コンパクトマンションの魅力とは?今注目される理由と購入時の注意点

中古マンション
この記事は約6分で読めます。

都心の人気エリアや駅近といった好立地で効率的に暮らしたいという方に注目されているのがコンパクトマンションです。

今回は、コンパクトマンションとはどんなマンションなのか、その魅力や購入する前に知っておきたい注意点について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

1. コンパクトマンションとは?なぜ注目されているの?

コンパクトマンションとはどんな条件の物件を指すのかというと、単身者や二人暮らしの入居者を想定した約30~50㎡、間取りは主に1LDK,2LDKのマンションのことを言います。

一般的にワンルームマンションが20~25㎡程度、ファミリータイプは60㎡以上と言われるため、その中間のタイプがコンパクトマンションということですね。

近年晩婚化が進んでいることや、共働きのDINKS世帯も増えていることに加え、コンパクトマンションは子どもが巣立った後利便性の高い場所で暮らしたいというシニア世帯にも向いていると言うことから今注目が集まっているのです。

もう一つコンパクトマンションが注目される背景として、以前よりも物件数が増えて選びやすくなっていることも挙げられます。

先述したように晩婚化によって単身でも物件購入したいというニーズが顕在化していることに加えて、東京の自治体ではワンルームマンションの建築規制が強化される動きになっており、最低居住面積の基準が見直されていることから、供給側もワンルームマンションからコンパクトマンションへ市場がシフトしていると言えます。

※ 参考記事: 「一人暮らしのマンション購入、後悔しないために知っておきたいポイント

スポンサーリンク

2. コンパクトマンションの魅力・メリット

では、コンパクトマンションにはどんな魅力やメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

2-1. 好立地で利便性が高い

コンパクトマンションは、比較的都心の人気エリアや駅近に立地する物件が多いのが一番のメリットと言えるでしょう。通勤・通学、買物、その他日常生活に便利な施設も近いため、便利に効率的に暮らすことができます。

2-2. コストが抑えられる

ファミリータイプのマンションに比べて広さはコンパクトになる分、購入時の物件費用は押さえられることもメリットと言えます。住宅ローンの組み方によっては、同条件の物件をこれまでの賃料と変わらない支払いで購入も可能でしょう。

2-3. 資産性が保たれる

単身者や二人暮らしの方の場合、結婚や出産、転勤、転職等でライフスタイルが変化する可能性もあるでしょう。その際に、売却や賃貸を検討しやすい点はメリットと言えます。

※ 参考記事: 「結婚したらマンション購入する?しない?ライフプランに合わせて選択を

立地や利便性の良さは不動産の資産価値に非常に影響を与える条件です。 また、将来的に見ても1~2人世帯が増加の傾向にあるため、コンパクトマンションのニーズは高いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

3. コンパクトマンション購入時の注意点

では、コンパクトマンションを購入する際に注意しておきたい点を確認していきましょう。

3-1. 住宅ローン控除の利用には「登記簿面積」が50㎡以上必要

住宅ローン控除とは、住宅ローンを利用して住宅購入をする際にある一定の要件を満たした場合に年末の住宅ローン残高から所得税等の税金が控除されるという制度で、住宅購入を検討される方であれば利用したい方は多いと思います。

その住宅ローン控除の適用要件の一つに「床面積50㎡以上」という項目がありますが、コンパクトマンションも広さ的に対象となる可能性があります。
しかし、この面積を確認する上で一点注意が必要なことがあります。それは、要件の「床面積50㎡」は、住宅の壁の内側から計測した面積を指す「登記簿面積」のことを指し、販売図面等でよく目にする壁の中心軸から計測した「壁芯面積」とは異なるという点です。

当然、壁芯から計測する面積の方が広くなるため、販売図面では50㎡を越しているから住宅ローン控除が利用できると想定して購入をしたが、実際には登記簿面積が50㎡を満たさないという可能性もあります。

土壇場で住宅ローン控除が利用できないということにならないように、必ず登記簿面積を確認するようにしましょう。

3-2. 管理体制を十分にチェックすること

立地の良さや利便性をメリットとするコンパクトマンションは、その利点から投資用として所有し賃貸に出されるケースも多くあります。

賃貸率が高くなるということは、マンションを自分の資産として意識する人が減少するということですから、住民のマンション管理への意識の低下から管理体制が悪化につながる場合もあります。

管理体制はマンションの資産価値にも直結するものですから、マンション選びの際は、きちんと管理組合が機能しているか、マンションの修繕がきちんと行われているかなど、十分に管理状況の確認を行いましょう。

3-3. 資産性を重視して選ぶ

ライフスタイルの変化による売却と言った可能性も想定し、より資産性を重視して物件選びをすることが重要です。

売却だけではなく、住宅ローン完済後には賃貸運用することも可能ですから、そうした可能性を想定し、駅からの距離、主要駅へのアクセスの良さ、周辺の商業施設等も十分に考慮して探すことをお勧めします。事前に周辺の賃料相場も確認しておくと良いでしょう。

※ 参考記事: 「マンションの資産価値とは?資産価値を左右する要素と選ぶ際のポイント

スポンサーリンク

4. コンパクトマンションで快適に暮らすコツ

コンパクトな広さでも、配置や家具の選び方、配色などで空間を広く見せるコツがあります。

家具の配置では、手前から奥に向かって高さが低くなるように配置するのがおすすめです。また、床や壁をなるべく見せるようにして配置すると圧迫感がなく、部屋が広く感じられます。壁にスタンドミラーを配置すると、より空間に広がりが感じられるでしょう。

家具もなるべくコンパクトなものを選ぶことや、小物の収納も壁に棚を取り付けるなどすると床に家具を置かずに済むので部屋が狭くなりません。

また、全体の部屋を白やベージュなどの明るい色のトーンで統一することや、一部寒色系やダーク系の色をアクセントに加えてメリハリをつけるのも効果的です。床を濃い目の色にして、天井に向かって明るい色にするのも空間を広く見せるポイントです。

※ 部屋を広く見せるコツについては、「部屋を広く見せるには?インテリアコーディネートのコツをご紹介!」で詳しく解説しています。

5. コンパクトマンションを購入するならFLIE(フリエ)

FLIE(フリエ)は「買主と売主が直接やりとりできる不動産情報サイト」を運営しています。
2,100件以上の売主物件を掲載しているため、気になる物件もきっと見つかるはずです。

また、フリエでは専門スタッフが購入までのサポートを行う「FLIEエージェント」というサービスも提供しています。
サイト運営会社という第三者の立場により、不動産のプロならではの確認ポイントや注意点等、
何事も包み隠さずお伝えし、お客様のマンション購入をサポートいたします。

コンパクトマンション購入に関する疑問をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

6. まとめ

今回はコンパクトマンションについて詳しく解説してきました。

これから不動産マーケットでの需要も高まっていく可能性のあるコンパクトマンション。ぜひ、今回の記事を物件購入時の参考にしてください。