中古マンション

マンション購入と賃貸、どちらが正解?ライフプランに合わせて選択を

新婚夫婦の悩み。それは「マンションを購入するか・賃貸に住み続けるのか」ということ。

マンションを購入するか・賃貸するかは、いろんな場面で議論されることが多く、「結局何が正解なの!?」と思ってしまいますよね。結婚した後に、誰もが通るテーマと言えるでしょう。

そこで今回は、マンションを購入・賃貸する場合のメリットやデメリット、どのような場合にマンション購入を視野に入れた方が良いかなどについて解説します!

1. マンション購入のメリット

1-1. 資産になる

これはマンションを購入した場合の1番のメリットですよね。
賃貸の場合、払ったお金が戻ってくることはりませんが、購入したマンションは資産として自分のものになるため、不要になった場合は売ることも貸し出すことも可能です。
老後は収入が減ることが予想されるため、結婚後の早いうちにマンションを購入して定年前にローンを完済しておけば、その後は(固定資産税等を除けば)管理費と修繕積立金のみで住み続けられます。

1-2. 設備が充実している

賃貸マンションよりも購入した分譲マンションの方が、設備が充実している場合が多いとされています。
例えば都心で2LDKに住もうとすると、月15万円以上掛かる場合がほとんど。その金額を払ったとしても、築浅の賃貸マンションに住める可能性も低いですし、設備も最低限という場合もあります。

マンションを購入した場合は、賃貸と同じ金額のローンを毎月払ったとしても、もっと綺麗で設備も充実したマンションに住むことが可能です。
共用部分のラウンジや宅配ボックス数の充実、さらにはゲスト部屋や貸しスペースも完備されたマンションもあります。
賃貸ならタワーマンションでしか実現できないような充実した設備を、購入したマンションなら手に入れられる可能性が高いのです。

1-3. 自由度が高い

建設途中の分譲マンションなら、自分好みに合わせてインテリアカラーや間取りの変更もできる場合があります。
また、購入後は自分のものですから、壁紙の張り替えや、規定内での自由なリフォームが可能です。

2. マンション購入のデメリット

2-1. 気軽に引っ越せない

分譲マンションは気軽に引っ越しができないという点が1番のデメリットですよね。
もし配偶者が急な転勤を言い渡されたときは、単身赴任となってしまう可能性があります。

また、お隣さんとどうしてもうまく行かないときや、住人の騒音が気になるときなども、我慢して住み続けなければなりません。マンション購入は正直なところ、引っ越してみないと分からない運の要素もあります。

2-2. 住宅ローンの負担

ローンには終わりがあるとはいえ、かなり長期に渡っての返済になるため、リスクがゼロというわけではありません。急な病気で働けなくなった場合、ローンの支払いに苦しむ可能性も。

病気でローンが払えなくなってしまった場合の保険や、万が一支払い主が死亡してしまった場合にローンの支払いが免除される保険もありますから、必ず入っておいた方が良いでしょう。

3. 賃貸に住み続けるメリット

3-1. 気軽に選択できる

賃貸の1番のメリットは、やはり「気軽さ」。
家族構成が変わったときや転勤を言い渡されたとき、お隣さんと万が一トラブルになったときなど、持ち家よりも躊躇せずに引っ越せます。
そのときのライフスタイルやイベント、世帯年収に合わせて無理なく柔軟にお部屋を選べるのは、やはり魅力的ですよね!

3-2. リスクが少ない

購入したマンションだと、最悪の場合災害が来て建物が傷んでしまうリスクや、ローン返済に追われるリスクがつきものですが、賃貸の場合はその心配もありません。

長期的に見れば、資産になる購入マンションの方が金額面ではお得かもしれませんが、災害リスクや見えない将来のことを考えると、賃貸マンションの方が「もしも」のときのリスクが小さく安心です。

4. 賃貸に住み続けるデメリット

4-1. 老後が不安

今や年金を貰えるかどうかも非常に怪しい時代。
やはり、老後に備えて持ち家がないというのはとっても不安ですよね。
もし分譲マンションや持ち家を持たずに一生賃貸で生活するならば、老後に備えてかなりの貯えが必要になることは間違いないでしょう。

仮に今と同じ国民年金金額をフルで貰えたとしても、1人あたりの平均は65,000~75,000円ほど。
結婚相手と合わせて15万円とし、どちらか一方の厚生年金も合わせて30万円程度でしょうか。
満額貰えれば、生活できなくはない金額ですが、病気の際の医療費や介護費を考えると、更にお金が掛かることが予想されます。

巷では、老後安心して暮らすためには2000万円以上の貯蓄が必要と言われていますが、賃貸マンションの場合だとあながち間違いではないのかもしれません。

4-2. 自由なリフォームができない

賃貸マンションは借りているものですから、基本的には自由に壁に穴を開けたり、家のいたるところを好きなようにリフォームしたりなどはできません。

日々暮らす中でも、部屋に傷を付けないようにしたり、お子さんが壁に落書きをしないかなど常に気にしたりしながら生活しなければならず、ストレスを感じることもあるでしょう。

「家の中は自由度高くカスタムして、のびのびと好きなように暮らしたい!」という方には、賃貸マンションを借り続けるという選択肢は向いていないと言えます。

5. まとめ

結婚されたばかりのご夫婦は特に、マンションを買うかor借りるかで迷われている方が多いかと思いますが、「自分たちの将来のありたい姿」をイメージして、検討するのも良いかと思います。

例えば、転勤のない企業で安定して長く働き、住む場所も変えずに同じ土地で安住したいという方は購入マンションが良いでしょうし、人生の節目ごとに新しい土地に住み替え、ちょっとした刺激のある生活を送りたいと思われている新婚さんには賃貸が合っているでしょう。
子どもが生まれるまでは賃貸で住み続けて、幼稚園や小学校を選択するタイミングで再検討するというのも、良い選択ですね。

いずれにせよ、マンションを購入する場合は、35歳を超えてきたあたりから毎月のローンの支払い額が高くなる傾向がありますから、なるべく早く決断した方が金銭面では楽になる可能性が高いです!
マンション購入はとっても大きな買い物!今後の理想のライフプランをしっかりと計画しつつ、後悔のない選択をしてくださいね!

FLIE magazine 編集部

FLIE magazine 編集部

投稿者の記事一覧

お客様の”住みたい”気持ちを形にしたい!
確かな情報で安心、かつ納得した上で不動産取引が出来ることを目指し、不動産・リノベーション・暮らしの情報を発信しています。

関連記事

  1. 中古マンションの仲介手数料とは?支払わなくて良い方法も解説!
  2. 新型コロナで業界に変化の兆し?これから不動産を購入する方に向けて…
  3. 独身女性がマンションを購入!購入時に押さえておくべきポイントは?…
  4. 中古マンションの仲介手数料を解説!実は値下げ交渉も可能?
  5. 中古マンションの買い方は?失敗しないためのポイントを解説
  6. あなたのマンションは大丈夫?簡単にできるマンションの虫対策

ピックアップ記事

あの街に行ったら、ここへ寄れ Vol.13 雑司が谷の定食屋とジャズを楽しむモダンカフェ

「FLIE magazine」では、スタッフの外出を伴う記事制作の場合、本人の体調管理・手洗い及び…

あの街に行ったら、ここへ寄れ Vol.1 ひばりヶ丘のオーガニックランチ

「FLIE magazine」では、スタッフの外出を伴う記事制作の場合、本人の体調管理・手洗い及び…

コロナ禍の今こそ。リビングのインテリアを見直しておうち時間を快適に

新型コロナウィルスの影響で在宅勤務が始まったり、外出自粛で自宅時間が増えたり。家の中の環境が、今ま…

おうちで楽しく!自宅をより快適にするリノベーションのアイデア

新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっている現在、在宅勤務の推奨など自宅で過ごす時間が増えてきま…

中古マンション購入時のポイント!修繕積立金の概要を押さえておこう

中古マンションは、新築に比べると価格は安いものの、建物自体の劣化が進んでいます。そのため、マンショ…

新型コロナで業界に変化の兆し?これから不動産を購入する方に向けて

新型コロナウイルスの影響がニュースで連日のように報道されています。経済が停滞している状況の下、不動…

中古マンションの耐震について、簡単に分かりやすく説明します!

近年では、日本各地で地震が発生していることもあり、これから中古マンションの購入を検討される方の中に…

【Amazonギフト券が当たる】感想ツイートキャンペーンのお知らせ

不動産直販専門サイト「FLIE(フリエ)」を運営している株式会社FLIE(本社:東京都渋谷区)は、…

知っておこう税金の知識!中古マンションに掛かる税金と優遇税制

中古マンションを購入する際、税金は切っても切れない関係にあります。しかし、税金は控除や特例などの規…

週末農業って何から始めたら良い?おすすめの方法や野菜をご紹介

気軽に農業を始められると話題の「週末農業」。週末だけで農業を始められることから、「いつか農業をして…

中古マンションをお得に買うなら

新型コロナ関連

PAGE TOP