アイランドキッチンの後悔ポイントとは?商品の選び方もご紹介!

リノベーション
この記事は約5分で読めます。

キッチンにはさまざまな種類がありますが、その中でもアイランドキッチンは空間を広々取れるため、憧れている方も多いのではないでしょうか。しかし、よく考えて設置しないと生活していく中で後悔をしてしまう可能性もあります。購入後に失敗したと後悔しないためにもアイランドキッチンのデメリットを知っておきましょう。

今回はアイランドキッチンの後悔ポイントやおすすめの選び方などをご紹介します。アイランドキッチンの設置を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1. アイランドキッチンの後悔ポイント

アイランドキッチンの自宅に導入する前にデメリットとなる部分を見ていきましょう。アイランドキッチンのデメリットは主に以下の5つです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

1-1. ニオイが広がりやすい

アイランドキッチンは対面キッチンのように壁に面していません。そのため、室内に料理のニオイが残りやすい特徴があります。料理や生ごみなどのニオイはリビングやダイニングなどにも広がる可能性があり、生活に悪影響を及ぼします。また、水や油が跳ねやすく、部屋を汚してしまうデメリットも。ニオイや汚れを室内に広げないためにもパネルや換気扇の設置をおすすめします。

1-2. 掃除が手間

アイランドキッチンの広さは6帖程度が一般的です。スペースを取るため、お手入れする部分も増えます。日々のメンテナンスは通常のキッチンより大変でしょう。予算などが決まっている場合はリビングやダイニングなど他の空間が狭くなるため、設計時はよく考えてアイランドキッチンを取り入れるようにしましょう。

1-3. 生活感が出る

開放的なアイランドキッチンですが、仕切りがないため、生活感が出やすいメリットもあります。リビングから見てもおしゃれな印象にするためにはこまめなお手入れが必要です。調味料や洗剤などの入れ物もおしゃれな容器に変えることをおすすめします。

1-4. 調理中に子どもが入ってくる

アイランドキッチンは壁付されていないため、キッチンの周りをぐるっと一周できます。調理中に子どもが入ってきて危険だという声もよく耳にします。特に小さなお子さんがいる家庭は事前に対策しておきましょう。

1-5. 金額が高い

アイランドキッチンはI型キッチンなどと比べると高額です。オーダーメイドにすると、さらに高くなるため、あらかじめ使える予算は決めておきましょう。キッチンのオプションはさまざまなものがあるため、本当に必要か判断することが大切です。

スポンサーリンク

2. 後悔しないアイランドキッチンの選び方

アイランドキッチンはよく考えて選ばないと、設置後に後悔してしまいます。費用も高額なため、無駄遣いはしたくありませんよね。ここで商品を選ぶ際のポイントを知っておきましょう。

2-1. スムーズな動線を意識する

アイランドキッチンは独立した造りになっているため、キッチンだけでなく、リビングや周囲の空間との動線が大切になってきます。移動しやすい間取りを考えるようにしましょう。間取りを考える際はそれぞれの空間の広さを把握しておくことをおすすめします。

2-2. 収納スペースを確保する

アイランドキッチンの上部には収納がありません。収納を設置できるスペースも限られてくるため、アイテムの数に合わせて収納スペースを確保しましょう。キッチン自体に収納が付けられない場合はパントリーや造作棚を新たにつくることをおすすめします。

2-3. コンセントの位置や数に注意する

キッチン設備で意外と見落としがちなのがコンセントです。アイランドキッチンは壁から離れているため、キッチン自体にコンセントを設置する必要があります。ライフスタイルに合わせてコンセントの数や設置位置を検討しましょう。キッチンが使いづらいと、日々ストレスも溜まります。せっかくアイランドキッチンを導入するのだから後悔のないようにしていきたいですよね。

2-4. 理想的なキッチンの高さを知る

キッチンは高過ぎても低過ぎても使いづらく、適切な高さを知ることが重要です。キッチンの高さは身長を基準に考えられているため、自身の適切なサイズを把握しましょう。

スポンサーリンク

3. おすすめのアイランドキッチンをご紹介

ここからはアイランドキッチンのおすすめ素材をご紹介します。それぞれの特徴を知り、納得のいく商品を選びましょう。

3-1. ステンレス

汚れが落ちやすくい、熱に強いステンレスは高級感を演出することができます。ピカピカに磨いたステンレスは清潔感があり、洗礼された雰囲気です。バイブレーション加工を施すと、傷も目立ちにくくなります。

3-2. ナチュラルウッド

自然な印象が特徴のナチュラルウッドはカフェのような空間をつくることができます。木製のダイニングテーブルを組み合わせれば、統一感も演出でき、よりおしゃれな空間になります。天然の木は水に弱いため、お手入れ時は注意しましょう。

3-3. モルタル

モルタルはセメントに水と砂を混ぜ合わせたものです。モルタルのキッチンはクールでスタイリッシュな印象を与えます。個性的な空間になるため、インテリアの幅も広がりますよ。

3-4. 人工大理石

アクリルの樹脂やポリエステルを使用した素材が人工大理石です。優れた加工性があり、バリエーションが多い特徴があります。好みのインテリアに合わせてオリジナルのキッチン空間をつくれるでしょう。ただ、変色しやすいため、設置場所は配慮する必要があります。直射日光や強い蛍光灯が当たる場所には設置しないようにしましょう。

3-5. タイル

タイルは耐水性や耐熱性に優れています。スレンレス同様に高級感があり、キッチン空間をグレードアップすることが可能です。ただ、他の素材より価格が高く、重量も重たいデメリットがあります。それぞれのニーズに合わせて商品を検討しましょう。

スポンサーリンク

4. まとめ

いかがだったでしょうか。 今回はお部屋の主役ともなり得るアイランドキッチンをご紹介しました。アイランドキッチンは壁に面していないため、開放感があります。料理好きの方はのびのび調理が楽しめるはずです。しかし、生活感が見えたり、ニオイが広がりやすかったりとデメリットになる部分もあります。

アイランドキッチンを自宅に取り入れる際はメリット・デメリットをよく吟味した上で後悔のないようにしましょう。商品選びで不安な方はハウスメーカーやインテリア専門店などプロに相談してみるのもおすすめです。