品な雰囲気をつくり上げていきましょう。

スポンサーリンク

4. まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は和モダンの特徴や魅力について解説してきました。

和モダンな空間は配色や素材、使用する家具を注意して選ぶだけで簡単にコーディネートできます。ここでご紹介したことを参考に自分なりの和モダン空間をつくってくださいね。

自分だけでインテリアコーディネートをするのは自信がないという方は専門家にアドバイスをもらうことをおすすめします。インテリアショップやカーテン専門店などでつくりたいイメージを伝えてみてください。最終的な完成イメージが明確であるほど、より具体的なアイドバイスが聞けるでしょう。特に大きな家具や高価なアイテムは突発的に購入を決めないようにしてくださいね。

スポンサーリンク
FLIE magazine 編集部

お客様の”住みたい”気持ちを形にしたい!
確かな情報で安心、かつ納得した上で不動産取引が出来ることを目指し、不動産・リノベーション・暮らしの情報を発信しています。

FLIE magazine 編集部をフォローする
インテリア
スポンサーリンク
FLIE magazine